授乳中の時期に花粉症対策に使ってもいい薬

広告ロゴ
薬

医療機関の中には内科や外科など様々な科がありますが、小児科や婦人科・産婦人科はあるのに男性のための科が無いのは何故かという事を皆さんは考えたことがあるでしょうか?実は、それほど女性や子供の体というのはデリケートだという事なのです。それが妊娠中や授乳中のお母さんや赤ちゃんともなれば尚更のことです。

このようなデリケートな時期に花粉症の薬は一体何を使えばいいのでしょうか?今回は、授乳中の花粉症の薬について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

授乳中に使える花粉症の薬の特徴とは

では、授乳中に使用しても問題がないとされる花粉症の薬というのは一体どのような物なのでしょうか?まずはじめにその特徴について見ていきましょう。

使ってもいいとされる薬とは

服薬

授乳中のお母さんが使ってもいい薬と言われるにはその理由があります。授乳中に使うのですから、当然赤ちゃんへの影響がないことが前提として考えられます。

では、赤ちゃんに影響が出ない様な薬というのはどういう事でしょうか?

言わずと知れたことですが、赤ちゃんに与える影響が問題ないとされる薬であれば使用することができますが、効果が高く認められている薬の成分には赤ちゃんへの悪影響が疑われるものが多いのが事実です。

赤ちゃんがお母さんの体から栄養を受け取るのは、血液やリンパなどからの栄養供給によるものです。栄養の補給もそうですが、もし薬物や化学物質を摂取してその影響が出るのも血液やリンパからの供給が原因になります。

つまり、お母さんの血液内に薬の成分が入り込んでしまう事で赤ちゃんに薬の影響を及ぼしてしまうという事なのです。

使用してはいけないという薬には血液への移行性や浸透性が高いものが多く、これらの薬については授乳中だけでなく妊娠中や副作用の心配がある疾患などでは処方できないと判断するのが通常です。それに比較して、授乳中のお母さんが使用してもいいと言われている薬はこの血液への移行性が乏しく、仮に移行性が認められているとしても影響を与えるほどの成分量には至っていないものを指しています。

血液への移行性がない薬とは

薬を体に投与する方法には体内で効果を発揮させる方法と患部に直接投与する方法とがありますが、これらの方法によって薬の剤型が違います。体内から働きかける薬は内服薬として知られていますし、湿布薬や塗り薬は体の表面から薬の成分を浸透させることで効果を得ることができます。

これらの剤型はいずれも浸透性が高く、血管内に薬の成分を移行させることでその効果を得るものが殆どです。

これに引き換え、患部のみに作用する剤型として花粉症の薬には点鼻薬や点眼薬があります。血液への移行性がないものや、移行性があったとしてもごく微量であったり成分が患部で分解されることで影響がないとされるものです。

花粉症はアレルギー症状によって引き起こされるものですので、アレルギー症状を発している患部のみに成分の効果が現れれば体内から働きかけなくても十分効果を得ることができるため、このような剤型の薬を使う事で症状を緩和することが可能なのです。

点鼻薬・点眼薬の成分とは

では、点鼻薬や点眼薬に使用されている薬の成分とはどのような物なのでしょうか?具体的な薬を例に挙げてみていきましょう。

硝酸ナファゾリン

この硝酸ナゾファリンという成分には末梢血管の収縮作用を利用して充血状態を軽減する働きがあります。点鼻薬の場合、アレルギー反応を引き起こしている鼻腔内の粘膜の末梢家感を収縮させることで、鼻づまりを軽減させる効果があります。点眼薬の場合にもアレルギー反応で充血している末梢血管を収縮させることでアレルギー反応を抑制させる効果があります。

比較的効果が強く長く表れるため、多用すると眠気やめまいなどの症状が現れるため、用量を待って使用する必要があります。具体的な薬名はプリビナやノバルティスがあります。

クロモグリク酸ナトリウム

アレルギー反応はヒスタミンが大きく作用して引き起こされますが、このヒスタミンの生成を抑制する効果があるのがこのクロモグリク酸ナトリウムです。

内服薬ではアトピー性皮膚炎にも使用されることで知られていますが、点眼薬や点鼻薬でも共にアレルギー反応を抑制する働きがあります。副作用には時に軽い刺激感を覚えます。また呼吸器系のアレルギーで喘息などの薬としても使われることがあります。

プロピオン酸

プロピオン酸は副腎皮質ホルモンによる炎症やアレルギー反応などに対して有効な成分ですが、ステロイド剤としても知られています。アトピー性皮膚炎などではあまりに症状がひどい場合には一時的に使用することで症状を軽減させますが、常用すると強い副作用があることから近年ではその使用は一時的な物に限られるようにもなって来ています。

プロピオン酸を使用した成分には色々なものがありますが、特に点鼻薬や点眼薬で用いられる成分はプロピオン酸ベクロメタゾンやプロピオン酸フルチカゾンがあります。

ただし、使用に関してはその用量や使用頻度などの細かな医師の指導が必要で、市販薬を自分の判断で使う事は特にお勧めできません。

妊婦・授乳婦の薬
妊婦・授乳婦の薬
posted with amazlet at 14.03.30
中外医学社
売り上げランキング: 602,236

まとめ:花粉症の薬を授乳中に使うには医師に相談してから

点眼薬や点鼻薬にはその成分が微量であったり血液への移行性がないものなどがありますので、あまりにも症状がつらい場合には使用を余儀なくされる場合もあります。

ですが、これらの薬を使用することで大切な赤ちゃんやお母さんの体に悪影響があっては元も子もなくなってしまいます。必ず掛かりつけの医師に相談してどのような薬を使えばいいのかを判断してもらうようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。