授乳中に花粉症になってしまった時に気を付けるべきこと

広告ロゴ
赤ちゃん

妊娠中や授乳中のお母さんや赤ちゃんにとって、市販薬にしても処方薬にしても使用を控えるべきものがあります。薬だけではなく口にするものや肌につけるものなどにも同様の事が言えます。

では、この時期に花粉症にかかってしまった場合に花粉症の治療に使われる薬はどうなのでしょうか?また、薬に代わる処理の方法には何があるのでしょうか?今回は、授乳中の花粉症対策について薬やそのほかの方法で何を注意していけばいいのか見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

授乳中時の薬の注意点とは

赤ちゃんへの影響から授乳中に控えるように言われている薬には一体どのような物があるのでしょうか?まずはここから見ていきましょう。

飲み薬

赤ちゃん手

市販薬にしても処方薬にしても、花粉症の薬の成分というのはそう変わるものではありません。飲み薬での花粉症対症薬には抗ヒスタミン剤が多く使われていますが、その抗ヒスタミン剤の中にもまた色々なものがあります。

よく産婦人科や内科で言われることですが、抗ヒスタミン剤の効果は即効性ですがその副作用として現れる眠気のメカニズムに問題があると言われています。

抗ヒスタミン剤にも第1世代と第2世代のものがありますが、特にこの眠気の副作用は第1世代に強く見られます。その問題のメカニズムというのは、成分が細胞組織に溶け込む性質が大変強く、血管や神経に簡単に入り込んで作用するというところにあります。抗ヒスタミン剤は鎮静作用があり、この鎮静作用でアレルギー反応を抑制しますのでその作用が視床下部に働くことでこのような副作用が出るわけです。

第2世代のヒスタミン薬においては鎮静作用による眠気の副作用は弱いものの、その代謝が肝臓で行われることから他の薬との相性を問われたり肝機能への影響を心配される場合があります。

まだまだ成熟とは程遠い赤ちゃんの体にとって肝機能に影響を与えることは大変よろしくありませんから、まずこのような成分の薬はよほどでない限り処方されることはないでしょう。市販薬を使用するにしても、必ず医師の確認をとってから使用するかしないかを判断することが大切です。

点眼・点鼻薬

花粉症の症状として鼻腔内の炎症をピンポイントで治療する場合には点鼻薬を使いますし目の痒みなどには点眼薬を使いますが、これらの薬は内服薬よりも比較的安全性が確認されています。

主に使用されている成分には抗アレルギー剤やステロイド剤がありますが、微量であることと疾患部位に直接効果が現れた後には生理分解されるようになっているため比較的安全だと言われています。

こういった点眼・点鼻薬は産婦人科や内科・耳鼻科でも処方されますから、どうしても症状がつらくて何とかしたい場合には診察を受けたうえでこれらの薬を処方してもらう事も選択肢の一つと言えます。

医薬品以外の対処とは

授乳中や妊娠中のお母さんでも比較的安全性があると言われている薬でも、どうしても抵抗がある場合には別の方法を探さなければなりません。では、医薬品以外の花粉症対策はどのような方法があるのでしょうか?

栄養サプリメント

近年サプリメントとして販売されているものには様々な種類がありますが、その中でも花粉症対策に有効なものがあります。花粉症対策として販売されてはいませんが、体質の改善を進める過程で体内で生成される成分が花粉症に効果があるのです。

人の体に必要な栄養素としてビタミン類は大きな役割を果たしていますが、その中でもビタミンCはアレルギー体質の改善に欠かせないと言われています。また、免疫機能をコントロールする体内物質にはステロイドホルモンがありますが、このステロイドホルモンを生成する役割を持っているのもビタミンCです。

ちなみにステロイドは人工的に生成したものを投与すると副作用などの外的影響を受けることもありますが、体内で生成されるステロイドホルモンというのは解離性が高く必要な部位に作用した後には無害な物質に変わって排泄されると言います。

このようなサプリメントで体内環境を調整することでも花粉症の症状を軽減するための対策は取れるという事が言えます。

善玉菌の摂取

体質改善という意味ではサプリメントと同じような考え方ですが、全く異なる方法として善玉菌の摂取という方法があります。

一般的に耳にする乳酸菌やビフィズス菌というのは腸内環境を整えることが目的ですが、その効果の副産物としてアレルギーを引き起こしにくい体質になるという事があります。

腸内環境が整うとものもの人の体がもっている体内免疫と花粉やダニなどから作られる獲得免疫とのバランスを保てるようになります。現代人はとかく体内免疫が弱く獲得免疫が著しく反応しやすくなっているためにアレルギー体質になっている人が多いと言われています。

この免疫同士のバランスを正常に保つことができるようになることでアレルギー反応を抑制できるようになり、自ずと花粉症の症状が軽くなりやがては花粉症にならずに済むようになる人もいるという事です。

何よりこの方法での最大のメリットは副作用がないという事が言えるでしょう。何でも摂り過ぎは良くないですが、薬のように飲みすぎると重大な疾患になってしまうという事はまずあり得ません。さらに、お母さんの体質が改善できれば当然赤ちゃんにもいい影響があることでしょう。

薬を使う事に抵抗を感じるようであれば、このような方法を試してみることもいいでしょう。

妊娠・授乳女性の薬ハンドブック
Donald R. Coustan Tara K. Mochizuki
メディカルサイエンスインターナショナル
売り上げランキング: 750,393

まとめ:授乳中の花粉症対策は医師に相談を

花粉症の治療には様々な選択肢がありますが、世間では安全と言われている薬でも個人差によっては使用しないほうが良いものもありますし、逆に良くないのではないかと言われているものでも人によっては使用しても構わないケースもあります。

そういった判断はやはり医師に相談してアドバイスをもらうべきです。薬がだめという事であれば、それ以外の方法もいくつか紹介してくれることでしょう。

自分で勝手に決めてしまわずに、大切な赤ちゃんにも影響してくることですからどうか慎重に花粉症対策を進めていただければと思います。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。