花粉症の根本療法「舌下治療」の特徴と問題点

医者

毎年、すぎやひのきなどによる花粉症に悩まされる方は少なくないと思われます。この花粉症に対する治療法として「舌下治療」というものがあることをご存知でしょうか。舌下治療は、花粉症の治療法として非常に特徴的な治療法です。

また、新しい治療法でもあります。この花粉症の舌下治療とはどのようなものなのでしょうか。本稿では花粉症の舌下治療についてその特徴や問題点などについてまとめています。

スポンサーリンク

花粉症を根本から治す舌下治療

医師

すぎやひのきを中心とした花粉症に悩まされる方は非常に多くおられます。花粉症は体内で特殊な化学物質(ヒスタミンといいます)が生成されて、花粉という異物を体外に排出しようとすることで発生します。

花粉症に対する対処というと、病院で処方される薬を服用したり、レンコンや乳製品、甜茶(てんちゃ)などの花粉症に効果があるとされる食材を摂取するなどの方法が一般的と言えます。しかし、これらの薬を服用したり、レンコンを食べるなどの方法では、花粉症を根本から治療することはできません

花粉症の季節に薬を飲んだり、食材を摂るのは、あくまでも花粉症の症状を抑えるための「対症療法」となります。根本的に花粉症が治るための「根治療法」ではありません。そのため、薬を服用したり、食材などによる場合には、(極端な言い方ですが)「一生花粉症は治らない」ということになります。

一方で、花粉症を根本から治すという方法もあります。花粉症を根本から治すための方法は、免疫療法と呼ばれ、この免疫療法の一つが舌下治療です。

免疫療法と舌下治療の実施方法

まず、免疫療法とは、体に花粉に対する耐性をつけることで花粉症を発症させないようにするという花粉症の根治的治療法をいいます。イメージとしてはインフルエンザの予防接種がもっとも近いものとしてイメージしやすいかと思います。

インフルエンザに対しては、無毒化したインフルエンザウィルスを体内に注射することで耐性をつけてインフルエンザにかからないように予防します。免疫療法もインフルエンザの予防接種と同じように花粉のエキスを体内に取り込んで花粉症への耐性をつけるというものです。

舌下治療はこの免疫療法の一つのやり方で、具体的には、花粉症エキスを滴下したパンくずを舌下に置くという方法で治療を行います。舌下にパンくずをおいて行うことから舌下治療といいます。

舌下治療以前の免疫療法

舌下治療は非常に新しい花粉症の免疫療法です。舌下治療が現れる前には、花粉症の免疫療法は、注射で花粉を注入するという形で行われていました。まさにインフルエンザの予防接種といった形です。

これに対して舌下治療は、注射を用いずに、単に舌下に花粉症エキスを含めたパンくずを置くだけという非常に簡易な方法で花粉症の免疫療法を行うことが可能となりました。

舌下治療の良い点と問題点

今述べましたように舌下治療は、非常に簡便な方法で花粉症の治療を行うことができます。しかも、舌下治療が完了した後の効果は花粉症の根治です。つまり、毎年花粉症が完全に治り、毎年薬を飲んだりする必要がなくなります。このように舌下治療は、花粉症を根本から治し、しかも治療法も簡便という点が非常に良い面ということができます。

しかし、舌下治療にも問題点があります。まず、舌下治療は、1回や2回などで効果が出るものではなく、3年から5年程度継続して病院へ通わなくては効果が現れないという非常に根気が必要な治療法となります。そして、その分、通院の手間や舌下治療の治療費が発生するという問題が生じます。

また、もうひとつの問題として舌下治療を行っている病院・クリニックは非常に少ないということが挙げられます。舌下治療を行おうと決意されても、たまたま、身近に施術をしてくれる病院等があれば良いのですが、そうでない場合には、通院だけでも大変遠方に行かなくてはならないということになります。

このように舌下治療は、花粉症を根本から治すという点は大きな魅力と言えますが、デメリットないしは問題点も多いということができます。

舌下治療を受けるかどうかは、花粉症の症状を根本から治したいものと考えられるかどうか(毎年の薬の服用等で差し支えがないものかどうか)、施術可能な病院等が近くにあるかなどの観点から、「一つの決意」として選択が必要ということができるでしょう。

花粉 鼻でブロック 無香料 30日分
フマキラー
売り上げランキング: 532

まとめ:舌下治療についてのまとめ

以上、本文で述べました舌下治療についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • 舌下治療は、花粉症を根本から治すことを目的とした治療法です。花粉エキスで花粉に対する耐性をつけることで花粉症を根本から治すことを目指します   
  • 舌下治療は、通常の花粉症治療が対症療法であるのに対して、根治療法である点や注射を用いた免疫療法に比べて非常に簡単に施術することができる点などが優れているということができます
  • 一方で舌下治療は数年間の継続した治療が必要であることや治療を実施している病院等が少ないことなどが問題点として挙げることができます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment