花粉症による目のかゆみや痛みを緩和させる点眼薬

目薬する男

花粉症に悩まされる人の多くは、目のかゆみに悩まされるため、点眼液が手放せないと思う方もいることでしょう。目は常に使うものですので、その目に痛みやかゆみがあるなら日常生活を快適に過ごすことが難しくなるでしょう。

目のかゆみや痛みが花粉症によって起きている場合には、花粉症そのものを治す必要がありますが、残念ながら花粉症に対する確立された治療方法は現在のところ存在しません。花粉症を根治させる治療方法に近い物はありますが、そのような治療方法にはある程度時間が必要になるため、治療の効果が出るまでは花粉症による目のかゆみや痛みに悩まされることになるでしょう。

そのため治療の効果が出るまで点眼液に頼る必要があるかもしれません。花粉症はいつ発症するのか分らない病気でもあるので、現在花粉症ではない人も効果的な点眼薬について知っておくなら役に立つことでしょう。では花粉症の症状に役立つ点眼液にはどのようなものがあるのでしょうか?

この記事では花粉症に役立つ点眼液を幾つかご紹介してみたいと思います。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

花粉症に役立つ点眼薬

目薬をさす男

では、花粉症に役立つ点眼液にはどのようなものがあるのでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

花粉症に役立つ点眼薬その1:抗アレルギー薬

花粉症に役立つ点眼薬として、抗アレルギー薬があります。抗アレルギー薬は花粉症を引き起こす物質が放出されないようにする働きがあります。予防薬としても効果的な薬なので、花粉症が始まる2週間くらい前から抗アレルギー薬の入った点眼薬を使用するなら、花粉症による目のかゆみや痛みを予防することができるでしょう。抗アレルギー薬の点眼薬にはインターン、リザベン、エリックスなどがあります。

花粉症に役立つ点眼薬その2:抗ヒスタミン薬

抗ヒスタミン薬の点眼液も花粉症による目のかゆみや痛みを緩和させるために役立ちます。抗ヒスタミン薬は花粉症の症状を起こすヒスタミンの作用を抑える働きがあります。抗ヒスタミン薬はヒスタミンによる花粉症の症状が出てから作用する薬ですので、目のかゆい時や痛むときに点眼薬として使用するなら、その症状を抑えることができます。抗ヒスタミン薬の点眼薬として、パタノール、リボスチン、アレジオンなどがあります。

花粉症に役立つ点眼薬その3:ステロイド薬

ステロイド薬も花粉症による目の症状の緩和に使用されることがあります。花粉症による炎症に非常に効果的な薬ですが、長期間使用するなら副作用の危険があります。そのためステロイド薬入りの点眼薬は医療機関から必要な場合にのみ処方されるでしょう。ステロイド薬の入った点眼薬としてフルメトロン、リンデロン、オルガトロンなどがあります。医師の説明をしっかり聞いて正しく用いるようにしましょう。

花粉症に役立つ点眼薬その4:非ステロイド抗炎症薬

非ステロイド抗炎症薬の入った点眼薬も花粉症に治療として用いられることがあります。目のかゆみや充血の緩和に効果のある点眼薬です。短期間使用する分には副作用の心配はありませんが、長期間の使用は角膜障害の原因になることがあります。また喘息のある人は喘息発作の原因となることもありますので慎重に使用することが必要です。非ステロイド抗炎症薬の含まれる点眼薬としてブナロックなどが挙げられます。

花粉症に役立つ点眼薬その5:免疫抑制剤および抗炎症薬

免疫抑制剤の入った点眼薬は特に花粉症の症状が重たい時に使用されます。パピロックミニや、タリムスなどがそれに含まれます。抗炎症薬は目の炎症を沈めるための点眼薬です。抗炎症薬は比較的軽い花粉症に対して使用されます。AZ点眼液、ムコゾーン点眼液などが良く知られた抗炎症薬の入った点眼薬です。

まとめ:自分の症状に合った点眼薬を使用しましょう

この記事では花粉症による目のかゆみや目の痛みに役立つ点眼薬を幾つかご紹介致しました。参考にしていただけたでしょうか?

花粉症に役立つ点眼薬には色々な種類のものがあります。花粉症の予防に役立つものや花粉症の症状が出てから効果を発揮するものなど様々です。長期間使用すると副作用を起こしてしまう危険のある点眼薬もあるので注意する必要があるでしょう。自分の花粉症の症状に合った点眼薬を使用することによって花粉症による目のかゆみや痛みを解消しましょう。是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment