花粉症になりにくい身体を作るための3つの体質改善方法

ミズを飲む女性

花粉症を治すには体質改善が有効だと聞いたことはありませんか。

今話題となっている「舌下免疫療法」はスギ花粉エキスを少しずつ体内に入れることで体質を改善する治療法です。この治療法は7~8割の人に効果があると言われており、大変期待されています。体質を変えることで、症状の緩和だけでなく、花粉症が再発しなくなった人もいるほどです。

そこで、本記事では、花粉症対策として、舌下免疫療法以外の体質改善方法をご紹介していきます。体質改善で花粉症のなりにくい身体にしていきませんか。

(舌下免疫療法の詳細については「平成26年保険適応!花粉症の治療法「舌下免疫療法」とは」をご覧ください。)

スポンサーリンク

体質改善方法

医師

花粉症はスギなどの花粉が身体に直接攻撃をしているわけではなく、免疫機能が花粉などの無害なものに過剰反応しておこることがわかっています。そこで、過剰になった免疫機能を正常な状態に戻すために、体質改善をするのです。

体質改善の方法にはいろいろなものがあります。その中に舌下免疫療法がありますが、これはきちんと医師による量の判断がされているものです。それをまねて素人判断で花粉を口に入れたりするのは、大変危険です。私たちが自分で花粉症対策をするときは、できるだけ花粉を遠ざけて、症状が出ないようにしなくてはいけません。

花粉を遠ざけて症状が出ないようにしつつ、花粉症になりにくい体質へ変えるために、次の3つの方法をご紹介していきたいと思います。

  • 体質改善方法①漢方薬
  • 体質改善方法②食事
  • 体質改善方法③生活習慣

体質改善は一日二日で効果の出るものではありません。時間は要しますが、じっくりと効果が出てくるので、焦らずに続けていくことが大切です。

体質改善方法①漢方薬

花粉症が増えているのは、空気汚染、スギの大量植林、ダニなどのアレルゲンの増加といった環境の変化によってアレルギーになりやすい体質の人が増えているからだと考えられています。

そこで、体質改善のために漢方薬を使うことをオススメします。ただし、漢方薬は一人一人の体質によって合う漢方薬は違います。本来は漢方医に診てもらえばいいのですが、こちらでは参考までに代表的な花粉症治療に使う漢方薬をご紹介しましょう。

  • 小青竜湯(ショウセイリュウトウ):アレルギー治療では代表的なものです。体を温め、鼻炎による症状を改善します。
  • 葛根湯加川芎辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ):頭痛、頭重、肩こりを伴った鼻づまりや慢性鼻炎を改善します。
  • 荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ):血液の流れを改善することで、身体にこもった熱や炎症を抑え、鼻づまり症状を改善します。

体質改善方法②食事

口からとった栄養が身体をつくるもとになるのですから、免疫機能を改善するには食事にも気を使う必要があります。花粉症対策にはバランスの良い食事を腹八分目でいただくことが大切です。その中でも特に花粉症に効くと言われる食材をご紹介します。

乳製品(ヨーグルトなど)
サプリメントにもよく使われている花粉症対策としてポピュラーな食材です。ヨーグルトの中の乳酸菌が腸内環境を改善し、免疫力を高めてくれます。

発酵食品(納豆・味噌・漬物など)
腸内環境を整える乳酸菌が多く含まれています。また、納豆の中にある「ナットウキナーゼ」には整腸作用のほかに、かゆみのもととなる成分を抑える作用があります。

キノコ類
キノコの食物繊維が腸内環境を改善します。また、キノコに含まれるビタミンB1・B2・B6には免疫機能を高める効果があります。

シソ(紫蘇)
シソの葉に含まれるロズマリン酸はポリフェノールの一種で、アレルギー症状を抑えるとともに免疫機能を改善する働きがあります。他にもα-リノレン酸は血液中の悪玉コレステロールを減らしてアレルギー症状を緩和するとされています。

フキ(蕗)
漢方などにも良く使われる食材です。アクが強く、苦手な人がいるようですが、このアクこそが、花粉症に効果のある部分です。フキノール酸と呼ばれ、抗酸化作用に優れ、アレルギー症状をおこしにくくするとされています。
他にもかんきつ類のミカンや魚、海藻などが花粉症の体質改善に効果的だと言われています。油や砂糖などの摂取を控え、これらの食品を意識したバランスの良い食事を心がけましょう。

体質改善方法③生活習慣

体質改善には規則的な生活習慣も大切です。免疫力を高めるには、なるべく規則正しい生活を心がけましょう。就寝時間ももちろんですが、食事の時間などもできるだけ決まった時間にとるようにし、身体の負担を和らげて免疫力の低下を防ぎます。

また、体質改善に必要なのが不足しがちな睡眠です。寝不足やストレスによって心身の負担が増えると、免疫力が低下して花粉症は悪化してしまいます。適切な睡眠時間は個人差がありますが、自分がすっきりしたと感じるような睡眠をとるように心がけましょう。

積極的に免疫力を高めるには、運動が大切です。運動には体力の増強以外にも自然治癒力を高めたりストレスを解消する効果があります。外には花粉が多いので、室内でできるヨガや筋トレなどの軽い運動をして花粉症に負けない身体をつくりましょう。

まとめ:花粉症には体質改善を

ここまでで花粉症対策として、体質改善方法を3つご紹介してきました。花粉症は薬で症状を抑えるだけでなく、花粉症にかかりにくい体質に変えていくことが大切です。そのためには、毎日の生活を見直し、免疫力を高めていかなくてはいけません。

つらい花粉症であなたの実力が出せないのはもったいないことです。毎日の習慣で体質を変えて、花粉症になりにくい身体を手に入れましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment