花粉症を食事で改善させるための3つの対策

森

花粉症になると、鼻が詰まり息苦しくなって食事も楽しめなくなりますよね。花粉症の時期はついつい適当な食事になっていませんか?医食同源という言葉があるように、食事を見直すことで花粉症の改善対策を行うことも可能です。人の身体は食べたものでできています。食事を見直すことで体質から大きく変わることもあるのです。

花粉症の症状を鎮めるために、内側から対処できるような身体づくりを始めましょう。花粉症を食事で改善させる対策として、日頃から気を付けておきたいことや、その効果などをまとめてみました。

スポンサーリンク

花粉症を悪化させる食事と改善させる食事

森

花粉症は食事の内容によって症状が大きく影響します。なにげなく選んだ食事によって、知らないうちに花粉症が悪化している可能性があるのです。花粉症を食事で対策する場合、悪化させる食事内容についても知っておきたいものです。

花粉症は、花粉というアレルゲンに反応しておこるものですが、同時に体内で炎症が起こっているような状態になります。鼻水や目のかゆみといった症状は、花粉に触れた刺激で単純に分泌されるものではなく、鼻や目の粘膜に炎症が起こっているからでもあるのです。

花粉症だけでなく、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などに共通する、炎症を悪化させてしまう食事の多くはインスタント食品やスナック菓子などがあります。

炎症を悪化させるのは揚げ物などの「酸化した(参加しやすい)食べ物」、お菓子などの「砂糖類」などがあります。他にも、アルコールや喫煙などの習慣も悪化の原因となります。

これから紹介する花粉症を改善させる食事対策をはじめるまえに、まずは、悪化を起こしやすい食事を控えることから始めましょう。

花粉症の人のための3つの食事対策

花粉症は薬で症状は止まりますが、薬を止めてしまうとすぐに戻ってしまいます。これは根本的な改善につながらないからです。体内から生まれ変わるように食事を意識してみましょう。花粉症の炎症を悪化させないことに注意しながら、プラスの意識で食事対策を行うことがお勧めです。花粉症の症状は、悪化をさせないことと同時に、内側から強くすることで改善に向かうのです。改善するための強い意識をもって、食事対策を行ってみましょう。

花粉症改善の食事対策 その1:質の良い油を摂る

花粉症も含め、アレルギーによる炎症反応を起こすものして、体内の脂質の状態が大きく影響します。体内にある脂肪はグリセリンと呼ばれるものに、3つの脂肪酸が結合した形で存在するのですが、この結合した脂肪酸の種類によってアレルギーを起こしやすい体質になることがわかっています。こうして結合した脂肪酸がホルモン様物質となって作用としてしまうのです。

例えば、リノール酸と呼ばれる脂肪酸は、よくあるサラダ油などに多く含まれますが、これが体内に入るとアラキドン酸に変化し、アレルギーや炎症、血液をドロドロにする作用が強いものです。

EPAやα-リノレン酸と呼ばれる脂肪酸は、魚やエゴマ油などに含まれる油ですが、これらはアレルギーや炎症を抑制し、血液をサラサラにする作用があることがわかっています。

揚げ物の多くは、リノール酸系の脂を使ったものであり、炎症を起こしやすい体質になります。花粉症を改善させるためには、魚に含まれる油(EPAなど)やエゴマ油や亜麻仁油(α-リノレン酸)などを摂るようにしましょう。

花粉症改善の食事対策 その2:腸内環境を整えるものを摂る

花粉症は、花粉を敵とみなした体内の免疫が暴れてしまって症状が出るものです。免疫とは、体外から侵入するものに反応する働きですが、その免疫の6割を担っているのが腸だと言われています。腸内環境を整えることで、免疫が正常に働き、自然のものである花粉に対して強い反応を起こしにくくなります。同時に、免疫力を強化することで、症状が出にくくなるようになるのです。

腸内環境を整えるとは、腸内細菌のバランスを整えることでもあります。善玉菌を増やすために、食物繊維と乳酸菌を摂りましょう。特に水溶性の食物繊維が有効で、根菜類に多く含まれます。ゴボウやニンジンなどを積極的に摂ります。また、乳酸菌といえばヨーグルトですが、実はキムチなどの発酵した漬物類にも多く含まれます。手軽に摂りやすい発酵食品を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

花粉症改善の食事対策 その3:ヒスタミンを抑制するものを摂る

花粉に反応して、炎症や症状を起こしてしまうのがヒスタミンという化学伝達物質です。花粉症の薬の多くが抗ヒスタミン剤で、ヒスタミンを減らし症状を緩和させるものになります。薬では一時的に抑えるものですが、食事の中にもヒスタミンを抑制してくれる食材を使うことができます。

例えば、ショウガはヒスタミンを抑制し、TNF-αと呼ばれる炎症性物質を減らす働きがあることがわかっています。また、甜茶などのお茶類も有効だそうです。

食事の中で、ショウガや甜茶などを取り入れることで、内側から症状を和らげてあげましょう。

花粉 鼻でブロック 無香料 30日分
フマキラー
売り上げランキング: 412

まとめ

花粉症の症状は、食事の中に対策を取り入れることで、緩和しやすくなります。まず悪化させるような油ものや砂糖類、アルコールなどを控え、質の良い油や腸内環境を整える食材を選びましょう。同時に、炎症を和らげるためにショウガや甜茶などを習慣にすると効果的です。日常で取り入れやすい食材を選ぶことで、花粉症対策を行うことをお勧めします。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment