意外と知らない!風邪と似た花粉症の初期症状と対処方法

森

花粉症というと「鼻水が出る」「目がかゆい」そのようなものだと思っていませんか。

周りに花粉症だという人が増えてきても、花粉症になったことがないとどのような症状が出るのかわかりません。実は花粉症の初期症状は風邪とよく似ていて、発見が遅れることがしばしばあります。

そこで、本記事では花粉症の初期症状チェックと花粉症についてご紹介していきます。これからの季節は花粉症が多くなります。花粉症を知り、適切な対処をしていきましょう。

スポンサーリンク

花粉症の初期症状

花粉症の初期症状は、風邪とよく似ています。そこでこちらで簡単な花粉症チェックをしてみましょう。

花粉症チェック

  • くしゃみがよく出る
  • 透明な鼻水が出る
  • 鼻がよくつまり、息がしづらい
  • 目がかゆい
  • 頭痛がする
  • 体がだるい
  • ぼんやりする
  • 肌が荒れる
  • お腹の調子が悪い

これらは花粉症の症状といわれるものです。1~4は代表的な花粉症の初期症状、5~9は大きくは取り上げられませんが、人によってこのような初期症状が出ることもあります。5~9は風邪の症状とよく似ていますが、1~4にも当てはまる場合、花粉症の可能性がグンと高まります。

風邪との大きな違いは、「鼻水」の色です。

風邪も花粉症も初期症状は同じサラサラの水のような鼻水ですが、風邪の場合は次第に黄色や緑色のネバネバのものになります。これは細菌やウイルスと戦い、死滅した白血球の色。ウイルスや細菌が侵入した風邪と違い、花粉症は体の過剰反応による鼻水なので、ずっと透明なサラサラの鼻水のままです。

また、風邪の場合は花粉症のようにくしゃみが何回も続く、息ができないほどの鼻づまりがおこる、目にかゆみを感じるなどの症状はおこりにくいと言われています。

花粉症はチェック項目がすべて当てはまる訳ではありませんが、項目が多いようなら一度病院へ行き診察を受けましょう。

花粉症のなりやすさ

温泉

花粉症はアレルギー反応です。そこで、まずは花粉症の7割はこれが原因だといわれている「スギ」の花粉の飛散時期に注目しましょう。この時期がもっとも花粉症になりやすい季節で、ニュースでもいつも取り上げられていますね。

しかし、アレルゲンとなる樹木や草木の花粉は日本では60種類ほどあると言われており、スギの時期を過ぎれば花粉症にならないわけではありません。そこで、花粉症の原因植物のうち、代表的なものを下記に記しました。こちらを参考にして花粉症対策をしていきましょう。
2月~5月:スギ
2月~4月:ハンノキ・シラカバ
3月~5月:ヒノキ
6月~8月:イネ科
8月~10月:ブタクサ
季節の他にも、花粉症は地域ごとに特色がみられます。もっとも花粉症の患者が多いのは長野や山梨の山間部だというデータがあります。スギが多く植えられた地区では特に注意が必要でしょう。反対に北海道や沖縄はスギが少なく、スギ花粉の時期には花粉症対策としてこのような地域に旅行する人もいるようです。

初期症状のうちに対策を

花粉症は、初期症状のうちに抑えることが鉄則です。症状の出る前や初期症状が出たころに対処することで、症状が軽くなることがわかっています。耐えられないくらいまで我慢するよりも、早く対処したほうがつらい思いをしなくて済みます。花粉症の療法も様々なものがあるので、一度医師に相談してみましょう。

初期症状のうちに病院へ行くのはもちろんですが、生活環境に花粉を入れないことも重要です。

  • 花粉を落としてから家に入る
  • 洗濯物は外に干さない
  • 夜にお風呂に入る
  • 寝具は清潔にする
  • 部屋の掃除はこまめにする
  • 窓は開けっ放しにせずに極力空気清浄機を使う

様々な対処で花粉を室内に入れないようにしてみましょう。アレルゲンがないだけでずいぶん楽になるはずです。初期症状だけではなく、花粉症の基本は「アレルゲンとなる花粉から身を離すこと」と覚えておいてください。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 152

まとめ:花粉症対策は初期症状のうちに

ここまでで花粉症の初期症状と花粉症対策についてご紹介してきました。花粉症は初期症状のうちに対処することで酷い症状にならずにすむことがわかりました。

今は花粉以外にもハウスダストや黄砂などたくさんのアレルゲンが増えてきています。アレルギーは一度なるとなかなか完治が難しい病気です。そのため、初期症状のうちに素早く対処し、悪化を食い止めることが重要となってきます。

花粉症がどのようなものかわからなくて心配な方もいると思います。そのような方は、ぜひ記事を参考にして、これからの時期、花粉症の初期症状を意識した生活をしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment