レンコンが花粉症に良い!タンニンとムチン2つの栄養素

れんこん

花粉症のシーズンがやってまいりました、2014年は関東と東北では例年の飛散量をやや下回るものの、九州地方と北海道では例年よりも多い花粉の飛散予測が出ています。

皆さん花粉症対策を万全にして花粉症のピークを乗り切りましょう。

色々な花粉症対策が話題となっていますが、レンコンによる花粉症対策もその一つです。

日本人の食生活にはお馴染みのレンコン、何故花粉症に良いと言われているのでしょうか?

スポンサーリンク

レンコンには花粉症に効果のあるポリフェノールが豊富

レンコン

赤ワインに多く含まれるという事で有名になったポリフェノール、このポリフェノールは植物の苦みや渋みの成分でかなり多くの食品に含まれています。その数は2000とも4000とも言われており、重要な栄養素だけに研究も盛んです。

レンコンに含まれるタンニンもポリフェノールの一種で抗酸化作用や抗炎症作用があり、花粉症などのアレルギーの症状改善に効果があるとされています。

レンコンに含まれるムチン

レンコンを切った時に糸を引く成分はムチンと呼ばれ、ねばねばした納豆やオクラ、モロヘイヤなど多くの食品に含まれています。このムチンには目や鼻などの粘膜を修復し強化する効果があります。ムチンは私達の胃液や唾液にも含まれ、粘膜を保護している成分なのです。

ムチンは熱に弱い成分なので、短時間の調理でレンコンを食べるようにするとより多く摂取できると言われています。

レンコンには緑茶などに含まれる抗菌性のポリフェノールであるカテキンも多く含まれています。

レンコンには食物繊維が豊富

シャキシャキとした歯ごたえが美味しいレンコンですが、食物繊維が豊富なのも特徴です。
花粉症などのアレルギー体質を改善していくためには腸内の環境を常に整えてあげる事が重要となります。栄養をとりこむ腸は体外から侵入してくる病原菌と闘う場所でもあるため免疫細胞の60パーセントが集中している場所です。その免疫の要となる腸内の環境が悪いという事はそのまま私たちの免疫機能の低下に繋がります。

レンコンの食物繊維で腸内の環境を整え免疫力を高め、花粉症などのアレルギーに強い体を作りましょう。

まだあるレンコンの健康効果

花粉症改善に効果のあるレンコン、その健康効果はまだまだあります。

レモンに匹敵するほどにビタミンCを多く含むレンコン、ビタミンCは肌の調子を整え、ハリやツヤを保つのに欠かせない栄養素です。ビタミンCは熱に弱い成分ですが、レンコンに含まれるビタミンCは熱に強く、加熱調理を行っても壊れにくいと言われています。

またカリウムを多く含むレンコンは体内の不要物の排出を促してくれます。不要な塩分など排出を助け、血圧の上昇を抑える働きがあります。

レンコンには骨の形成に欠かせないカルシウムも多く含まれています。

レンコンの絞り汁で花粉症の症状緩和

レンコンの皮をむいてすりおろした物をガーゼなどでしぼり、その絞り汁を綿棒につけて鼻の内側に塗布しましょう。花粉症による鼻炎の症状緩和になります。

レンコンエキスで花粉症の症状緩和

レンコンをそのまま食べるのはもちろん、レンコンエキスにする事でより栄養素の吸収が良くなり、花粉症に効果があると言われています。オリゴ糖と一緒に摂る事で吸収がさらに良くなると言います。

作り方はいたって簡単。皮をむいて輪切りにしたレンコンを沸騰したお湯で5~8分ほど煮ましょう。煮汁にオリゴ糖を混ぜて出来上がりです。

密閉容器に移し替え冷蔵庫で保管し、毎晩飲む事で花粉症の症状を和らげます。

新鮮なレンコンの見分け方

花粉症予防に習慣的に食べたいレンコン、良いレンコンの見分け方があります。

新鮮なレンコンは丸みを帯びていてクリーム色からこげ茶色、表面にはツヤがあります。切った時は断面がみずみずしく、白い汁が出てきます。

白いレンコンは漂泊されている可能性があるので避けましょう。また切った時に穴の内側が黒い物や泥が入りこんでいる物は新鮮ではありません。

乳酸菌と一緒に摂取

レンコンの成分は整腸作用のある乳酸菌と合わせて摂取する事でより花粉症への効果が高まると言われています。

乳酸菌はヨーグルトが一般的ですが、納豆やキムチなどの発酵食品にも植物性の乳酸菌が多く含まれます。一緒に食べて花粉症に対する効果を高めましょう。

また、レンコンを人参と一緒に食べる事で肌の保護に必要なビタミン類が揃うと言われています。こちらも合わせて一緒に食べたいですね。

レンコンが花粉症に良いのまとめ

  • レンコンにはタンニンとムチン、2つの粘膜保護、抗酸化、抗アレルギー、物質が豊富に含まれる。
  • レンコンにはビタミンやミネラルも豊富に含まれる。
  • レンコンのしぼり汁で花粉症による鼻炎を緩和できる。
  • 乳酸菌と一緒に摂る事で花粉症に対する効果がより高くなる。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment