新しいタイプの花粉症治療薬「オノン」のメリットとデメリット

森

花粉症治療薬にはさまざまなものがありますが、比較的近時に発表された花粉症治療薬としてオノンという名前の薬があります。オノンという新しい花粉症治療薬にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。本稿では花粉症治療薬・オノンの特徴についてまとめています。

スポンサーリンク

従来の花粉症治療薬の中心は抗ヒスタミン薬

医師

花粉症で薬を利用されている方は非常に多くおられます。花粉症の治療薬と言えば、従来は抗ヒスタミン薬が中心でした。抗ヒスタミン薬は花粉症の諸症状(鼻づまり・くしゃみ・鼻水など)の原因となるヒスタミンをブロックすることで花粉症を抑えることを主眼においた治療薬です。抗ヒスタミン薬は伝統的に花粉症治療に用いられてきた実績があるというだけではなく、最近では眠気を中心にした副作用を少なくしたタイプも存在しています。

眠気などの副作用が少なくなった新しいタイプの抗ヒスタミン薬を「第2世代抗ヒスタミン薬」と呼びます。抗ヒスタミン薬は今でも花粉症治療の中心となっている薬剤ということができます。

新しいタイプの花粉症治療薬「オノン」

しかし、花粉症の治療薬としては従来から利用されてきた抗ヒスタミン薬だけではなく、新しい花粉症治療薬がどんどん開発・発表されています。比較的新しく花粉症の治療薬として有名になってきているものとして小野薬品工業株式会社が発表したオノンという薬剤があります。

オノンはカプセルタイプの内服薬でもともとは喘息などに効能がある薬として発表・発売されていました。しかし、オノンはアレルギー性の鼻炎にも効能があることから、花粉症の治療薬としても利用されるようになりました。

オノンがもともと、喘息の治療薬として発売されていたにも関わらず、近時になって花粉症の治療薬としても利用され出したことには理由があります。当初、オノンを医薬品として発売するにあたって、オノンを「アレルギー性鼻炎」に対する効能ありとして発売するためには手続きの関係から困難であったという事情があります。

そこで、当初は喘息としての効能だけを前面に押し出して発売しました。当初からオノンはアレルギー性鼻炎、つまり、花粉症に効能があること自体はある程度わかってはいたものの、法律上・手続き上の問題から喘息薬としてだけ発売されていたということです。その後、手続き等が整い花粉症の治療薬として用いられることになりました。

オノンは抗ヒスタミン薬とあわせて飲んでも飲み合わせの上で一般的には不都合はない薬です。また、効能も高いという感想を持たれる方も多いようです。抗ヒスタミン薬を花粉症治療薬の中心として利用されて来た方にとっては、急にオノンを利用されることや、オノンを抗ヒスタミン薬と一緒に服用されることに抵抗感がある方もおられるかもしれません。

しかし、オノンは効能・飲み合わせともに問題はないので、安心して利用して良い薬ということができるでしょう。

オノンの副作用とデメリット

オノンは効能が高く、抗ヒスタミン薬との飲み合わせも悪くないと言うメリットがある反面、薬としてのデメリットがあります。つまり、副作用です。オノンも薬である以上、どうしても副作用というデメリットの可能性は避けることができません。

オノンがもつ副作用としては以下のような点を挙げることができます。

まず、オノンは、副作用として吐き気や下痢、腹痛・胃部不快感などの腹部の不調、頭痛、めまいなど頭部や意識の不調、発疹やかゆみ、じん麻疹などの皮膚の不調、さらに、女性の方を中心に乳房腫脹、乳房痛などの胸部の不調などが生じることがあると報告されています。特にオノンの利用により頭痛を訴える方は多い傾向にあると言われています。

また、オノンは人によっては即効性がなく、あまり花粉症の治療に効果がないという感想を持たれる方もいます。

このようにオノンには頭痛を中心とした副作用、また効能の点で人によってはやや難点があるというデメリットがあると言えます。

オノンであれ、抗ヒスタミン薬であれ、薬である以上は副作用ないしは一定のデメリットは避けることができません。オノンを利用されるにあたっては医師や薬剤師との相談とご自身の利用の感想を突き合わせて、自分自身に合う薬かどうかをしっかりと判断されることが大切と言えるでしょう。

まとめ:花粉症治療薬「オノン」の特徴のまとめ

以上、本文で述べました花粉症治療薬としてのオノンの特徴をまとめますと以下のようになります。

  • オノンは小野薬品工業株式会社から発売されている薬です。もともとは喘息の治療訳として発売されていましたが、花粉症の治療に効果があるとして花粉症の治療薬としても用いられている比較的新しい薬です。
  • オノンは、抗ヒスタミン薬と合わせて飲むことが可能であるなど従来の花粉症治療薬との利用上の整合性もある点がメリットとしてあげることができます   
  • 一方でオノンは、頭痛などの副作用が生じることがあること、人によっては効果が出にくかったり、即効性がないなどのデメリットが生じることがあります。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment