マスク嫌いの方にオススメ!花粉症対策に塗るマスク

考える女性

 
花粉症って鼻がツラい病気です。くしゃみと鼻水が止まらない。鼻をもぎたいくらいですよね。数か月間、マスクが手放せないですが息苦しいし、見た目もなんだか。そこで、今人気なのが塗るマスクです。職業柄マスクを付けられない人やメイク落ちを嫌う女性から支持を獲得しています。一体どんなものなのか、気になりませんか。

こちらでは、花粉症対策としてオススメの塗るマスクをご紹介します。

スポンサーリンク


塗るマスクを知りたい

花粉症とマスク

体育座りの女性

花粉症対策としてマスクは今や欠かせないものです。息苦しさ解消の工夫として立体裁断されているものから、99.9パーセントちりも埃も花粉もシャットアウトしてくれるようなマスクなど、いろいろと販売されています。しかし職業柄マスクをつけられない人もいます。

その点塗るマスクなら、一日に数回鼻の中に塗っておくだけでマスクをつけているのと同じ効果を期待できますから、これならマスクが付けられない人の花粉症対策にもなりますよね。化粧落ちを嫌う女性、ランニングブームで急増したランナーなどから支持を得ています。

塗るマスクの仕組み

塗るマスクというのはマスクではなくて鼻の中もしくは外側に塗るタイプのマスクで、いってみれば塗る薬です。使い方は簡単、米粒くらいのジェルを鼻の周りに塗るだけです。それだけで、マスクをしているのと同じように鼻の中に花粉が入るのをガードしてくれます。

アレルゲンの吸入、吸収を減らす
鼻は鼻腔の入り口から奥に向って曲がっており、吸入した空気は鼻の内壁にぶつかりながら、肺まで送られます。鼻の内壁に吸気がぶつかる際に、異物(花粉等のゴミ)の一部は鼻毛やその周辺に吸着されます。粘膜まで到達したアレルゲンは体内に吸収され、アレルギーが発症します。

鼻の入り口でより多くのアレルゲン吸着できれば、アレルゲンは体内への吸入および吸収を減らすことができ、結果として発症を抑制することができます。鼻の入り口に塗ることで、花粉等の吸入性アレルゲンが吸着されやすくなり、鼻の奥の粘膜へ到達しにくくなります。

花粉の破裂を防止
鼻粘膜に付着した花粉は鼻水等の水分によって破裂します。また、鼻水には多くの酵素が含まれており、これらの酵素の作用によってさらに分解することで体内へ吸収されやすくなります。花粉症の原因となるアレルゲンは花粉の表面にも存在しますが、花粉内部にもあります。花粉が破裂したり分解したりすることで体内への吸収されやすくなります。塗るマスクは花粉をクリームが覆うことで水分から遮断し、破裂したり分解したりすることを防止します。

眠くならない!
塗るマスクは医薬品ではありません。使用されている成分は精製された長鎖炭化水素であり、人体には作用しないことが確認されています。香料や防腐剤等は含まれていません。副作用もなく他の医薬品(内服薬)との併用も可能です。運転中や仕事中、勉強中にも最適です。医薬品ではないので妊娠中や子供も安心して使用できます。

塗るマスクを使ってみよう

オススメの塗るマスク

花粉鼻でブロック 5g
花粉鼻でブロック 5g
posted with amazlet at 14.02.20
フマキラー (2004-03-01)
売り上げランキング: 93,682

日本で最初に商品化された塗るマスク。鼻の中に塗るので、手で触って薬剤が取れることは有りません。医薬品ではありません。香料・着色料・保存料は一切使用していません。1回の使用で、約4時間の持続効果。無香料とミントの香りと2タイプ。

花粉ガードEX スーパークール 6g
アース製薬
売り上げランキング: 22,971

鼻に塗るタイプの花粉防御クリーム。約40日分。手を汚さずに塗れる綿棒付きなのがうれしい。ペパーミントオイル配合でスーッとする使用感。無香料タイプもあるが爽快感によりこちらが人気。

クリスタルヴェール 3g
クリスタルヴェール 3g
posted with amazlet at 14.02.20
エーザイ (2009-11-09)
売り上げランキング: 3,478

水溶性陽電荷帯電ポリマーを主成分として上記の2つと違った角度からアプローチ。鼻の外に塗ると、プラスのイオン負荷による静電界ができます。静電界が透明の膜となって、帯電している空中の微粒子(花粉やハウスダストなど)の鼻腔内への進入を防ぎます。(米国特許取得、日本特許出願中)。チューブで約150回使用可能。メントールを配合のクールタイプもおススメ。

手作りしてみよう

1本1,000円くらいするこれらの商品。ちょっと手が出ないなという方にオススメ。手作りしてみましょう。「花粉 鼻でブロック」の成分表示を見ると「精製長鎖炭化水素」とだけあります。ということはワセリンと同じ成分です。白色ワセリンで代用してみましょう。

準備するもの

  • 白色ワセリン
  • 携帯用ミニケース

白色ワセリンは皮膚を保護する薬で手足のひび・あかぎれなどに使用するもので、薬局で50g300円ほどで手に入ります。「花粉 鼻でブロック」と比べると固さが気になるかもしれませんが、塗ってからしばらく経つと体温でクリームが柔らかくなってきます。これを携帯ケースに入れて持ち歩けば同じ効果が期待できます。

まとめ:花粉症対策に塗るマスク

塗るマスクは花粉症対策として、通常のマスクを使用できない方に人気です。鼻の内側、もしくは外側に塗布しその薬剤で吸着することにより、花粉・ハウスダストなどの鼻腔内への侵入を防ぐという仕組み。メリットをおさらいしておきましょう。

塗るマスクのメリット

  • アレルゲンの体内への吸入および吸収を減らせる
  • 花粉の破裂を防止
  • 眠くならない
  • 子供や妊婦さんにも使える

マスクの息苦しさから解放されて花粉症のツラさも軽くなります。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment