妊婦の方が花粉症になった時に乗りきる為の3つのポイント

広告ロゴ
靴下

 
もともと花粉症を患っている人は、花粉症の季節になるとまずは薬を服用する、という方が多いのではないでしょうか。でも、もし妊婦である場合、いつも通りの対処法というわけにはいきませんよね。

妊婦の時は、ホルモンバランスの関係で花粉症の症状が悪化しやすく、注意が必要です。その一方で、もともとひどい花粉症だったのに、妊婦の間だけその症状が軽くなったという人もいます。また、妊婦になって体内環境が大きく変化し、突然花粉症を発症したという人もいます。

本記事では、妊婦で花粉症になったらどうすれば良いのか、乗りきる為に押さえておきたい3つのポイントをご案内します。妊娠したいけど花粉症の時期と重なるのが怖いなという方、妊婦で花粉症になってしまったけどどんな対処をしたら良いかわからないという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

花粉症の症状と妊婦

妊婦

花粉症とは、花粉が体内に入り込んで引き起こされるアレルギー症状です。主な症状として、くしゃみ・鼻水・鼻づまり、目の充血や涙目、時には喉がイガイガしたり咳が出ることもあります。こういった症状は妊婦でも同じですが、妊婦の間はいつもより症状が重くなったり、反対にいつもより軽くなったりという変化もあります。

妊婦は週数によって体調が変化します。初期のころはただでさえつわりで気持ち悪いのに、花粉症で鼻づまりになって口呼吸しかできないのは本当に辛い状況でしょう。また、妊娠後期はお腹もかなり大きくなっている状態なのに、くしゃみが止まらずお腹に負荷がかかり、お腹が張ったり痛くなってしまったりすることもあります。(ただし、お腹の赤ちゃんへの影響はなく、早産や流産に直接つながる事はありません)

花粉症はただでさえ辛いのに、妊娠と重なってしまったらさらに辛いものになってしまいます。少しでも症状を軽くするためには、妊婦とはいえ薬に頼ることもあるでしょう。

妊婦は飲めない?花粉症の薬とは

花粉症が本当にひどい時は薬に頼るしかありません。むしろ、薬を飲まずに辛い症状をひたすら我慢し続ける方が体によくありません。しかし、妊娠中は胎児への影響を心配して、薬を飲むことに敏感になる方が多いのではないでしょうか。

もし、花粉症の発症時期に妊婦になってしまったら、市販薬を飲むのはすぐに止めましょう。点鼻薬や目薬も市販のものは避けた方がいいでしょう。市販薬にはさまざまなものがあり、特に血管収縮薬が含まれているものは症状を悪化させる可能性があるようです。市販薬は特に妊娠4~7週はNGで、妊娠16週までは避けるようにしてください。そもそも市販薬は胎児への影響も懸念されますので、薬は医師に処方されたものだけを飲むよう心がけてください。

妊婦は通常の体ではありません。ホルモンバランスも異なり、体内環境も違います。母体にとって「異物」となる胎児がお腹の中にいます。では、妊婦で花粉症になってしまったら、どういう対処をしたらいいのでしょうか。次に、それを乗り切るための3つのポイントをご案内します。

妊婦で花粉症になってしまったら!乗り切るための3つのポイント

もし、妊婦で花粉症になってしまったらどうすべきか。妊婦で花粉症を乗り切るための3つのポイントは下記の通りです。

  • 自己判断せず素早く医師に相談する
  • 薬だけに頼らず症状を緩和させる方法を実践する
  • 常に花粉を避ける環境作りを心がける

自己判断せず、素早く医師に相談する

とにかく、妊娠中は通常の体ではありません。いつもだったら効く薬が逆効果となる場合も考えられます。医師に相談すれば、妊娠中でも使用可能な薬や漢方薬を処方してくれます。点鼻薬や目薬、漢方薬は比較的胎児への影響が少ないという認識を持っている方がいるかもしれませんが、それらも薬であることに変わりはありません。副作用が出ることもあります。大切な赤ちゃんの為にも、勝手な自己判断はせずに、自分に合う薬を処方してもらえるよう、素早く医師に相談してください。

薬だけに頼らず、症状を緩和させる方法を実践する

花粉症対策の食べ物として最近注目されているのが、乳酸菌です。乳酸菌を継続的に摂取することで、花粉症のアレルギー症状を緩和することができると言われています。しかし、乳酸菌には様々な種類があり、人によって合う合わないがあるので、いろいろと試してみることをお勧めします。乳酸菌はとにかく菌数が多いものが良く、できるだけ数多くの乳酸菌を摂ることが花粉症には大切だと言われています。現在特に注目されているのが「フェカリス菌」です。また、乳酸菌は「レンコン」と一緒に摂るとさらに効果的だと言う実験結果も報告されています。

他に、自力でできる鼻水・鼻づまりの対処法として、鼻うがいがあります。これはアレルギー性鼻炎などにも効果があります。水と食塩さえあれば家庭で簡単にでき、人間の体液の浸透圧と同じ0.9%の食塩水でやれば痛くもありません。ただし、やり方を誤ると中耳炎になることもありますので、少し注意が必要です。

常に花粉を避ける環境づくりを心がける

花粉症の妊婦にとって、花粉症対策の第一は花粉を避けることです。花粉の時期は下記の事に注意して、できるだけ花粉を避けるようにしてください。

  • こまめな掃除を心がける
  • 洗濯物は部屋干しする
  • 外出をなるべく控える
  • 雨が降った翌日は花粉が多く舞うため対策をしっかりと!

室内の掃除の際は、排気が出て花粉やほこりが舞いやすい掃除機より、濡れぞうきんや紙モップがお勧めです。効率的に床の上についた花粉を取り除くことができます。

洗濯物はできるだけ部屋干しにして花粉をつけないことが大切です。特に、「晴天で湿度が低い日」「最高気温が高い日」「雨が降った翌日」は花粉が多く飛ぶと言われているため、特に避ける方が良いでしょう。

どうしても外出しなければいけない場合は、「綿」や「ポリエステル」の素材の服を選びましょう。「ウール」は花粉がつきやすいので避けた方が良いでしょう。

雨が降った翌日に晴れると、地面に落ちた花粉が乾いて空気中に舞いあがります。そのような日は、マスクや帽子、メガネやスカーフなどを着用してしっかりとガードしてください。

まとめ:妊婦で花粉症になったら、いつもとは違う対処を!

本記事では、妊婦で花粉症になったらどうすべきか、気をつけるべき3つのポイントについて案内してきました。最後にもう一度3つのポイントについて確認してみましょう。

  • 自己判断せず素早く医師に相談する
  • 薬だけに頼らず症状を緩和させる方法を実践する
  • 常に花粉を避ける環境作りを心がける

妊婦で花粉症になるのは大変辛いことです。しかし、妊婦で花粉症になる可能性は低くはありません。もしそうなってしまったら、いつもの対処法に頼るのではなく、まずは医師に相談してください。そして、お腹にいるかわいい赤ちゃんの為にも、薬だけに頼らないセルフケアとしっかりとした花粉対策を心がけてみてくださいね。
     

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。