花粉症で熱が出る!?花粉症と風邪を見分ける3つのポイント

広告ロゴ
考える女性

花粉症の季節になると、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状に悩まされる人が多いですよね。花粉症は一般的に、鼻や目に症状が現れるというイメージが強いのですが、実は熱が出る人や頭痛を訴える人も少なくありません。このような症状は風邪の初期症状とよく似ています。花粉症を経験していれば、季節とともに症状が出てくれば気付くことができますが、経験のない場合は、熱が出た時に花粉症を疑う人は多くありません。

本記事では、症状がよく似ている花粉症と風邪の3つの見分け方をご案内します。そういえば、春など季節の変わり目にいつも熱が出たり頭痛がするなという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

花粉症とは

鼻水

花粉症とは、花粉が体内に入り込んで引き起こされるアレルギー症状の一種です。花粉が体内に入り込むと、身体は花粉を異物と判断し体外に排出しようとします。そのため、くしゃみ・鼻水や涙で外に出そうとしたり、鼻づまりで花粉を中に入れないようにするなどの症状が出てくるのです。

花粉症を訴える人は年々増えており、現在では国民の4人に1人が花粉症だと言われています。その多くが、冬の終わり頃から春にかけて飛散するスギが原因と言われていますが、その他にもヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギなど約50種の植物が花粉症を引き起こすとされています。

スギ花粉症患者が増えた原因の一つに、スギ花粉の増加があります。スギは植林後40年程で成木となり花粉を飛散し始めます。戦後に植林されたスギがちょうど成木となり、まさに花粉を活発に飛散する時期を迎えているのです。

ではなぜ、花粉症になる人とならない人がいるのでしょうか。花粉症の発症確率は、生まれてからこれまでに吸ってきた花粉の量に関係しています。例えば、数年しか吸っていない子供と20年以上吸ってきた大人とでは、大人の方が発症しやすいと言えるでしょう。そのため、今はまだ発症していなくても、いつ発症してもおかしくはないのです。

花粉症の症状とは

花粉症のよく知られている症状として、下記のようなものがあります。

  • 鼻水、くしゃみ、鼻づまり
  • 目がかゆい、目が充血する、涙が出る
  • 喉がイガイガする、喉がかゆい、咳が出る

そして、あまり知られてはいませんが、その他の症状として熱が出ることや頭痛を伴うケースも実際にあります。このような症状は決して多くはありませんが、花粉症の症状として訴える人は少なくないようです。花粉症の経験がないと、熱が出たらまず風邪を疑ってしまう、という人もいるのではないでしょうか。もし誤った判断をしてしまった場合、適切な対処を取れずに症状が悪化する事も考えられます。花粉が飛散する季節に熱が出た場合、どのようにして花粉症か風邪か見分ければよいのでしょうか。次に、その見分ける3つのポイントをご案内します。

花粉症?風邪?見分ける3つのポイント

花粉症によって熱が出る時の3つのポイントは下記の通りです。

  • 微熱が長く続く
  • 外出すると熱が出る
  • 熱の他に鼻や目の不快を併発している

微熱が長く続く

花粉症による発熱は、風邪と違って38度を超えない微熱が2週間くらいダラダラと続きます。高熱ではない為、いずれ良くなる風邪だと軽視してしまったり、風邪のひき始めだと勘違いして風邪薬を飲んでしまう人もいるかもしれません。季節の変わり目や花粉の季節に熱が出るという人は、どれくらいの熱か、どれくらい熱が続いているかに注意して意識してみてください。

外出すると熱が出る

家や屋内にいると問題ないのに、外出すると熱が出てしまうという場合、花粉症を疑ってみることが必要です。春は気候が良く、外へ出る機会も増える為、早めに気付くことが大切です。

熱の他に鼻や目の不快を併発している

熱の他に、くしゃみや鼻水、目の痒みや充血などを併発していたら、まず花粉症を疑ってみてください。特に、くしゃみが立て続けに何回も出る時や、水のようなサラサラとした鼻水が出る場合は要注意です。

アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分
フマキラー (2012-11-13)
売り上げランキング: 253

まとめ:花粉症に早めに気付いて正しい対処を!

本記事では、花粉の季節に熱が出た場合、花粉症か風邪か見分ける3つのポイントについてご案内してきました。最後にもう一度3つのポイントについて確認してみましょう。

  • 微熱が長く続く
  • 外出すると熱が出る
  • 熱の他に鼻や目の不快を併発している

花粉症はいつでもだれにでも発症する可能性があります。季節の変わり目だからと言って、熱が出たり頭痛がしたら風邪だとすぐに決めつけないでください。もしかしたら花粉症を発症してしまったのかもしれません。早めに正しい対処をすることで、症状を和らげたり悪化を防ぐことができます。花粉が多く飛散する季節は、花粉症を他人事と思わず、日頃から意識して生活してみてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。