7月や8月も花粉の季節!?夏の花粉症を引き起こす植物と対策

夏子供

スギやヒノキの花粉症は2月~5月がそのピーク、花粉症と言えば春のアレルギーというイメージがありますが、5月頃から花粉の飛散が始まり夏の間も花粉を飛ばし続ける植物もあります。

夏の花粉症はその症状から夏風邪と勘違いされ過ごされてしまう事も多く、注意が必要です。

夏の花粉症を引き起こす植物とはどのような植物なのでしょうか?

スポンサーリンク

夏の花粉症を引き起こす植物

くしゃみ女

2月から5月の間花粉を飛ばし続けるスギやヒノキの花粉症がようやく落ち着きだす頃に花粉の飛散を始める植物、それはイネ科の植物です。

夏の花粉症を引き起こすイネ科の植物にはカモガヤやオオアワガエリなどがあります。

また夏の後半になって花粉を飛ばしだす植物にはキク科のブタクサやヨモギがあります。

5月~7月の梅雨の時期は、本州~九州の地域では梅雨で湿度が高い為に花粉の飛散量は少なめですが、梅雨の無い北海道ではイネ科の植物による花粉症が多いと言われています。

また北海道ではこの時期に花粉の飛散が始まるシラカバ花粉症患者も近年増えています。

ただしイネ科の植物は数十センチと背丈が低い為に、スギやヒノキなどに見られる広範囲に及ぶ花粉の飛散はみられません。これらイネ科の植物の花粉の飛散範囲は数十メートルから数百メートル以内であるため、夏の花粉症はイネ科の植物が群生している地域に近寄らない事で回避できます。

イネ科の植物が生えやすい場所

夏の花粉症の原因となるイネ科の植物は河川敷や水田など、水の多い場所に群生する傾向があります。夏の花粉症を患わっている人は、夏の間これらの場所に近寄るのは極力避けるようにしましょう。

また、これらイネ科の植物が群生している地域に住んでいる人は、夏の間も花粉がなるべく室内に侵入しないように心がけた方が良いでしょう。

夏の花粉症の特徴

夏の花粉症もスギやヒノキと同じ様に、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒み、などを特徴としていますが、花粉症の症状は風邪の症状に良く似ている為、夏の花粉症とは気がつかずに風邪と勘違いしてしまう事があります。風邪薬を飲んでも症状は改善されないので注意しましょう。

夏の花粉症に多いイネ科の花粉症の大きな特徴として、イネ科の植物である麦から作られた小麦製品にアレルギー反応がみられる事があります。特に小麦製品を摂った後の激しい運動はアナフラキシーショックを誘発してしまう可能性があり注意が必要です。夏の花粉症の人が小麦製品を口にした後に激しい運動を行うと、呼吸困難や動悸、めまい、吐き気などの発作的な症状の原因となります。

夏の花粉症その他の注意点

その他にも夏花粉症で注意しなければならないのは、花粉症と夏バテによる体力の消耗です。夏はただでさえ日々体力を消耗しています。そこへ夏の花粉症による度重なるくしゃみや、鼻づまりによる酸欠、睡眠障害などが加わってしまうとかなりの体力を消耗してしまいます。

更に食欲もなくなり栄養も足りなくなりがちな夏は花粉に対する免疫も低下してしまいます。注意しましょう。

イネ科の植物以外に夏の花粉症の原因となる植物

夏の花粉症の原因はイネ科の植物だけではありません。ほかにもイチゴやキョウチクトウ、テンサイなどは夏の花粉症の原因となります。

イチゴはシラカバ科の植物ですので、シラカバ花粉症の人はイチゴにも花粉症の症状が出る可能性があります。シラカバ花粉症の特徴として、約二割の人にフルーツを食べた時に口の中が腫れてしまう口腔アレルギーを発症する可能性がある事です。

調理済みのジャムなどでは口腔アレルギーは反応しにくいとは言われていますが、人によってはジャムでも症状が出てしまうので注意しましょう。

夏の花粉症の対策

夏の花粉症も春の花粉症同様に対処するより他にありません。しかし暑い夏なのでマスクなど春に比べて快適な物を選ぶようにした方が良いでしょう。また夏野菜であるトマトは生で食べるとアレルギー成分ヒスタミンの放出を促してしまうので、夏の花粉症の方はトマトの生食は避けましょう。

花粉症患者が体内に余分な水分を溜めこむのはあまり良くないと言われています。もちろん水分補給は健康維持に欠かせませんが、水分摂取量のどうしても多くなる夏、過剰摂取には注意した方が良いでしょう。

夏の花粉症を引き起こす植物と対策

  • 5月から花粉の飛散が始まり、夏の間花粉を飛ばすイネ科の植物は夏の花粉症の原因。
  • イネ科の植物はおもに水辺に生息するので、群生している地域には近づかないようにしましょう。
  • 夏の花粉症の人は小麦アレルギーを誘発する可能性があります、注意しましょう。
  • その他にも夏の花粉症を引き起こす植物にはシラカバやイチゴなどがあります、シラカバ花粉症の人は口腔アレルギーにも注意してください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment