花粉症を診てもらうには何科に行けば良いのか

広告ロゴ
腕組医師

風邪をひいたり生活習慣病にかかったりしたら大抵の人は内科と思いつくでしょうし、外傷があれば外科に行くと考えるのが当然と言えます。でも、花粉症って一体何科にかかればいいんでしょうか?

今回は花粉症を診察してもらうのは何科がいいのか、またその理由は何かについて紹介していくことにしましょう。

スポンサーリンク

まず診察を受けるのは何科か

では、花粉症にかかった場合に最初に診察を受けるべき科はどこかを見ていきましょう。

花粉症はまず耳鼻咽喉科へ

院内

花粉症の症状は鼻に現れます。もちろん目や喉、時には肌に現れる人もたくさんいます。でも、花粉症にかかって必ずだれもが感じる症状は鼻だと思います。

もうお分かりですね、花粉症で最初に診察を受けるべきは耳鼻咽喉科という事です。

では、なぜ耳鼻咽喉科なのでしょうか?主に鼻に症状が出るからなのでしょうか?中には鼻の症状よりも目の症状や肌に現れる症状の方が気になる患者さんもいるはずです。

その理由は、一般的にアレルギー疾患の患者が多い耳鼻咽喉科ではアレルギー検査などを速やかに受けることができる専門医であるという事がまず一つ、さらに耳鼻咽喉科である程度の検査結果があればそれをもとにして眼科や皮膚科などへの紹介状を書いてもらえるので話が速くなるというのがもう一つの理由です。

確かに目の症状や肌の症状の方が気になるケースもあるのは事実ですが、何はともあれまずは耳鼻咽喉科で検査と治療を受けることが先決です。

その他の科について

目や肌の症状の穂が気になる場合には当然眼科や皮膚科に診察してもらう事になりますが、皮膚科はアレルギーの疾患が多いので耳鼻咽喉科と併せての治療を進めていくことになることが殆どですが、眼科の場合にはアレルギーによる疾患は実は左程多くはありません。

眼科でアレルギー系の疾患があるとすれば花粉症以外のアレルギーが関係している場合が多く、花粉症の症状で目にその症状が現れているようでも耳鼻咽喉科で治療を受けたら目の症状も改善したという場合が大変多いのです。

ただし、目や肌の専門医はそれぞれ眼科や皮膚科ですので、これらの部位の症状が気になるのであれば最初にかかった耳鼻咽喉科に紹介状を書いてもらうなりして診察してもらうといいでしょう。

上記以外の診療機関にかかる必要がある場合

では、耳鼻咽喉科や眼科・皮膚科以外の医療機関では花粉症の診察は全くできないものなのでしょうか?上記とは異なる診療機関について見ていきましょう。

鍼灸などの診療機関

毎年花粉症に悩まされていて、しかも薬での改善が全く見られないという場合には他の診療機関が好ましい場合があります。一般的な病院や医院で受ける治療の殆どは対症療法ですから、こういった治療方法が自分に合わないという場合には根幹治療をしている医療機関に治療をしてもらう事もいいでしょう。

具体的には自然治癒力を引き出すという治療方法になりますから、意外と思われる方もいるかもしれませんが鍼治療などが挙げられます。

ただし、このような根幹治療を進めていくうえで大切なのは花粉症のシーズンに入る前には治療を始めている必要があるという事です。花粉症が発症してしまってからではこのような根幹治療はなかなか効果を表すのが難しいと言われています。

妊娠中や授乳中のお母さん

妊娠中や授乳中のお母さんにとって、たとえ花粉症と言えどもその治療に使ってはいけない薬があります。もちろん耳鼻咽喉科の先生も医者ですからそのあたりの知識は持っていることでしょう。

しかし妊娠中や授乳中のお母さんにとって薬の作用はとても神経を使う事です。もし赤ちゃんに影響があるとしたらと考えると、やはり専門医が安心していいですよと言って処方してくれる薬でないと服用できません。

妊婦さんや授乳中のお母さんでも服用できる薬を処方してもらうには、やはり産婦人科がいいでしょう。それもできれば掛かりつけの産婦人科であれば自分のことをそれなりにちゃんと知っているはずですから、こちらに診察してもらう事を強くお勧めします。

小さな子供

小さな子どもの場合には、まだ離乳期あたりでしたらお母さんの体質の影響が大きいですのでやはり産婦人科で診察してもらうことが望ましいと言えます。

それからもう少し大きくなり始めてからは、小児科で診てもらうといいでしょう。子供はとてもデリケートな年代ですから、せめて小学校に上がるくらいまではいきなり耳鼻咽喉科に連れていくのではなく小児科での診察をお勧めします。

小児科での検査や治療は子供の体質や体力、免疫力などを考慮して子供に合った診察をしてくれます。花粉症の症状もさることながら、花粉症で診察を受けることにも精神的なストレスを抱えてしまいがちなのが小さなお子さんです。メンタルのケアも一緒にしてあげることがお子さんの治療を進めていくうえで症状を改善するのと共に大切な事だと覚えておくようにしましょう。

まとめ:花粉症の診療はケースで何科かが異なる

飽くまで花粉症の専門医は耳鼻咽喉科ですが、目の症状があれば眼科、皮膚に症状があれば皮膚科に診察してもらう事も大切です。また、妊娠中や授乳中のお母さんであれば産婦人科に頼ることも必要ですし、小さなお子さんであれば小児科に行くことも選択肢の一つです。

いずれにせよ、自分の状況に合った選択をして一日も早く花粉症に悩まされないで済む日常を過ごせる様になって頂けることを願っています。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。