目のかゆみに悩む花粉症の方におすすめの目薬

広告ロゴ
目薬

花粉症のシーズンでは、鼻水や鼻づまりなどの鼻の症状だけでなく、目のかゆみなど目の症状に悩む方も多いです。目のかゆみに悩む花粉症の人にぴったりな目薬はどのようなものを選べばいいのでしょうか。花粉症の方におすすめの目薬を紹介します。目薬を購入する際の参考にしてください。

スポンサーリンク

花粉症用の目薬の成分とは?

見る

花粉症用の目薬選びのポイントの一つは成分です。目薬の成分をよく確認して、より効果の高い、自分の症状に合った目薬を選べるようにしましょう。

①マレイン酸クロルフェニラミン

マレイン酸クロルフェニラミンは、抗ヒスタミン作用がある成分です。花粉症の原因であるヒスタミンの働きを直接抑制しますので、すでに起きた症状を緩和し、即効性があります。ただし、持続時間が短いのがデメリットです。

②クロモグリク酸ナトリウム

クロモグリク酸ナトリウムは、抗アレルギー作用がある成分です。肥満細胞膜を安定化させ、目のかゆみや充血などのアレルギー症状を引き起こすヒスタミンの発生と放出を抑制する働きがあります。ヒスタミンを直接抑制するのではなく、ヒスタミンの発生そのものを抑えますので、予防的な効果があります。

③アシタザノラスト水和物

アシタザノラスト水和物は、クロモグリク酸ナトリウムに似ている成分ですが、医療用にも使われている第1類医薬品として用いられています。

花粉症におすすめの目薬

先ほど紹介した3つの成分が含まれている目薬をいくつか紹介します。

①アルガード クリアブロックEX

アルガード クリアブロックEXは、クロモグリク酸ナトリウムが多く配合されていますので、抗アレルギー作用が高い目薬です。また、マレイン酸クロルフェニラミンもわずかに入っていますので、即効性もあります。通常花粉症の症状が出始める時期の1~2週間前から使用すると、より高い効果が得られます。

多くの花粉症用の目薬には、クロモグリク酸ナトリウムとマレイン酸クロルフェニラミンのコンビでできています。

②アイフリーコーワAL10ml

アイフリーコーワALは、日本で初めて、医療用成分であるアシタザノラスト水和物を市販の目薬に入れた商品です。目薬を差した時に、染みる感じが少ないのが特徴です。通常の花粉症用目薬で効果に満足しなかった方は、アイフリーコーワALの方が、効き目があるかもしれません。

③ロートアルガードコンタクトa

ロートアルガードコンタクトaは、コンタクトを装着したまま使える、花粉症用目薬です。このようなタイプは非常に数が少ないので、貴重なアイテムと言えます。しかし、マレイン酸クロルフェニラミンしか配合されていませんので、即効性はありますが持続性に欠けます。花粉症のシーズンでは、コンタクトレンズを使用しないのがベストですが、どうしてもコンタクトが必要という方はロートアルガードaを利用してみてはいかがでしょうか。

④NEWエージーアイズ

NEWエージーアイズは、抗アレルギー剤であるクロモグリク酸ナトリウムと、抗ヒスタミン剤であるマレイン酸クロルフェニラミンが入っているアレルギー専用の目薬です。また、角膜保護成分のコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが入っていますので、潤いを保持して角膜の表面をいたわることができます。清涼化剤が配合されていませんので、刺した時の刺激が少ない目薬です。

⑤ザジデンAL

ザジデンALは、ケトチフェンフマル酸塩という抗アレルギー成分が入っているアレルギー専用目薬です。花粉やハウスダストなどによる目のかゆみや充血、涙目などのアレルギー症状に高い効果があります。抗アレルギーと抗ヒスタミン、抗炎症の3つの働きでつらい花粉症の症状をコントロールしてくれます。

⑥サンテアルフリー新目薬

サンテアルフリー新目薬は、抗アレルギーと抗ヒスタミンの2つの働きで花粉やハウスダストなどによる、目のかゆみや充血を抑えるアレルギー専用の目薬です。目のかゆみの原因となるヒスタミンの放出を抑えるだけでなく、放出されてしまったヒスタミンの働きも抑えてくれます。

⑦サンテALクールⅡ

サンテALクールⅡは、抗ヒスタミン剤などで目のかゆみや充血を効果的に抑えるだけでなく、炎症で傷ついた組織を修復するように働きかける成分も配合されている目薬です。また、すっきりとした涼しい差し心地がありますので、目に爽快感がほしいという方におすすめの目薬です。

【第2類医薬品】ロートアルガードクリアブロックEX 13mL
ロート製薬 (2012-12-17)
売り上げランキング: 16,764

まとめ:花粉症による目の症状に合わせて目薬を選ぼう

花粉症でも目の症状の程度は人それぞれです。また、コンタクトレンズを使用している方は、コンタクトレンズに合った目薬を選ばなければなりません。目をこすりすぎて角膜の修復もしたい、クールな差し心地がほしいなど、自分の目の症状やニーズに合わせて目薬を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。