花粉症の薬で眠気が出るのはなぜ?眠気の理由と眠くならない薬

広告ロゴ
眠い男

花粉症の薬を使いたいけれど、眠気が出るのが心配で使うことを躊躇している方も多いのではないでしょうか。花粉症の薬を使うと、なぜ眠気が出るのでしょうか。眠気の理由を紹介します。また、眠くならない薬についても紹介しますので、眠気に襲われずに花粉症シーズンを乗り切りましょう。

スポンサーリンク

花粉症に使われる薬の成分

研究

花粉症などのアレルギー性の病気に使われる薬には、抗ヒスタミン薬が配合されています。現在ドラッグストアで手に入る市販薬でも、病院で処方される薬でも、抗ヒスタミン薬が最も多く使われています。抗ヒスタミン薬とは、アレルギー症状を引き起こす伝達物質であるヒスタミンの作用を抑え、アレルギー症状が出ないようにする薬です。抗ヒスタミン薬は1940年代に開発されてから、効果の確実性と即効性が高く評価されて広く使用されてきました。しかし、眠気が出るという欠点もあります。

花粉症の薬で眠気が出る理由

アレルギー症状を起こす物質であるヒスタミンは、脳を活性化させるという作用もあります。アレルギー症状を抑えるために花粉症の薬として抗ヒスタミン薬を服用すると、脳の中に薬の効果が行き渡り、脳で活性化するというヒスタミンの作用を遮ります。脳の活性化を遮られることで、脳の働きが抑えられて眠気が出るのです。正確には、脳の判断や思考などの働きが低下するということです。

市販されている花粉症の薬には、第一世代の抗ヒスタミン薬が含まれているものが多くあります。第一世代の抗ヒスタミン薬は、即効性が高いのですが、脳の中での作用も強く、脳の働きも低下しやすいと言われています。例えば、アレロックやジルテック、セルテクト、ゼスランなどの市販薬が挙げられます。病院で処方される薬で、レスタミンコーワやタベジール、ポララミン、アタラックスPなどは第一世代抗ヒスタミン薬になります。また、ザイザルについては、ジルテックに含まれている成分の中で脳の中に行き渡りにくいものだけを取り出して作られていますので脳の働きの低下が少ないと言われていますが、自動車の運転などは避けるように注意喚起がされています。

眠気が出ない花粉症の薬

眠気が出ない花粉症の薬が最近よく市販されていますが、これは第一世代抗ヒスタミン薬にコーヒー数杯分のカフェインが含まれているものが多いです。カフェインの働きによって眠気は抑えられますが、脳の働き自体は改善されません。仕事や勉強、運転などで眠気や脳の働きを低下させたくない場合には、病院で第二世代の抗ヒスタミン薬の中から脳の働きの低下が少ないものを処方してもらうようにしましょう。第一世代抗ヒスタミンはヒスタミンの受容体やヒスタミンに対して作用し、アレルギー反応を抑える一方、第二世代の抗ヒスタミン薬では、ヒスタミンの発生と放出を防いでアレルギーの影響を軽くします。

特に自動車の運転をする人は、服用中の自動車運転制限がされていないアレグラやクラリチンを使用するといいでしょう。また、注意書きの中に自動車の運転などの機械の操作に注意するという項目はありますが、タリオンやエバステル、アレジオンについては服用を認めています。

①アレグラ

アレグラは、第2世代抗ヒスタミン薬の中でも最も眠くならない薬と言われています。

②アネトンアルメディ鼻炎錠

アネトンアルメディ鼻炎錠は、抗ヒスタミン薬ですからくしゃみや鼻水、鼻づまりに高い効果が得られます。これは、プソイドエフェドリン塩酸塩という成分によるものです。眠気についても気にならない程度ですから、特に鼻づまりが辛い方にはおすすめです。ただし、1日3回飲まなければならないので、少し面倒に感じるかもしれません。

③ホノビエン

ホノビエンは、眠気もない上、喉の渇きもないということで人気があります。これは、子供でも服用できるということが特徴です。アレグラは15歳以上、アネトンは11歳以上が服用対象なのですが、ホノビエンなら7歳以上から服用可能です。

④パブロン鼻炎カプセル

パブロン鼻炎カプセルは、処方薬よりも効果が高いと高評価の市販薬です。眠気は起こりにくいと言われていますが、喉の渇きが発生してしまうのが難点です。

【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルS 48カプセル
大正製薬 (2004-11-25)
売り上げランキング: 10,813

まとめ:眠気が出ない花粉症の薬がほしいということをしっかり伝えよう

花粉症の薬による眠気に悩まされている方は、ぜひ医師や薬剤師に眠気が出ない花粉症の薬がほしいということをきちんと伝えることが大切です。薬のことをよく知らずに自己判断で薬を購入するとなると、自分のニーズに合った薬を選び出すのは時間と手間がかかるものです。また、詳しい注意については薬の中に入っている注意書きに書かれていることもあります。しっかり医師や薬剤師と相談して、眠気が出ない花粉症の薬が利用できるようにしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。