目玉を出して洗いたい!花粉症の目のかゆみ「結膜炎」対策

スギ

 
花粉症の症状として、くしゃみ、鼻水、目のかゆみが挙げられます。この目のかゆみ、これはアレルギー性結膜炎の症状です。アレルギー持ちでないなら、ぴんと来ない人の方が多いのではないでしょうか。

こちらでは、花粉症の目のかゆみ、結膜炎についてご紹介します。

スポンサーリンク

花粉症と結膜炎

結膜炎とは

eye

結膜とは、まぶたの裏側と白目の部分を覆っている粘膜のことです。この粘膜に炎症が起こる病気を結膜炎と言い、感染性結膜炎とアレルギー性結膜炎があります。

感染性結膜炎
感染性結膜炎は感染症により結膜に生じる炎症で、目の「充血」、「痛み」、「かゆみ」そして「目やに」などが主な症状です。その原因によって、「細菌性結膜炎」、ウイルス性結膜炎」に分けられますが、特に、アデノウイルスが原因となるウイルス性結膜炎は「はやり目」とも呼ばれ、非常に感染力が強く、注意が必要です。

アレルギー性結膜炎
アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を引き起こす物質)が付着して、結膜に炎症を起こす病気です。花粉症が原因で起きる目のかゆみはこれにあたります。

アレルギー性結膜炎の種類

季節性アレルギー性結膜炎
花粉が原因で生じるアレルギーです。スギ花粉症が代表的ですが、秋に飛ぶ花粉に反応を起こす場合もあるので、秋にも花粉症はあります。花粉症では、毎年決まった季節に症状がみられることが特徴です。
アレルギーを起こす花粉

  • スギ花粉(時期:1~5月)
  • ヒノキ花粉(時期:3~5月)
  • カモガヤ花粉(時期:5~7月)
  • ブタクサ花粉(時期:8~10月)

通年性アレルギー性結膜炎
ハウスダストによる結膜炎も症状は花粉症と同様です。ハウスダストは常に身の回りにあるので、一年を通して症状がみられるのが特徴です。ハウスダストに反応するのであれば家の中にホコリがたまりにくい対策を考える必要があります。

春季カタル
慢性重症型のアレルギー性結膜炎です。10歳くらいまでの男児に多く見られます。炎症が強いときに、角膜(黒目)に傷ができ、重症の場合視力低下にもつながります。ステロイド剤や免疫抑制剤の点眼による治療が必要なことも多く、眼科の専門家が診察するべき疾患です。花粉症のように多くは見られないのですが、最近は成人でも症状のある方を見かけます。

巨大乳頭結膜炎
コンタクトレンズなどの異物による反応で起きるアレルギーです。コンタクトレンズの定期検査の時に上まぶたをひっくり返すのはこのチェックのためです。かゆみを感じていないことも多く、「レンズが汚れる」「ゴロゴロする」という症状だけのこともあります。

アトピー性角結膜炎
アトピー性皮膚炎に伴うアレルギー性結膜炎です。重症の場合ステロイド剤の点眼・軟膏を使うため、眼科での診療をおすすめします。

アレルギー性結膜炎の症状

アレルギー反応が起こると、肥満細胞という細胞から、ヒスタミンなどの物質が大量に放出されます。これらの物質は、目の知覚神経や毛細血管などを刺激して、強いかゆみや充血などの炎症を引き起こします。

  • 目のかゆみ
  • 充血
  • 目やに(涙のようにサラサラした水状のもの)
  • 涙が出る
  • まぶたの裏にぶつぶつができる

本当に花粉症?

季節がはっきりしていて、鼻の症状もある場合にはすぐ診断がつきます。が、一年中かゆみが出る場合はコンタクトレンズの不調、ドライアイということもあります。逆にアレルギー性結膜炎であっても、「かゆみ」を感じずに、なんとなく目の調子が悪い、という場合もあります。ドライアイやアレルギー性結膜炎は目の表面の病気で、いっしょに起きている場合も多く見られます。ほとんどが診断がつきますが、涙や血液検査で確定診断をつけることが必要な場合もあります。

花粉症結膜炎の対策

 

初期療法

アレルギー性結膜炎のなかでも、症状の出やすい時期が予測できる花粉などが原因のアレルギー症状の場合には、『初期療法』が最適です。症状が出る前の、花粉飛散時期の約2週間前から、または症状が少しでもあらわれたら、抗アレルギー点眼薬による治療を始める方法で、花粉飛散ピーク時の症状が軽くなります。

眼鏡を着用する

花粉症用の眼鏡が有効です。隙間から花粉の侵入を防いでくれます。普段かけている眼鏡でも目の表面に飛び込む花粉を減らすことができます。一方、コンタクトレンズは、できれば花粉症のシーズンは避けたほうがいいでしょう。

目を洗う

目を洗うことで、目についた花粉を減らします。人工涙液を使って洗うのが効果的です。

目を冷やす

目のかゆみが強いときや炎症を起こしているときは、清潔なタオルで冷たいおしぼりを作り、まぶたの上に置くと楽になります。冷えピタを冷蔵庫で冷やしておくのもおススメ。

花粉を家に入れない

飛散のピークとなる昼前から午後3時ごろの時間帯はなるべく外出を控えましょう。家に入るときは、衣類の花粉を払って。窓や戸をしっかり閉める。外で干した布団や洗濯物には花粉がつくので、取り込む前によく払う。室内をこまめに清掃する。など花粉を家に入れないのが一番シンプルで重要なことです。

まとめ:花粉症の目のかゆみ、結膜炎を知ろう

花粉症の目のかゆみの正体、アレルギー性結膜炎とは、目の表面に花粉が付着して結膜に炎症を起こす病気です。対策方法をおさらいしておきましょう。

  • 外出時はメガネ、マスク、帽子を着用する
  • 帰宅時に衣類や髪に付いた花粉を払い落とす
  • 帰宅後は手洗い、うがい、洗顔を心掛ける
  • 洗濯物は部屋干しにする
  • 拭き掃除をまめにする

この記事を参考に、ツラい時期を少しでも快適に過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment