風邪と花粉症を見分ける3つの症状

広告ロゴ
鼻水

いまや日本人の4人に1人が花粉症と言われており、とくに30代から50代の働き盛りには毎年この季節を憂鬱に過ごす方々が多いのではないでしょうか?そのいっぽうで全く症状の出ない方もあります。けれどくしゃみや鼻水が続いて、「今年の風邪はなかなか治らないあ」と首をかしげているあなた、もしかしたらそれは風邪ではなく、花粉症かもしれませんよ。「自分は花粉症にならない体質なんだ」と安心している方ほど要注意です。

本記事では
1、花粉症に罹る可能性は誰にでもある 
2、風邪と花粉症を見分ける3つの症状
についてご紹介していきます。ぜひ参考になさってください。

スポンサーリンク

あの人は風邪?それとも花粉症?

風邪

冬から春にかけて、町には大きなマスクをした人をよく見かけるようになります。また電車の車内などで始終鼻をかんだりくしゃみを連発している人のすがたも。その人たちの様子で風邪か花粉症かをまちがいなく見分けられるでしょうか?風邪ひきらしいけれど、花粉症かもしれない…というふうに、はっきりと判断できませんよね?

そうなのです。風邪と花粉症の症状はとてもよく似ています。しかも風邪やインフルエンザが流行する時期と花粉症の季節が重なっているために、よけいに見分けがつきにくくなっているのです。

あなたも花粉症かもしれない…

いまや国民の4人に1人が花粉症に悩んでいるとも言われています。またこれまでまったく罹らなかったのに突然発症することもあり、「自分は体質じゃないから」と安心は禁物です。ふつうの風邪やインフルエンザなら3日から1週間で完治しますが、花粉症の場合は季節が過ぎるまで続きます。気づくのが遅れると、それだけ症状が悪化することになるのです。

「これまで花粉症に罹ったことがない」から、「花粉症にならない体質」だと思いこまず、むしろ「自分は花粉症患者予備軍かも」くらいの危機感と認識をもって、すばやく柔軟な対策をとりましょう。

本記事では風邪と花粉症の症状を見分けるために、くしゃみ、鼻水、目のかゆみの3つをポイントにご紹介していきます。

風邪と花粉症のちがいは?

前述のように風邪と花粉症の症状はとてもよく似ています。しかしよくよく注意すると明らかな違いがあるのです。風邪と花粉症では服用する薬はもちろん、日々の生活面で配慮することも違いますから、早めに気づいて適切な対策をとりましょう。風邪と花粉症を見分ける有効な方法として、次の3つをご紹介します。

  • くしゃみの頻度
  • 鼻水の状態
  • 目のかゆみや

くしゃみの頻度

風邪と花粉症ではくしゃみの頻度がまったくちがいます。花粉症の場合、とにかく続けざまに出ることが特徴です。10回以上も続けて出たり、1日じゅう続いたりということもあります。くしゃみは鼻に入った花粉症を追い出そうとするために起こるものですから、たびたびくしゃみが出るようだと花粉症を疑う必要があります。

鼻水の状態

風邪の鼻水はドロッとして濁りのある鼻水ですが、花粉症の場合は水のようにサラサラしたものがひっきりなしに流れ出るのが特徴です。これもからだの中の花粉症を追い出そうとする働きで、さらに花粉症の鼻づまりは風邪よりも症状が重くなることが多いです。

目のかゆみ

目がかゆくてむずむずしたり、真っ赤に充血していませんか?これは目のまわりに付着した花粉のために起こる症状です。風邪でこのような症状が出ることはあまりありませんから、目にかゆみがあったら、花粉症の可能性を疑いましょう。

ほかにも熱が出ているかどうかにも注意してみてください。風邪やインフルエンザなら一気に高熱が出ますが、いつまでも微熱が続いて頭がぼーっとするときは花粉症の可能性があります。

アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分
フマキラー (2012-11-13)
売り上げランキング: 266

まとめ:

冬から春先にかけて花粉症の症状のあるかないかによって、健康はもちろんのこと、仕事や勉強の効率、精神の安定などに多大な影響を及ぼします。「自分は花粉症体質ではないからだいじょうぶ」と思い込んでいたら突然発症する場合もあります。自信があっただけにショックを受けて混乱し、「まさか自分が花粉症になるなんて」と落ち込んでしまうかもしれません。

しかし「どうも変だな」と感じたら冷静に症状を見極め、早めに医師に相談してください。そして薬の服用、マスクや帽子などで花粉を避け、バランスの取れた食生活、じゅうぶんな休養を心がけるなど、適切な対策をとりましょう。

最後にその3つをもう一度リストアップしておきますね。

  • くしゃみの頻度
  • 目のかゆみや充血
  • 鼻水の状態

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。