目や鼻だけではない花粉症のかゆみ、増加する花粉症皮膚炎とは

森

辛い花粉症のピークが迫ってまいりました。

あのかゆみや鼻づまり、どうにかして少しでも楽に花粉症のピークシーズンを乗り越えたいものです。

そんな中、花粉症で目や鼻だけでなく肌にもかゆみを感じる人がここ数年で増加しているといいます。花粉症皮膚炎と呼ばれるこの症状、聞いただけでもぞっとしますが、どのような症状なのでしょうか?

また花粉症による目や鼻のかゆみの対策も合わせて御紹介したいと思います。

スポンサーリンク

花粉症皮膚炎とは?

森

もともとは目や鼻の粘膜に花粉が付着する事でかゆみを引き起こす花粉症ですが、近年では肌のかゆみを引き起こす事でも知られてきました。

女性に多いというこの花粉症皮膚炎、原因は化粧や化粧落としにあるようです。化粧や化粧落としによって傷つけられた花粉症の人の肌に花粉が付着する事でかゆみを感じるようですが、顔だけでなく首周りにもかゆみを感じる人が多いそうです。

またアトピー性皮膚炎を元々持っている人は、肌の防御機能が弱い為に、花粉症の時期には目や鼻だけでなく肌にもかゆみを感じる事が多いといいます。

花粉症皮膚炎の対策

目や鼻だけでなく、肌も痒いとなっては外出も嫌になってしまいます。ここはどうにか対策を練って花粉症によるかゆみを少しでも鎮めたいところ。

保湿でかゆみを緩和

花粉症皮膚炎で肌にかゆみを感じる人は乾燥肌の人が多いようです。症状のひどい人になると湿疹やかぶれまで引き起こしてしまう可能性もあるので、保湿は念入りに行いましょう。

洗顔後の乳液による保湿はもちろんのこと、外出先でもミストスプレーなどで保湿を行う事が出来ます。あまりにも症状がひどい場合は濡らしたタオルを患部にあてて冷やすとかゆみが多少収まります。

帰宅後は衣類や髪の毛に付着した花粉を玄関前で入念に払い落し、洗顔で顔に付着した花粉も綺麗に洗い落しましょう。

ワセリンなどの軟膏で肌を保護

顔がてかってしまうので外出時はなかなか難しい対処法ですが、肌が無防備な状態は花粉症によるかゆみの原因でもあります。ワセリンなどの油で肌を保護する事で花粉の肌への直接の付着を防ぎ、かゆみを和らげる事ができます。

花粉症の目のかゆみ、つけまつげに注意!

花粉症の目のかゆみを増加させてしまう物につけまつげがあります。まつげのボリュームや長さが長いと、その分付着する花粉の量も多くなってしまいます。花粉の付着しやすい髪の毛よりもよっぽど目に近いまつげ、そんなところに大量の花粉が付着していると思うとぞっとしませんか?

花粉症による目のかゆみがひどい方は、シーズン中はつけまつげは避けて、自まつげだけで過ごされるのが良いでしょう。

花粉症のかゆみ対策

その他にも花粉症のかゆみを少しでも和らげる為の対策は色々とあります。

家の中に花粉をなるべく持ち込まない

帰宅したら、まずは家に上がる前に玄関の外で出来るだけ花粉を衣服や髪の毛から払い落しましょう。ブラシだけでなくドライヤーを使って髪の毛に付着した花粉を落とすようにしましょう。
帰宅後は速めに入浴して花粉を洗い流す

その後はなるべく早めにお風呂やシャワーに入って、洗顔や入浴で髪の毛や体に付いている花粉を洗い流してしまいましょう。目のや鼻の粘膜にも花粉が付着しているので綺麗に洗い流すようにしましょう。

加湿器で部屋の湿度を上げておく

入浴後せっかく綺麗になった体に花粉が再び付着してしまわないように、加湿器で部屋の湿度を上げておくと良いでしょう。湿度の高い場所で水分を含んで重たくなった花粉は、空気中に舞っている事ができず床に落下します。

就寝までになるべく体に花粉が付着しないように心がけ、睡眠中の目や鼻のかゆみを抑えましょう。

洗濯物は部屋干し

入浴後に着る家着やベッドのシーツに花粉が付着してしまっていては、せっかく洗い流した体や目や鼻の粘膜に花粉が再び付着してしまいます。シーズン中の洗濯物は部屋干しにして花粉の付着をふせぎましょう。

室内は綺麗に

家の中でのかゆみを抑えるためにも、室内は掃除機や濡れた雑巾などで普段からこまめに掃除しておきましょう。床に落ちている花粉も人が動けば舞いあがってしまいます。なるべく室内に花粉を入れず、やむをえず室内に入ってしまった花粉をこまめに綺麗に掃除する事で、家の中での目や鼻のかゆみを抑える事が出来ます。

目がかゆい時は冷やして対処を

それでも目が痒い時は肌と同様に濡れたタオルをあてて冷やす事によって炎症をいくらか鎮め、目のかゆみを和らげる事が出来ます。目薬や花粉症の薬も合わせて活用しましょう。

花粉 鼻でブロック 無香料 30日分
フマキラー
売り上げランキング: 584

増加する花粉症皮膚炎のまとめ

  • 女性に多い花粉症皮膚炎は化粧や化粧落としで傷ついた皮膚に花粉が付着する事で引き起こされる。
  • 保湿を心がけ、ワセリンなども活用してかゆみを和らげましょう。
  • その他にも花粉症のかゆみ対策として、室内に花粉を入れない、部屋をきれいに。加湿器による保湿を心がけましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment