自分で簡単にできる!花粉症を緩和するための5つの秘訣

笑顔の女性

花粉のシーズンになると、花粉症の方にはつらい日々が続きますね。でも毎年やってくるこの季節、できるだけ快適に過ごしたいものです。

本記事では、自分でも簡単にできる、花粉症を緩和するための方法をご紹介します。「これなら簡単にできそう」という方法を見つけて、つらい花粉症の時期を少しでも快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

花粉症の症状を緩和するためのポイント

頭痛女子

花粉症の症状は、特定の花粉が体内に入ることでアレルギー反応により現れるものです。

それならば、花粉症の症状を緩和するためのポイントは、「体内に花粉が入らないようにする」ことと、体内に花粉が入ってしまった場合には「アレルギー反応を抑える」ことであるといえます。

このうち、「アレルギー反応を抑える」という点に対しては、病院で薬を処方してもらったりして対応している方も多いと思います。花粉症の症状が重い方は、専門家にしっかりとアドバイスを受けて治療をすることが、花粉症の症状を緩和するためにはとても大切なことです。

しかし、花粉症の症状が軽い方、または病院にかかっている方でも、自分で花粉症の症状を緩和するための方法もあります。自分で花粉症の症状を緩和するための方法を知っていれば、少しでも快適に花粉のシーズンを過ごすことができますね。

それでは次に、花粉症の症状を緩和するための方法をご紹介しましょう。

花粉症の症状を緩和するための方法

花粉症の症状を緩和するポイントは、前にもお伝えした「体内に花粉が入らないようにする」ことと、「アレルギー反応を抑える」ことです。このようなことは具体的にどのような方法でできるのかみてみましょう。

1.花粉の飛散状況を知る

花粉症の原因である花粉の飛散状況を知ることは、花粉が身体に入らないようにするためには欠かせません。花粉が多く飛散している日には、特に花粉が飛散しやすい昼前から午後3時頃までは外出をしない、洗濯物を外に干さない、窓を開けないなどの対策を取ることで、身体に入ってしまう花粉を減らし、花粉症の症状を緩和することができます。

花粉症の飛散の状況については、最近はニュースのお天気コーナーでも花粉シーズンには知らせるようになっていますね。さらに詳しい情報を知りたい場合は、花粉の飛散の状況や予報を伝えてくれるサイトを利用するのもひとつの方法です。こういったサイトについては、「花粉の飛散量を知って予防に役立てよう!4つのお役立ちサイト」の記事で詳しくご紹介しています。

2.外出時の服装

花粉が飛散していることがわかっていても、外出をしなければいけないときは多いですね。このようなときは、花粉が目、鼻、口から体内に入っていることを防ぐようにします。

最近では、花粉症用のゴーグルやマスクなども多く売られていますので、こういったものを利用すると、体内への花粉の侵入を防いで花粉症の症状を緩和することができます。また、花粉症専用のものを購入しなくても、マスクの内側に湿らせたガーゼを一枚入れる、といった工夫をすることでも花粉の体内への侵入を防ぐことはできます

また、洋服は花粉のつきにくいツルツルした素材のものを選ぶと花粉症の対策には効果的です。

そして、外出から帰ったらうがいや洗顔を丁寧に行いましょう。

3.家の中に花粉を入れない

花粉が多く飛んでいる日には洗濯物は干さない、外に干した洗濯物は花粉を払ってから取り込む、外出から帰ったときは玄関の外で花粉を払う、などの方法で、外の花粉を家の中に持ち込まないようにします。

春先、陽気が良くなってくると窓をいっぱいに開けて外の空気を取り入れたくなりますが、花粉が飛んでいるときには控えましょう。

4.家の中の花粉を舞い上がらせない

外から花粉が入ってこないように注意をしてはいても、やはり花粉は家の中に入ってきてしまいます。

このような場合は、こまめに掃除をする、フローリングの場合は拭き掃除を丁寧に行うといった方法で、家のなかに溜まった花粉を舞い上がらせないようにします。

また、花粉は湿気により重くなって下に沈みますので、加湿器などで空気を湿らせるのも花粉症の緩和にはよい方法です。

そして、意外と見落としがちなのがベットまわり。布団や枕の上にも花粉は溜まっていますので、枕まわりを湿った布やティッシュで丁寧に拭いてから寝ると、快適な睡眠を得ることができるかもしれません。

5.食べ物・飲み物で花粉症を緩和する

花粉症の症状は花粉へのアレルギー反応で、体内にヒスタミンやロイコトリエンという化学伝達物質が放出される結果、現れるものです。

これらの化学伝達物質を抑制する働きをもつものとしては、ポリフェノールメチル化カテキンEPADHAなどが挙げられます。

ポリフェノールやメチル化カテキンはココアやべにふうき茶といった飲み物から、EPAやDHAは青魚から取り入れることができます。

花粉症の症状を緩和してくれる飲み物については、「花粉症の時期を快適に過ごすための5つの飲み物~レシピもご紹介!」の記事で詳しくご紹介しています。

まとめ:花粉症の緩和は普段の心がけから

目のかゆみや、鼻水、鼻づまりなど、つらい症状の現れる花粉症ですが、普段の生活のなかで少しずつ注意して対策を取ることで、この症状を緩和することができます。
花粉症を緩和するための対策をここでもう一度まとめてみましょう。

【花粉症を緩和するための対策】

  • 1.花粉の飛散状況を知る
  • 2.外出時の服装
  • 3.家の中に花粉を入れない
  • 4.家の中の花粉を舞い上がらせない
  • 5.食べ物・飲み物で花粉症を緩和する

花粉症の症状は現れてしまうととても辛いものですね。本記事でご紹介した花粉症を緩和するための対策をご参考に、少しでも快適な生活を送っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment