花粉症の鼻づまりを解消する効果的な鼻うがいのやり方と3つの注意点

鼻水

花粉症といえば止まらない鼻水に苦しい鼻づまりといった症状に悩まされますよね。そうした鼻づまりに有効と言われているのが鼻うがいです。口のうがいのように、水をつかって鼻の奥を洗い流す方法で、もともとはヨガの一種でした。鼻ヨガと呼ばれることもある鼻うがいを行うことで、鼻の奥からつまりをとり、花粉症の炎症を和らげてくれます。しかし、鼻うがいにも慣れが必要であり、なかなか上手くいかないという人も多いようです。花粉症による鼻づまりを解消するために、効果的な鼻うがいのやり方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

花粉症の症状改善しての鼻うがい

スギ

鼻うがいとは、片方の鼻から水を入れて、反対の鼻から出すか口から吐き出すという方法です。鼻に水を入れるというだけで、プールでおぼれた時のような鼻の痛みを思い出す人も多いかもしれません。鼻うがいは、正しいやり方を行うことによって、痛みが起こりにくくなります。

花粉症ですでに鼻づまりがひどく、鼻に水を通そうとしても通らない、という人もいらっしゃいます。すでに鼻づまりがひどい人は、いったん薬で止めるか、鼻水が少ない時に行った方が良いでしょう。もちろん、鼻が詰まっていて反対の鼻から出ない人でも、鼻うがいは有効です。きちんと通らなくても、鼻の中を洗浄することで、花粉が落ちやすくなり、スッキリします。

花粉症の人のための効果的な鼻うがいのやり方

花粉症で鼻水が止まらない人でもできる効果的な鼻うがいのやり方をご説明しましょう。

生理用食塩水を用意する

鼻うがいを行う時に痛みを起こさないためには、生理用食塩水を利用しましょう。手術などでも使われるものですが、一般の薬局でも市販されています。コンタクトレンズ用に販売されている生理用食塩水を購入するか、耳鼻科等で処方してもらうのが理想的です。

自宅で生理用食塩水を作る場合、500mlのペットボトルに4.5グラムの塩を入れて作ります。この時、体温程度のぬるま湯にしておくとより痛みが少なくなります。

初心者は専用容器を準備することがお勧め

鼻うがいは、鼻に生理用食塩水を流せれば、容器は何でも問題ありません。コップでもいいのですが、初めての人はこぼす量ばかりが多くて使いにくいと思います。できれば、鼻うがい専用の容器を用意するのがお勧めです。

市販化されている鼻うがいの容器にもいくつか種類があり、コップのように横から入れなくてはいけないネティポットタイプ(鼻ヨガ用)と、立ったままでもできるようになっている初心者向けのものがあります。横から入れるタイプのものは入る量を調節しにくいので、注意しましょう。

特に花粉症で鼻が詰まっていると、コップで鼻に水を入れようとしてもなかなか入りません。専用のノズルタイプの鼻うがいの容器であれば、ビュッと押し流すこともできるので使いやすいです。

慣れてきたら、コップに入れた生理食塩水を鼻からストローで吸うという方法もあります。ストローが活用できるようになるととても手軽に鼻うがいができるのですが、慣れるまでは専用容器を利用することをお勧めします。

鼻うがいの専用容器によっては、水で溶かすだけで生理用食塩水が作れる塩のセットが付いているものもあり、初めての方にはとても便利です。

鼻うがいはお風呂で

鼻うがいに慣れていないと、かなりの量をこぼしてしまったり、口に降りてきた水を強く吐き出してしまうことがあります。特に花粉症の場合は、すでに鼻が詰まっていて、呼吸がしにくいので、鼻うがいもやりにくいのです。

鼻うがいを行うなら、全身がぬれてもいいようにお風呂で行うことをお勧めします。慣れてきたらストローを使って洗面所で行えるようになります。

花粉症で鼻が詰まっていると、なかなか水が入らないという人もあるかと思いますが、やっているうちにコツがわかり、スッと入ってくることがあると思います。あとはその日の症状の程度を見ながら、鼻うがいを続けてみましょう。

覚えておきたい鼻うがいの3つの注意点

鼻うがいのやり方はそれほど難しいものではありません。しかし、鼻の粘膜に直接影響する方法のため、注意すべき点があります。簡単だからこそ、注意を守って行いましょう。

  • 鼻うがいを行う容器や水は清潔なものを
  • 鼻に入った水は自然に抜けるのを待つこと
  • 無理に鼻をかまないこと

鼻の粘膜を洗い流す鼻うがいで、水や容器にばい菌が入っていると、別の病気になる可能性があります。また、鼻に入れた水は自然に通って、反対の鼻や口から出るのが理想的です。奥に入ってしまった水をむりに取ろうとすると、耳の方へ影響し中耳炎になることもあります。鼻うがいの後は自然に水抜けるまで、しばらく休んでおきましょう。

ハナノア 洗浄器具+専用洗浄液 300ml(鼻洗浄)
小林製薬 (2006-03-27)
売り上げランキング: 791

まとめ:注意を守って鼻うがいで快適な生活を

花粉症で鼻づまりが起こると、息苦しさだけでなく、食事がしにくいなどの生活の質が落ちてしまいます。鼻うがいは手軽にできる方法ですが、安易に行うことで余計に症状が悪化する場合もありえます。花粉症改善のために鼻うがいを行うなら、できるだけ使い勝手の良い専用容器を利用することがとても大切です。無理な姿勢で行うのではなく、負担も少なく、鼻の奥に残りにくい快適な鼻うがいで、花粉症を改善させましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment