花粉症による鼻水を改善する対策にお勧めしたいBスポット治療について

ティッシュとる女性

花粉症による鼻水や鼻づまりの対策は、マスクや薬といった対処治療を行っている人がほとんどではないでしょうか。花粉症の鼻水でお困りの方に、根本的な改善につながる対策としてお勧めしたい治療法があります。専門の病院だけで行われる治療法で「Bスポット治療」と呼ばれるものです。鼻の奥にある炎症にアプローチするこの治療法は、花粉症による鼻水だけでなく、副鼻腔炎やその他のアレルギー症状などを改善させる可能性もあります。花粉症の鼻水に対して、根本治療としての対策を行うために、Bスポット治療についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

花粉症による鼻水は、炎症への対策で症状が軽くなる

鼻かむ女性

花粉症で鼻水が出るのは、単に入ってきた花粉を流すためだけではありません。花粉症もアレルギーの一種であり、体内の免疫反応の異常によって起こるものです。また、花粉症が起こる体質が厳密にわかっているわけではありません。しかし、そんな花粉症の症状で、特に鼻水がつらい方の多くが、鼻の奥に炎症が起きている可能性が高いことがわかっています。

上咽頭の炎症が、花粉症の鼻水を悪化させる

鼻の奥の部分に、上咽頭と呼ばれる部分があります。その場所は、鼻と喉がつながった場所であり、耳鼻科でもチェックしにくい場所です。上咽頭は鼻から喉にかけてカーブを描いており、鼻から入ったウイルスや細菌が表面にくっつきやすい場所です。常に免疫活動が行われ、炎症が起こりやすくなっています。上咽頭は体の免疫システムに大きな影響を与えている場所だといわれており、慢性的な炎症があることで、アレルギーが起こりやすくなってしまうのです。

上咽頭炎は見つかりにくい

慢性上咽頭炎、または鼻咽腔炎と呼ばれる症状は、耳鼻科咽喉科の教科書にも出てこないそうです。しかし、50年前には日本で研究が行われており、その治療を行う病院も多かったようです。しかし、健康保険による点数が低く、治療をビジネスとして行う対価が低いため、徐々に行う病院が少なくなってしまいました。

上咽頭炎を見つけるためには、ファイバースコープを使い、実際に上咽頭の粘膜の状態を確認する必要があります。経験のある専門医による診断と、適切な治療を行ってくれる病院を探しましょう。

花粉症の鼻水が軽くなるBスポット治療とは

花粉症のつらい鼻水も、上咽頭への対策を行うことで症状が軽くなったという例も沢山あるようです。実際に、上咽頭に炎症が起こると、鼻水だけでなく、めまいや頭痛、肩こりなどの症状や、関節リウマチ、自律神経失調症なども引き起こしやすいことがわかっています。治療によって花粉症だけでなく、その他の不調が改善する可能性があります。

Bスポット治療とは

Bスポット治療とは、炎症が起きている上咽頭に塩化亜鉛を直接塗るという治療法です。方法はとてもシンプルですが、塩化亜鉛は劇薬指定をされているため一般では入手できません。また、塗った時に痛みがあったり、出血する場合もあります。炎症の度合いによって、治療による不快感が起こりますが、続けて治療を行うことで、鼻の奥がすっきりし、花粉症の症状が緩和しやすくなります。
花粉症があり、肩こりや目の奥の痛み、自律神経の不調を感じる人にとっては、かなり有効な対策となるでしょう。

Bスポット治療に行けない場合の花粉症の鼻水対策は

Bスポット治療を行っている病院は全国でもそれほど多くありません。そのため、定期的に治療を受けられない場合もあります。その場合は、自宅で行える上咽頭炎対策を行いましょう。

  • 鼻うがい
  • 口呼吸改善のためのあいうべ体操

鼻うがいとは、生理食塩水などを使って鼻に水を入れ、反対の鼻や口から出すという鼻の洗浄方法です。自宅でも簡単にできるのですが、花粉症で鼻水が詰まっていると、やりづらいかもしれません。鼻が通っている時に行うようにしてください。

また花粉症の場合、鼻がつまり、口呼吸になりやすくなります。口呼吸になると、上咽頭のような免疫の影響がある場所を通らずに、空気中のウイルスなどが体内に入ってしまうため、感染しやすくなってしまいます。花粉症だけでなく、身体にとって負担が大きいので、できるだけ鼻呼吸をしたいものです。

鼻呼吸を習慣にするための体操として「あいうべ体操」があります。あいうべ体操は、あ、い、う、としっかり口を動かして、最後に、ベーと言いながら舌を出す体操です。舌をしっかり出すことで、舌の筋肉を鍛えることができます。

鼻うがいもあいうべ体操も手軽にできる方法です。Bスポット治療と並行して行えますので、ぜひ試してみてください。

よくわかる最新療法  病気が治る鼻うがい健康法  体の不調は慢性上咽頭炎がつくる
堀田 修
角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 2,615

まとめ:花粉症の鼻水対策は根本となる炎症を改善する

花粉症は治りにくいものであり、体質なども関わります。しかし、鼻水という症状を対策する時、鼻の奥の炎症にアプローチすることで、鼻づまりなどが解消されやすくなります。鼻は免疫と大きく関係する場所であることを理解し、鼻の炎症を治療することで、花粉症の鼻水を改善し、根本からの対策として取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment