辛い花粉症を何とかしたい!アロマテラピーで簡単花粉症対策

アロマ

 
また花粉症の時期かと憂鬱になっているあなた。目の充血・かゆみ、くしゃみ・鼻水・鼻づまりと、「花粉症」の症状はさまざまです。精神的にイライラすることも多く、集中力もなくなってストレスも倍増します。そこで、花粉症対策としてオススメなのが「アロマテラピー」です。

こちらでは、アロマテラピーでできる簡単花粉症対策をご紹介します。

スポンサーリンク


花粉症とアロマ

アロマテラピー

アロマ

アロマテラピーで使うエッセンシャルオイル(精油)は、自然の香りとその成分の持つ作用で、炎症そのものと心の両面からケアしていく方法として注目されています。香りは鼻粘膜の嗅上皮から大脳辺縁系と言うところに直接伝わります。この大脳辺縁系は本能や情動を司る場所ですので、香りを嗅いだことで脳が直接体の各部に指令を出しアロマテラピーの効果が発揮されます。なので、身体的には鼻が詰まっていても香りが全く判らなくてもアロマテラピーの効果は得られるそうです。

花粉症に効くアロマは

スギの花粉などの異物が身体に入ると、身体を守るための免疫が働きます。花粉症の方はこの免疫の作用が過剰になっており、気管支や目・鼻の粘膜が過度の炎症を起してしまうのです。アロマオイルの中には、この粘膜の炎症を抑え免疫細胞の働きを整える成分 1,8シネオールを多く含むオイルがあります。この成分は、細菌やウィルスの増殖を抑制し、感染症予防などの効果もあります。ユーカリ•ティートリー•マートル•ローズマリーなどがこの成分を多く含んでいます。

ユーカリ、ティートリーどちらも刺激が強いので、原液をそのまま顔の近辺につけるのはよくありません。特にユーカリ・グロブルスは少々刺激が強いので呼吸器系の弱いかた、小さなお子さん、動物などには向きません。また、花粉症対策として、使用するときにも、アロマの香りで気分が悪くなったら、すぐに使用を中止しましょう。即効性は期待できませんので花粉症シーズンに突入する前から使用するのが賢い使い方です。花粉症対策でアロマを使用する利点はリラックス効果にありますので、自分にあったにおいのものを使うのが一番いいでしょう。

妊娠中にはアロマは注意

妊娠期にはよくないアロマオイルがあります。ラベンダー/グレープフルーツ/イランイラン/カモミールローマン&ジャーマンなどが禁忌とされます。使用する前はよく調べる、医師に相談する等の確認をしてください。

アロマで花粉症対策

鼻水・鼻づまりを抑えるには

花粉症のいちばんポピュラーな症状、鼻水・鼻づまりを抑えるには、ユーカリ、ティートリー、ペパーミントが有効です。特に、ユーカリとティートリーは殺菌効果も高いので、アロマポットなどの芳香器で室内の浄化もできます。外出するときには、ハンカチやマスクに一滴たらして吸入すると効果的です。

目がかゆいときには

花粉症の目のかゆみには、ローマンカモミール、ラベンダーがオススメです。特に「冷湿布法」は簡単にできて、効果も期待できます。洗面器などに水をはってオイルを1~3滴入れ、タオルにしみこませて目の上に湿布しましょう。

頭が重く感じる時には

鼻水がたくさん出たり、鼻が詰まっていると頭が重くなり、肩や首のこりがひどくなる場合もあります。こういった症状には、ラベンダー、ティートリー、ローマンカモミールのオイルがオススメです。お風呂にオイルを3~6滴たらして入浴すると、ストレス解消、気分リラックスに加え、精神的な安定、花粉症に対する免疫力アップの効果があります。ゆっくりと香りを楽しんで、倦怠感や抑うつ感情もリフレッシュしましょう。

アロマポットがない時には

器具がなくても簡単にできる蒸気吸入という方法もあります。ガラス容器や陶器製のマグカップなどに熱湯を注ぎ、そこへティートゥリーのエッセンシャルオイルを1滴。立ち上る湯気を少しずつ吸い込みます。咳が出やすい人はあまり蒸気を近づけすぎないようにしましょう。

手作りアロママスクを作る

市販のものだと高いですが、自分でアロママスクを作る事が出来ます。アロマスプレーを作って市販の安いマスクに吹き付けるだけ。

手作りアロマスプレーの材料

  • 無水エタノール
  • 精製水
  • アロマオイル

これらを混ぜて、100円ショップで売られているスプレー容器に移し替えましょう。ペパーミント等の精油の場合原液を使用すると、刺激が強すぎるので注意してください。

まとめ:アロマで花粉症対策

花粉症は、心身ともにやる気の低下や倦怠感をもたらします。アロマは自然の香りとその成分の持つ作用で、炎症そのものと心の両面からケアしていく方法として注目されています。副作用の心配もなく、手軽にとりいれることができます。おさらいしておきましょう。

対策方法

  • 鼻水・鼻づまり:アロマポット、ハンカチに数滴
  • 目のかゆみ:冷湿布法
  • 頭が重い:お風呂に入れる

この記事を参考に、アロマで少しでも快適な日々を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment