賛否両論、花粉症治療薬「アレグラ」のメリットとデメリット

花粉症の女性

花粉症治療薬の一つとして使用されているものとして「アレグラ」という治療薬があります。アレグラは花粉症治療薬として非常に多く処方・利用されていますが、実はメリットとデメリットがあります。

アレグラのメリット、デメリットとはどのような点なのでしょうか。本稿では花粉症のメカニズムを簡潔に説明したあと、アレグラのメリットやデメリットなどについてまとめていきます。

スポンサーリンク

そもそも花粉症のメカニズムとは

鼻をかむ女性

日本人は花粉症を患う方が非常に多いと言われます。おおむね、全人口の4分の1が花粉症の症状を持っています。そもそも花粉症はどうして起きるのでしょうか。

花粉症発症のメカニズムは以下のようになっています。

花粉症が発症する場合、まず、体内に異物が入ってきます。花粉症の場合には、すぎやひのきの花粉が異物にあたります。体に異物が入ってくると、これに対抗する物質として「抗体」が生成されます(専門的にはIgE抗体と呼ばれます)

抗体は再度、体に花粉などの混入を感じると体から花粉を排除しようと作用します。
具体的にはヒスタミンと呼ばれる化学物質を分泌して異物である花粉を体から排除しようと作用します。

そして、異物である花粉を排除するプロセスでくしゃみや鼻水、涙などの花粉症の諸症状が出ることになります。

つまり、花粉症は一種の体内防衛システムということができるでしょう。異物である花粉を追い出すための作用としてくしゃみや鼻水、涙などが出ることになります。

しかし、花粉症の症状は大変辛いものであることも事実です。そこで花粉症の症状を抑えるためにさまざまな薬が開発されていますが、そのうち、前述しましたヒスタミンという化学物質の分泌を抑えることで花粉症の症状を緩和するというタイプの薬があります。

このようなタイプの薬を抗ヒスタミン剤といい、アレグラが非常によく知られている抗ヒスタミン剤の一つです。

アレグラのメリット

アレグラは花粉症その他のアレルギー症状に効果があり、花粉症治療のために処方されることが多い薬です。

アレグラの最大のメリットといえるのは、抗ヒスタミン剤の中で、眠気をもよおすことが非常に少ないという点と言えます。つまり、副作用が少ないという点です。

花粉症対策の薬は副作用としてどうしても強い眠気という副作用が現れてしまいやすいという特徴があります。しかし、アレグラは、「第2世代抗ヒスタミン剤」と呼ばれるもので、
眠気という難点を克服したタイプの花粉症治療薬として開発されました。

そのため、アレグラは、飲んでもあまり眠気が生じないという点が大きなメリットとして挙げられます。

アレグラのデメリット

一方で花粉症対策としてアレグラを利用される場合には、いくつかのデメリットもあります。

まず、アレグラは副作用が少ないということの反面として、やや効果が弱いという側面があります。そのためアレグラを服用してもあまり花粉症が改善されないという方もときにはおられます。

次に、アレグラは、やや薬の費用(単価)が高めであり、コストがかかるということもデメリットです。第2世代抗ヒスタミン剤として新しく開発されたため、やや薬の単価が高めであり、継続して服用する場合、やや費用が高めになってしまうというデメリットがあります。

アレグラのデメリットの克服

このように、アレグラには、効果がやや弱目であったり、費用が高いなどのデメリットが挙げられました。一部の耳鼻科医などからはアレグラは花粉症の治療薬としてはあまり好まれない傾向すらありました。

しかし、アレグラのデメリットも「使い方次第」であったり、あるいは、デメリットの克服などもされています。

まず、効果が比較的弱いということは、副作用として眠気が生じないことと表裏一体ですので、交通関係のお仕事をされている方にはとても有効に使用することができます。例えば、トラックの運転をされる方、バスの運転をされる方が仕事中に眠くなってしまっては大変ですが、そのような事態を回避することができます。

また、費用の面についても近時はジェネリック医薬品が発表されており、これまでよりも4割程度安い価格で利用することができるようになっています。

このように、アレグラは用途や費用等の面で非常に使いやすいものとなっているということができます。

まとめ:アレグラは使いやすくなっている

以上、本文で述べました花粉症の治療薬・アレグラのメリットとデメリット、そしてデメリットの克服の特徴をまとめますと以下のようになります。

  • アレグラのメリット-抗ヒスタミン剤の中では、眠気を中心とした副作用が生じるおそれが少ないといこと
  • アレグラのデメリット-副作用が少ない分、効果があまりないという方もおられること、単価が高いということ
  • アレグラのデメリットの克服-効果が弱めの点は、交通関係で働かれる方などにとってはむしろメリットであること、費用の点についてはジェネリック医薬品により相当抑えられてきていること

このような過程を経てアレグラは近時、非常に使いやすい花粉症治療役の一つとなっているということができます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment