花粉症の処方薬で知られるアレロックの特徴

ラマ

日々花粉症でつらい症状を抱えながら過ごすのは大変ですね。何をするにも気力が伴わないし、集中力も極端に低下します。仕事をするにも家事をこなすにも健康で元気に打ち込むことができるというのは本当に幸せな事です。

そんな花粉症の処方薬として知られているアレロックですが、この薬にはどんな効果があるのでしょうか?また、その副作用とはどんなものなのでしょうか?今回は、アレロックの特徴について詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アレロックってどんな薬?

まずはアレロックという薬はどんなものなのかについて見ていくことにしましょう。

アレロックの成分

薬

アレロックというのは抗アレルギー薬剤の薬品名ですが、その成分名は正式にはオロバタジン塩酸塩というものです。この成分はヒスタミンに大きく関わることでその効果を発揮します。

体内にはヒスタミンという物質がありますが、免疫機能が働くとヒスタミンが抗原と結合します。正常に働くとこれらの抗原を穏やかに排除するのですが、この働きが過激に起こることでいわゆるアレルギーしょじょうになります。

アレロックの成分であるオロバタジン塩酸塩はこの抗原と結合したヒスタミンをブロックすることで、急激なアレルギー症状の発症を防ぐという事が確認されています。

アレロックの効果

アレルギー症状を引き起こす原因には抗原がつきものですが、この抗原に対して免疫機能が過剰に反応することでその症状を発症します。

その書状には様々なものがありますが、アレロックに認められている効果には、アレルギー性の鼻炎・アレルギーによる皮膚の疾患(湿疹や蕁麻疹)・紅斑症・疥癬などがあります。特に効果があると言われているのが鼻炎に関する症状です。いわゆる鼻づまりや鼻水の事です。

また、アレロックには炎症性の化学伝達物質がむやみに暴走するのを抑制する効果があり、このことが関係しているアレルギー症状の発症を抑えることができるわけです。

アレロックのメリットとデメリット

では、アレロックの特徴を見たところでこの処方薬のメリットとデメリットについて見ていくことにしましょう。

メリット

アレロックが花粉症などのアレルギー症状に効果があるという事はもうお分かりいただけたと思いますが、実はそれ以外にもアレロックをアレルギー薬として使う上でのメリットがあります。

実はこういったアレルギー反応などの生体反応を制御する目的の薬というのは、その強い効果と同時に重大な副作用を引き起こす可能性が指摘されています。主に第1世代薬品はその副作用がとても強く、処方の際には医師の判断が必要となります。

アレロックは第2世代薬品として分類されていますが、この大2世代薬品というのは比較的副作用が出にくくもし出たとしても重大な副作用はほとんど認められていないものを指します。

もちろんアレロックも生体反応をコントロールする薬ですので、全く副作用がないわけではありませんが、比較的安心して使う事ができる薬だという事が大きなメリットと言えるわけです。

また、アレロックは平成24年12月からジェネリック医薬品として販売されるようになりましたので、それまで薬価が高く頻繁に入手できなかった場合でも手軽に購入しやすくなったのもメリットの一つです。

病気や疾患の治療に欠かせない薬ですが、医者に処方箋を書いてはもらったもののその薬価が高すぎて薬を飲んでいないという人もいないわけではありません。ジェネリック医薬品というのは同成分で同様の効果を持つ新薬が低コストで量産されるようになると販売されるようになります。

このジェネリック医薬品の登場で医療費が格段に下げることができるようになっている疾患も数多くあります。とりわけ花粉症の患者数は日本の場合人口の数割にも及ぶと言われていますから、大勢の人がそのメリットを受けることができるというわけです。

デメリット

アレロックのデメリットには先述の副作用があります。第2世代医薬品のアレロックには重大な疾患に発展する可能性がある副作用はないと言われていますが、主な副作用として眠気があります。この眠気を感じるのはかなりの個人差があることが確認されていますが、中にはどうしても眠気を我慢できない場合がある人もいます。

運転をする機会が多い場合や危険を伴う作業をする場合にはアレロックの副作用が自分には起きるのかどうかを知ってから服用するようにしておきましょう。

また、ごく稀に副作用で肝機能障害を引き起こす可能性もあると言われていますが、この副作用については殆ど報告がないと言われています。他の処方薬を常用していなければまず心配はないという事です。

ただし、アレロックの使用を禁じる場合があります。このアレロックに含まれる成分が体に合わなかったという経験がある場合です。アレルギー反応は人によって様々な抗原や特徴を抱えていますから、このアレロックの成分が体に合わないという人もごく稀にいるわけです。

このような場合にはアレロックの服用を控えて別の処方薬には何がいいのかをきちんと医師に相談するようにしましょう。

アレルシャット 花粉イオンでブロック 160回分
フマキラー (2012-11-13)
売り上げランキング: 115

まとめ:アレロックは花粉症に効果あり

花粉症以外にもアレルギー反応をコントロールする処方薬として知られているアレロックですから、その効果はすでに既知のものですがつらい花粉所の症状を抑えてくれるありがたい処方薬だという事が言えます。

アレロックを服用する際にはメリットとデメリットをよく理解して、副作用の居眠りで大変なことにならないように上手に服用することを心がけるようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment