花粉症は春だけじゃない!秋の花粉症の原因と対策

秋

 

国民病とも言ってもいいくらい多くの人が悩まされる花粉症。春になるとみんなマスクをしているようなイメージさえありますよね。しかし秋にも花粉は飛んでいます。春のスギ花粉とは違ってややマイナーな秋の花粉症。かといって症状が控えめなわけではありません。けれど対策によっては軽く済ませることもできそうです。

こちらでは、秋の花粉症の原因とその対策についてご紹介します。

スポンサーリンク


秋の花粉

秋の花粉症の原因

秋空

夏から秋にかけて、目のかゆみやくしゃみ、鼻水など、花粉症の症状が出たら、その原因は「草本花粉」かもしれません。草本花粉とは、イネ科やキク科、ブタクサ属などの、背が低い、いわゆる雑草の花粉です。

ブタクサ
キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。高さ1mくらいの雌雄同株の風媒花で野原、道端など全国的に見ることができます。日本ではスギ、ヒノキについで花粉症患者が多いとされていて、症状はスギ・ヒノキ花粉症と同様、鼻や目の症状が起こります。ブタクサはどこにでもあるので、近所に畑や河川敷がある場合は特に注意しましょう。

カモガヤ
イネ科の植物。花粉の飛散時期は5~8月で、夏の花粉症の代表格となっています。牧草として栽培され、道端や河川敷にも生息します。スギ・ヒノキ花粉症と同じような鼻の症状、目の症状に加え、皮膚のかゆみなど全身症状が出やすいことが特徴です。

ヨモギ
キク科・一年草。飛散時期は8月~10月。汁物、天ぷらなどの食用、薬用としてもふだんから馴染みの深い草。夏から秋にかけて、茎が伸び、目立たない花を咲かせます。いたるところで見ることができ、秋の花粉症ではブタクサについで多いです。

カナムグラ
アサ科・一年草。飛散時期は8月~10月。道端や野原などの日あたりの良い場所などで見ることができます。雌雄異株のつる植物で茎から葉にとげがあり、木や電柱等に絡みつくのが見られます。

秋花粉の特徴

スギやヒノキなどの花粉は高い木から風に乗って数10kmも飛散しますが、秋花粉の草本植物は丈が低く、花粉は数10mの範囲にしか広がりません。そのため、その植物が生えている場所に近づかなければ、かなり花粉を避けることができます。花粉が飛散していない時期に、それらの植物が生えている場所を確認しておきましょう。

秋の花粉症の対策

すでに花粉症でお悩みの方はもちろんですが、この時期、花粉を鼻からたくさん吸い込んだり、目に入ったりして花粉症になることも考えられます。花粉にあまり接しないようにふだんから対策をとっておくことが大事です。

予防と対策

秋の花粉症対策ですが、花粉が鼻、口、目などの粘膜に吸着しないようにするというのが原則です。とはいえ、花粉をまったく避けることはできませんので、花粉症にかからないための予防はしておきましょう。

帽子、マスク、眼鏡
外出する際には、髪の毛に花粉がつかないように帽子を被ったり、吸い込まないように花粉マスクをして外から侵入する花粉をしっかりガードしましょう。さらに花粉が入らないようにサングラス、花粉症対策めがねをかけると良いでしょう。また抗アレルギー剤を点眼する予防点眼も効果があります。

洗顔と保湿
帰宅したら洗顔、うがいをして肌についた花粉をしっかり落としましょう。皮膚も花粉で荒れやすくなるのでしっかり保湿をすることも大事です。低刺激のスキンケア商品を使用すると安心ですね。

服にも注意
衣服についた花粉は、花粉を引き離すシートや花粉ガードスプレーが除去するのに役立ちます。衣服ならポリエステルなど表面のつるつるした化学繊維のものには花粉が付きにくく、毛織物はつきやすいです。室内に持ち込まないようにしっかり落としてから家に入りましょう。

お茶を飲む
甜茶は花粉症対策として抗アレルギーに効果があるといわれています。甜茶の成分の甜茶ポリフェノールがヒスタミンの分泌をおさえ、花粉症などのアレルギーに良いといわれています。他にもべにふうきやシジュウム茶など、効果があるといわれているお茶があるので毎日の水分補給に取り入れましょう。

秋花粉対策

まず原因となる植物に近づかないこと。通勤時に雑草が多いところは、なるべく迂回したほうがいいです。また土手などの散歩やジョギングは避けましょう。風向きにも注意して、なるべくブタクサなどが自生している場所の風下を通らないほうがいいでしょう。

ブタクサの花粉は早朝から午前中にかけて、多量に飛散する傾向にあります。晴れた日が続きさらに雨量が少ないと特に注意が必要です。そのような日は、ブタクサなどが近くに生えているところにある家の窓は、換気を避けたほうがいいでしょう。出来るのならシーズン前に除去しておきたいものです。

超立体 マスク花粉用 やや大きめ 30枚
ユニチャーム (2007-01-20)
売り上げランキング: 6,177

まとめ

「秋の花粉症」も要注意です。一般的に花粉症というとスギ花粉を連想する人が多いかと思いますが、秋の花粉にも用心しなければいけません。おさらいしておきましょう。

秋の花粉

  • ブタクサ
  • カモガヤ
  • ヨモギ
  • カナムグラ

秋花粉の草本植物は丈が低く、花粉は数10mの範囲にしか広がりません。そのため、その植物が生えている場所に近づかなければ、かなり花粉を避けることができます。シーズン前から注意しておくとずいぶん予防できますね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment