6月に起きる花粉症の4つ原因と3つの対策

大学

花粉症はほとんど一年中起こりますので、もちろん6月にも花粉症に悩まされる方は多いことでしょう。6月は雨がたくさん降りますので、花粉はあまり飛散しないように感じるかもしれません。また花粉症を引き起こす代表的な植物であるスギやヒノキの花粉の時期はほとんど終わっているので、花粉症の被害が少ないように感じるかもしれません。

しかし、6月だからと言って油断してはいけません。6月にも飛散する花粉はありますし、それによって花粉症になってしまう方も多くいるのです。花粉症はある一定の量の花粉が体内に蓄積されることによって発症します。ですから、今は花粉症になっていない人も、しっかり予防していないと将来花粉症に悩まされる可能性が高くなります。6月だからと言って花粉症に対する注意を怠らないようにしましょう。

また花粉の飛散量は雨が降った翌日によく晴れて風が強くなる場合に増える、と言われています。6月は雨の多い季節なので花粉の飛散量が増えることも予想されます。この点から考えても、6月に花粉症に対する注意を怠るべきではないことが分るのではないでしょうか?

この記事では、6月に飛散する主な花粉と、その対策方法ついてご紹介してみたいと思います。参考にしてみてください。

スポンサーリンク

6月に飛散する花粉症を引き起こす花粉

大学生

ではまず、6月に飛散する花粉症を引き起こす花粉の種類を幾つかご紹介してみたいと思います。どのような植物が原因となるのかをしっかり覚えておき、効果的に花粉症対策を行ないましょう。

6月に飛散する花粉症を引き起こす花粉その1:カモガヤ

カモガヤというのはイネ科の植物です。牧草として用いられることもありますが、全国各地に分布している雑草の一種です。カモガヤは、4月から7月にかけて花粉を飛散させます。スギやヒノキの花粉が終わった6月に花粉症になる場合は、この花粉が原因の可能性があるでしょう。

6月に飛散する花粉症を引き起こす花粉その2:オオアワガエリ

オオアワガエリも6月頃に花粉を飛散させる植物です。雑草の一種で寒い地域によく見られる植物です。この植物も牧草として栽培されることがあります。イネ科のこの植物は別名チモシーとも呼ばれ、現在では広く野生化しています。

6月に飛散する花粉症を引き起こす花粉その3:ホソムギ

ホソムギも本来は牧草として栽培されていた植物です。イネ科に属するこの植物も6月頃に花粉を飛散させます。現在ではこのホソムギは広く野生化しており、道端や空き地などにたくさん生息しています。

6月に飛散する花粉症を引き起こす花粉その4:ヒメスイバ

ヒメスイバはタデ科の多年草としてよく知られています。この植物も6月に花粉を飛散させる植物です。料理の酸味付けやチーズの凝固剤として使用されることがある植物です。全国の田んぼや畑、荒れ地などに生息しています。6月にはこの植物による花粉にも注意する必要があるでしょう。

花粉症予防のために行えること

ここまでで、6月に花粉症を引き起こす花粉を飛散させる植物についてご紹介致しました。6月に花粉を飛散させる植物は、そのほとんどが全国各地に生息している植物であることが分るのではないでしょうか?

では、6月に花粉症にならないようにするために、どのような対策を行なうことができるでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

6月に花粉症対策として行なえることその1:花粉症の原因となる植物を回りに置かない

6月に花粉症になる原因がイネ科の植物であるなら、自分の周りにイネ科の植物を近づけないようにすることが大切です。イネ科の植物の花粉は飛散する距離が短いため、花粉症の原因となる植物が家の周りに生息している可能性があるからです。可能な限りそれらの植物を取り除くことによって、6月の花粉症を予防することができるでしょう。

6月に花粉症対策として行なえることその2:マスク

当たり前のことかもしれませんが、6月に花粉症になるのであれば花粉を吸い込まないようにマスクを着用しましょう。蒸し暑い6月にはマスクをしたくないと思われるかもしれませんが、最近では通気性の良い物や、眼鏡が曇りにくい物も販売されていますので、着用しやすいマスクを見つけて花粉症対策を行ないましょう。

6月に花粉症対策として行なえることその3:予防薬

花粉症の予防として予防薬が使用できる場合があります。6月の花粉症になるのであれば、自分がどのような植物によって花粉症になっているのかを検査してもらい、可能で有れば予防薬を処方してもらいましょう。予防薬を飲むのであれば、5月の終わり頃から飲んでおく必要があるでしょう。

まとめ:6月の花粉症に対する警戒を怠らないようにしましょう

この記事では、6月に起きる花粉症の原因と、6月に起きる花粉症に対する対策方法をご紹介致しました。参考にしていただけたでしょうか?

6月には花粉はあまり飛散しないイメージがあるかもしれませんが、6月に飛散する花粉はたくさんあります。6月に花粉症になるならその原因をしっかり突き止めて、適切に対処しましょう。是非この記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment