ジュニア布団の落とし穴と選び方のポイント

広告ロゴ
こども

 

そろそろベビー布団を卒業。さあ新しいのを買おうと思っているパパママ、何を買うかお悩みではないですか。順当に行ったらジュニア布団ですが、意外とすぐに大人用が必要になるかもしれません。さらに親たちがベッドで寝ているなら、ベッドを検討することも考えないといけませんよね。

こちらでは、ジュニア布団の選び方のポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

子供と布団

ベビー布団はいつまで

赤子

せっかく買ったベビー布団が、いつまで使えるのか気になるところですよね。個人差はありますが、小学校入学前くらいまで使えます。ベビー布団の長さが120cmなので、身長が100cmを超える位までは敷布団からはみ出ません。ただし、寝相が悪いお子さんならちょっと話は変わってきます。早めに切り替えた方が良さそうです。

ジュニアかシングルか

さて、ベビーの次だからジュニアと考えると思います。しかしジュニア用二段ベッドを使っている場合以外は大人用サイズがおすすめだそう。ジュニア用の二段ベッドは柵などがあるので、ジュニアサイズの布団でないといけませんが、フロア敷きで寝ているならジュニアサイズにする必要はありません。

ジュニアサイズの場合、カバー類があまり売っていませんし、キャラクターものばかりなので値段も高めです。その上サイズはあまり変わらないのが本当のところ。大人用のサイズの方が手軽に見つかるし、価格も安めのものがたくさんあります。また、キャラクターの柄ばかりに目がいって、中身の素材が化学繊維の布団が多い点も注意が必要です。

布団のサイズ

  • ベビー布団のサイズ:敷布団70×120cm、掛け布団95×120cm
  • ジュニア布団のサイズ:敷布団90×180cm、掛け布団130×180cm
  • 大人用シングルサイズ:敷布団100×210cm、掛け布団150×210cm

掛け布団の素材

  • 羽毛:体にフィットして暖かく、軽い。価格帯が高いのが難点
  • 羊毛:保温性が木綿や化繊の布団よりも良く、又放湿性も良い。価格がお手頃
  • 化繊(ポリエステル):ほこりがでにくい。安価。汗を吸わないので蒸れやすいのが難点

ジュニアの特徴

幼児はまだ骨がしっかりしていません。寝ている間によく動き回り、新陳代謝が盛んで、汗っかきです。まだおねしょをすることもあります。ベビーと同じく、吸湿発散性が良いものでないといけません。敷き布団も少々硬めのものがよいそうです。また、おねしょ対策として、タオルシーツなどの下に防水シーツを敷くと安心です。

アレルギー対策

アレルギーを持つ子どもが増えています。アレルギーの原因には、花粉、ハウスダスト等があります。対策としては寝具の素材自体をダニの餌とならないものにすることが重要です。また、寝具をひんぱんに洗濯をして、まめに干すなど湿気がこもらないようにすること、干した後に掃除機をかけると良いようです。

ジュニア布団の選び方

選ぶポイント

組布団はNG
まずキャラクターの組布団はやめておきましょう。質の悪い化繊のものが多く、見過ごしがちです。

サイズはよく考えて
寝相が悪い子や成長が早い場合、短期間で使わなくなるかもしれません。長く使うことを考えて大人用サイズを検討しても。ただ、長い分重くなりがちなのも念頭に入れて選びましょう。

アレルギー
また、アレルギーの有無も重要です。アレルギーをお持ちであれば、アレルギー対応のものを選びましょう。

おねしょ
意外な盲点ですが、まだまだおねしょをする場合もあります。おねしょをするのなら洗えるものを選びましょう。また、もどしやすい体質ならば、洗えない羽毛は最初から避けた方が良さそうです。

軽さ
あまり重いと寝返りを妨げます。寝しなに蹴飛ばして、重くて引っ張れずそのまま寝冷えというパターンにも。

オススメのジュニア布団

ウォシュロン 洗える布団 掛敷布団 布団セット ジュニアサイズ
ふとん工場サカイ
売り上げランキング: 129,854

中綿ウォシュロン100%。ウォシュロンはふんわり柔らかく、軽い素材です。クッション性に優れ、復元力があります。丸洗いしても硬くならず、風合いも変わらず、いつも清潔にお使いいただくことが出来ます。

日本製/洗える羽毛の肌掛布団ベビー&キッズ100x130cmフランス産ダックダウン95%
ベビー布団専門店よくねる
売り上げランキング: 6,205

羽毛なのに洗濯機で洗えるのが魅力。通常は陰干しで湿気をとばせばOK。特に汚れた場合は、洗濯機で丸洗いできます。国内提携工場で製造しているから安心。春や秋の掛布団に最適です。冬場も他のお布団と重ねて使えるので、年間を通して重宝します。100 x 130 x 5 cmで小学2年生くらいまでは使えます。

スリーパーも検討して

あまりにも寝相が悪いようならスリーパーがおススメです。いわゆるガーゼタイプやフリースタイプだけでなく、ダウンのスリーパーが人気。薄い肌掛けを掛けてあげると良いでしょう。

可愛いリラックマのダウンスリーパーです。寝相の悪いお子様にもこれなら布団を蹴っ飛ばして風邪を引くなんてことも無し。大きくなったら、ベスト代わりにもなります。便利な前開きファスナータイプです。軽い上に温かく、洗濯可。

日本製 ジュニアサイズ 敷き布団 (1枚で1 )
株式会社 赤堀
売り上げランキング: 19,971

まとめ:ジュニア布団の選び方

子供にとって睡眠は大事です。ベビーを卒業したら布団も変えてあげましょう。しかし意外といろいろな選択肢があって悩むもの。子供に合ったものを選びたいものです。おさらいしておきましょう。

  • キャラクターの組布団は避けたい
  • サイズはシングルも検討して
  • アレルギー
  • おねしょ
  • 軽さ
  • スリーパーもオススメ

子供は10時間もベッドで過ごします。良い睡眠を得られるように布団を選んであげてくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。