イライラして眠れないときに効果的な7つのツボ

イライラして眠れない男

眠れない時の理由に、何だかイライラして眠れないということがあります。このような時にいくらリラックスしなさいと言われても自分ではどうしようもないという時もあります。そんな時におすすめなのが、ツボ押しです。

そこで、イライラして眠れない時に効果的な7つのツボです。心が落ち着かないときや、どんな方法を試しても眠れない時には、これらのツボを試してみてください。

スポンサーリンク

イライラして眠れない原因

イライラしている女性

イライラして眠れないという状態の原因は、毎日のストレスの積み重ねが多く考えられます。イライラは、自律神経が乱れることで起こりますので、寝る前にはリラックスして過ごすことが大切です。

イライラして眠れない時には、神経伝達物質であるセロトニンの分泌を促進させると効果的です。セロトニンは、脳の興奮を緩やかに抑え、精神を安定させる働きがあります。セロトニンをうまく分泌させられれば、イライラが収まって気持ちが落ち着きます。

神門(しんもん)

東洋医学では、心や心臓は精神活動を統括しているとされています。心に所属する経路の代表的なツボとして、神門があります。
場所は、手首のシワの小指側にあり、触れる券の親指側に取ります。
手首を4本の指で抱えるようにして支え、親指で神門を押さえます。そのまま押さえた状態で、手首を手のひら側に倒し、倒しきったら次に手の甲側に反らす動作をゆっくり繰り返します。手首を手のひら側に倒す時にツボが圧迫され、ほどよい刺激を与えることができます。

内関(ないかん)

内関のツボの下には、正中神経が走っていますので、あまり強くやるとびりびりと痺れます。優しく押すようにしましょう。
場所は、手首のシワから指3本分上で、腱と腱の間にあります。
内関のツボを押してみて硬いという時には、身体のエネルギーの巡りをせき止めている証拠です。そのような状態だと、イライラして不眠になったり、ヒステリーを起こしたり、心臓や胃の不調などの症状が現れたりします。内関を柔らかく保つようにしましょう。

労宮(ろうきゅう)

労宮のツボは、気功では気を出すところとされており、大切な場所です。
場所は、中指と薬指を曲げた時に、その指の先端の当たるところの中間にあります。
押し方は、まず両手を組んで左右の手のひらの労宮の位置でゴルフボールを挟み込みます。そのまま大きく息を吐きながら、両手でゴルフボールを握りつぶすようにやや強めに刺激します。次に大きく息を吸いながら手を少しずつ緩めていきます。

手の井穴(せいけつ)

手の井穴は、爪の根元の外側にあります。
それぞれの指の同様の場所に6つのツボがあり、親指側から少商、商陽、中衝、関衝、小沢と並んでいます。爪をもむようにつまみます。鍼をさして微量の血液を絞り出す「刺絡」という治療法もあります。

交感神経が緊張しすぎると、リンパ球が減少し、免疫力が低下する原因となります。爪をもんで交感神経に傾いた自律神経の働きを副交感神経優位にして、眠りを誘うようにするといいです。それぞれの指の爪の根元の外側を、少し痛いくらいの強さで10秒ずつ押して刺激します。特に痛みを感じる場所は、20秒くらい丁寧に押しましょう。1日2~3回を目安に繰り返しましょう。

百会(ひゃくえ)

百会のツボは、さまざまな経脈が介する場所という意味があります。そのため、効き目の範囲は多岐に渡ります。
場所は、両耳の先端を結んだ線上の中央、頭のてっぺんにあります。
足先まで気が流れていくイメージで優しく押すと、頭のもやもやした不快感を取り除き、イライラもなくなっていきます。

三陰交(さんいんこう)

三陰交は、婦人科系の病気に多用されるツボであり、「女性のツボ」とも言われ、ホルモンバランスを整える働きがあります。子宮のある骨盤内の血流をよくすることで症状をいい方向へ導いてくれますので、生理前のイライラなどに有効です。
場所は、内くるぶしから指4本分上で、スネの骨のきわあたりにあります。

失眠(しつみん)

失眠のツボは、イライラして眠れない時に効果的なツボです。
場所は、かかとの中央にあります。
お灸を据えるとより効果がありますが、熱を感じにくい場所ですので、根気よく熱を感じるまで据え続けましょう。末梢にある血管を拡張して足先の体温が上がり、寝つきがよくなります。

自律神経にやさしい音楽
メンタル・フィジック
デラ (2007-07-25)
売り上げランキング: 260

まとめ:イライラに効くツボを使って、リラックスして眠れるようになろう

イライラして眠れないという状態の原因は、毎日のストレスの積み重ねが多く考えられます。できるだけイライラを解消させて、リラックス状態で眠れるようにすることが大切です。リラックスを得られるための一つの方法として、ツボ押しがあります。

イライラ解消に効果のあるツボとして、神門や内関、労宮などのツボがあります。寝る前にゆっくり呼吸を整えながら押して、リラックスできるようになりましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment