インフルエンザワクチンは妊婦の方に注射しても悪影響はないのか

注射

インフルエンザに罹らないように毎年、インフルエンザワクチン(予防接種)を受けておられる方も多いと思われます。インフルエンザワクチンはインフルエンザを予防したり症状の悪化を避けるために効果的ですが、妊婦の方がインフルエンザワクチンの注射を受けた場合、胎児や母体の健康に対して悪影響はないのでしょうか。

スポンサーリンク

妊婦の方とインフルエンザワクチン

赤ちゃん

新しい命を宿し、大切な母体となられた妊婦の方は、出産までしっかりとお腹の赤ちゃんを大切にしてあげて欲しいものです。

妊婦の方が妊娠中、お腹にいる胎児のために注意したいポイントは数多くありますがその一つがインフルエンザワクチン(予防接種)との関係です。妊婦となられた場合でも、インフルエンザウィルスは遠慮なく感染してきます。

万が一、妊婦の方がインフルエンザに感染してしまった場合、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまわないよう効果が強い薬の処方をしてもらうことはできません。妊婦の間はインフルエンザにかかってしまうことを避けるために、インフルエンザワクチンを受けることが効果的と言えます。

とはいえ、インフルエンザワクチンを注射することでかえって胎児に悪影響を与えないかどうかは気になるところです。妊婦の方がインフルエンザワクチンの注射を受けることで胎児(そしてもちろん母体にも)悪影響は生じないのでしょうか。

公式にはインフルエンザワクチンが悪影響をもたらすことは確認されず

まず、インフルエンザワクチンのメカニズムですが、インフルエンザワクチンは、毒性を抜いたワクチンを体内に注射するものです。この毒性を抜いたインフルエンザワクチンを不活性ワクチンと呼びますが、毒性はないので健康への悪影響はないというのが一般的な見解です。

少なくともインフルエンザワクチンが直接胎児・母体に悪影響を及ぼしたという報告はないというのが「公式」な見解となっています。

私たちの生活上もインフルエンザワクチンが原因となって、胎児に悪い影響を与えたというニュースなどを聞いたことはないのではないかと思われます。このように、インフルエンザワクチンを妊婦の方に注射しても、胎児・母体ともに健康に悪影響が生じないというのが基本的な理解です。この意味で妊婦の方も一応は安心してインフルエンザワクチンの注射を受けても差し支えがないということができます。

妊娠初期のインフルエンザワクチンは控えられる傾向もある

このようにインフルエンザワクチンが妊婦の方に悪影響を及ぼすことはないというのが基本的な考え方ですが、実際には妊娠初期の妊婦の方に対してはインフルエンザワクチンの接種は避ける病院などもあります。

妊娠初期は胎児を守るための胎盤が完成していません。そのため、インフルエンザワクチンが妊婦のお腹にいる胎児への悪影響が完全に否定することができないのではないかという考え方があります。実際に海外では妊婦の方に対するインフルエンザワクチンの注射は妊娠中期以降に行われる傾向があると言われます。

日本でも病院ごとに医師の経験や知識によっては妊娠の初期(あるいはその後であっても)インフルエンザワクチンの投与を避けることもあります。インフルエンザワクチンが妊婦に直接悪影響を与えることが証明されないとしても、経験などから「あまりよろしくない」と判断する医師もいます。

妊婦の方の場合、インフルエンザワクチンの注射については、妊娠何週目かという点や医師の経験、知識などにより取り扱いが異なるというのが現状です。(ただ、一般的には妊婦の方でもインフルエンザワクチンを注射してくれる病院の方が多い傾向にはあります)

インフルエンザにかかりやすい方は妊娠時期もご考慮することが大切

このように妊婦の方だからといってインフルエンザワクチンの接種が一律で胎児や母体の健康に悪影響を及ぼすとはいえず、その判断は医師の経験等によりケースバイケースということになります。

いくら医学的な因果関係が証明されないとしても胎児への悪影響の可能性は可能な限り避けることができればこれに越したことはありません。

インフルエンザにかかりやすい傾向があり、毎年インフルエンザワクチンの注射を受けているという方の場合には、妊婦となられる時期を調整するなどして妊娠初期にインフルエンザワクチンの注射を受けることは避けることが望ましいと言えるでしょう。

インフルエンザとワクチン―知らないまま? (ジャパマコミックシリーズ 2)
ジャパンマシニスト社
売り上げランキング: 404,005

まとめ:妊婦の方とインフルエンザワクチンのまとめ

以上、本文で述べました妊婦の方に対するインフルエンザワクチンの注射について、ポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザワクチンを妊婦の方に注射したとしても、胎児や母体に直接悪影響を与えるということはないと理解されています。
  • しかし、インフルエンザワクチンが直接妊婦の方や胎児に影響がないとしても、胎盤が安定していない妊娠初期にはインフルエンザワクチンの注射を避ける医師もいます。経験や知識により、胎児への悪影響の可能性を否定しきれないということから妊娠初期の妊婦の方にはインフルエンザワクチンの注射をしないという方針の医師もいます
  • インフルエンザにかかりやすい傾向がある方は妊婦となられる時期を調整するなどしてインフルエンザワクチンの注射をする時期を妊娠初期にしないようにすることなども重要と言えます

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment