インフルエンザ対応マニュアル・有効に参考にするためのポイント

インフルエンザの女性

インフルエンザ対応マニュアルは、新型インフルエンザが流行した2011年当時に作成されたものですが、現在でも十分に活用することができる内容となっています。インフルエンザはウィルスが空気や飛沫を通して感染するものであり、その感染の仕組み自体は変わらないためです。本稿では2011年当時多数作成されたインフルエンザ対応マニュアルを汎用的に活用するためのポイントをまとめています。

スポンサーリンク

インフルエンザ対応マニュアルとその汎用性

医師

インフルエンザは毎年流行し、多くの方が健康を害してしまいます。インフルエンザが特に流行したのは最近では2011年でした。2011年は新型インフルエンザが流行し、多くの会社や団体などでその対策のためのマニュアルが作成されました。つまり、インフルエンザ対応マニュアルが会社ごと、団体ごとに数多く作成されたのが2011年でした。

インフルエンザ対応マニュアルは、基本的には2011年当時において非常に有効に活用されました。しかし、2011年に作成されたインフルエンザ対応マニュアルは非常に汎用性に富み、毎年のインフルエンザ対策に利用することができる部分も数多くあります。

確かに、インフルエンザウィルスは毎年変化するものですので、2011年当時に作成されたインフルエンザ対応マニュアルをそのまま流用することはできません。しかし、インフルエンザウィルスは空気や飛沫(くしゃみやせきなど)を通して感染することや寒くて乾燥した空気の中で活動的になるという点は差異がありません。

いかにインフルエンザウィルスが毎年変化をするものとしても夏に流行するインフルエンザウィルスを考えることは難しいといえます。このような意味で2011年当時に作成されたインフルエンザ対応マニュアルは参考になる点が多いということができます。

インフルエンザ対応マニュアルで汎用性があるものとしては以下のような点を挙げることが可能です。

情報の共有化

2011年当時に各種団体、会社などで作成されたインフルエンザ対応マニュアルで、比較的共通性がある内容として、<.strong>情報の共有化という点を挙げることができます。例えば、学校で作成されたインフルエンザ対応マニュアルでは、教職員のみならず、生徒との間でもインフルエンザに関する情報を共有することが明記されているものがあります。

インフルエンザにかかってしまうとその感染力は極めて大きく、学校や会社、官庁などの多数の人が集結する場所では、容易にインフルエンザが拡大感染してしまうことになります。また、インフルエンザに対する危険度の意識も異なります。2011年のインフルエンザは大変重篤な症状を引き起こすものでしたが、その危険性の認識の程度は個々人によって大きく異なっていました。

このような点から、インフルエンザ対応マニュアルでは、インフルエンザに対する情報の共有化を重視する記載が多く見受けられました。

毎年のインフルエンザが2011年当時のような強力なものであるとは限りません。しかし、インフルエンザというものの感染力が非常に高いことは毎年変わらない点ですので、インフルエンザ対応マニュアルにおける情報の共有化は非常に参考になる点であるということができます。

予防方法の具体化

次に、多くの団体等で作成されたインフルエンザ対応マニュアルは、内容にインフルエンザの予防方法が非常に具体的に記載されていました。例えば、国土交通省で作成されたインフルエンザ対応マニュアルでは、手洗いについて、固形石鹸よりも液体石鹸を利用すること、爪を短く切っておくこと、水道栓は手を拭いた上でペーパータオルで止めることなどが事細かく記載されていました。

インフルエンザはとても高い感染力を持ちますので、徹底して感染を予防するためには、当時のインフルエンザ対応マニュアルの手洗い方法やうがい方法、その他の予防方法は大変具体的で参考になるものが多数あります。

当時作成されたインフルエンザ対応マニュアルを会社やご家庭などで導入することでインフルエンザへの感染を予防することが強く期待されます。

このようにして2011年当時作成されたインフルエンザ対応マニュアルは毎年利用することができるインフルエンザ対応マニュアルであるということができるでしょう。

新型インフルエンザ対応マニュアル
労働新聞社
労働新聞社
売り上げランキング: 2,128,384

まとめ:インフルエンザ対応マニュアルの活用

本文で述べましたポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザ対応マニュアル-2011年当時、いわゆる新型インフルエンザが大流行した際に多くの会社や官庁、学校などの団体で作成されたマニュアルです。
  • インフルエンザ対応マニュアルの汎用性-インフルエンザ対応マニュアルは2011年だけではなく、その他の年でも十分に参考に値する内容ということができます。
  • インフルエンザ対応マニュアルの具体的な内容-インフルエンザ対応マニュアルの中の情報の共有化についての方法、インフルエンザ予防の方法などは毎年インフルエンザが流行する頃には参考にすることができる内容ということができます。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment