解熱剤によるインフルエンザ脳症の症状と治し方

子供

インフルエンザ脳症と解熱剤の関係はどのようなものなのでしょうか?

インフルエンザ脳症は発症すると非常に高い熱が出ます。乳幼児がかかりやすい病気として知られており、熱が高すぎるなら予後はよくありません。インフルエンザによる発熱の後数時間から1日のうちに症状が表われると言われています。インフルエンザ脳症の症状は、痙攣や意味不明な言動、意識障害などが挙げられます。

このような症状が出ると、解熱剤を使いたくなるかもしれませんが、インフルエンザによる高熱に解熱剤を使用すると、脳浮腫の原因となり、インフルエンザ脳症を起こす危険が高まることが分ってきました。ですから、インフルエンザに感染した時には解熱剤は慎重に使う必要があります。

インフルエンザ脳症にならないためには、解熱剤を安易に使用しないことが大切です。では、解熱剤を使用しないでインフルエンザの治療を行なうためにはどうすれば良いのでしょうか?幾つか役立つ点をご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

解熱剤が引き起こすインフルエンザ脳症の症状

子供

では最初に、解熱剤が引き起こすインフルエンザ脳症の症状についてご紹介してみたいと思います。

インフルエンザ脳症が疑われる症状として、意識障害があります。眠ったような状態になってしまい、呼びかけや痛みに反応しなくなります。そして痙攣が起こります。筋肉がこわばってしまい、手足がガクガクするようになります。さらに、異常言動が表われます。人を認識できなくなったり、自分の両親がわからなくなる場合もあります。またその場にいない人や物が見えたりします。

インフルエンザの熱を下げるために安易に解熱剤を使用するなら、このようなインフルエンザ脳症が起きることがありますので注意する必要があります。

ではインフルエンザ脳症を引き起こさないようにインフルエンザを治すためにはどのようなことが役立つのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

インフルエンザ脳症を引き起こさないようにインフルエンザを治すためには?

インフルエンザ脳症を引き起こさないようにインフルエンザを治すためには、インフルエンザによる熱に対する正しい理解が必要です。インフルエンザによる熱は体がインフルエンザウイルスと闘っている証拠ですので、必ずしも下げる必要はありません。では、インフルエンザ治すためにどのようなことを行なえばよいのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

インフルエンザの正しい治し方その1:抗インフルエンザ薬の服用

インフルエンザに感染してしまった場合、解熱剤を使用するよりも抗インフルエンザ薬を使用する方が効果的にインフルエンザを治すことができます。インフルエンザの感染が疑われる場合は、むやみに熱を下げようとするのではなく、病院で抗インフルエンザ薬を処方してもらいましょう。

とはいえ抗インフルエンザ薬の使用にも注意が伴います。抗インフルエンザ薬はあまり早い段階に服用すると、インフルエンザ脳症を起こしてしまうことがあると言われています。完全にインフルエンザだということが分ってから服用するようにしましょう。

インフルエンザの正しい治し方その2:良い睡眠を摂る

インフルエンザによる高熱は、体がインフルエンザウイルスと闘っている証拠です。ですから、むやみに解熱剤を使用して熱を下げようとするのではなく、体の免疫力を高めることを意識することが大切です。

体の免疫力を高めるためにはよく眠ることが必要です。しっかり眠るなら、副交感神経が刺激され、体の免疫力を高めることができます。良い睡眠を摂ることは解熱剤を使用するよりもはるかに効果的です。そしてインフルエンザ脳症を予防するためにも役立つことでしょう。

インフルエンザによって高熱が出たからと言って、焦って解熱剤を使用するならインフルエンザ脳症を起こしてしまう原因になります。とはいえ、あまりにも熱が高い場合は医師との相談のもと解熱剤が使用されることもあります。アセトアミノフェンと呼ばれる解熱剤が使用されることがあります。医師や薬剤師の説明をよく聞き、正しく服用しましょう。

赤ちゃん・子どもを新型インフルエンザから守る100のコツ―感染する前に!
横田 俊平
主婦の友社
売り上げランキング: 341,812

まとめ:正しい方法でインフルエンザを治療してインフルエンザ脳症を予防しましょう

この記事では、解熱剤によって引き起こされるインフルエンザ脳症の症状と、解熱剤を使用しないでインフルエンザを治す方法を幾つかご紹介致しました。参考にしていただけたでしょうか?

インフルエンザ脳症は非常に怖い病気です。インフルエンザ脳症にかかると死亡率は非常に高くなります。基本的にインフルエンザ治療に解熱剤は使用されません。インフルエンザを正しく治療して、インフルエンザ脳症にならないように注意していきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment