子供のインフルエンザで気をつけたいインフルエンザ脳炎とは

遊ぶ子供

インフルエンザ脳炎は、主として子供・幼児がかかり、命に関わるおそれがある病気です。日本脳炎にかかってしまうと意識障害やけいれんなどを起こし、極めて短時間で死亡してしまうことがあります。

本稿では、インフルエンザ脳炎やその特徴、インフルエンザ予防のポイントなどをまとめています。

スポンサーリンク

子供は徹底して注意したいインフルエンザ脳炎

子供

インフルエンザ脳炎という病気をご存知でしょうか。インフルエンザ脳炎はインフルエンザに伴って発症する病気として、大変注意したい病気です。子供、特に、5歳以下の幼児の場合には命に関わることがあるのがこのインフルエンザ脳炎のおそろしいところとなります。また、インフルエンザ脳炎は、60歳以上の方など年配の方がかかることもあります。毎年、幼児を中心として100人以上がインフルエンザ脳炎で死亡しています。

インフルエンザ脳炎の症状

インフルエンザ脳炎は、発熱とけいれん、そして意識障害を起こします。そして、その症状進行のスピードが非常に速いというのがインフルエンザ脳炎の非常に大きな特徴です。

インフルエンザ脳炎は、その症状悪化のスピードがあまりに早いために、病院へ連れてきた時点は手遅れとなってしまう可能性があります。また、インフルエンザ脳炎にかかってしまった場合に幸いに一命を取り留めたとしても神経障害などの後遺症が残ることもあります。

インフルエンザ脳炎は、どうして発症するかという原因がよくわかっていないというのが現在の状況です。また、先に述べましたように、子供の様子がおかしいと気づいた時点では手遅れとなってしまう恐れがある病気です。

そのため、インフルエンザ脳炎を起こさないようにするためには、インフルエンザの予防をすることがもっとも重要ということができます。インフルエンザにかからなければ、インフルエンザ脳炎になることがないためです。

インフルエンザ予防のポイント

子供がインフルエンザになることを防止・予防するためには、インフルエンザが流行する季節には、必ず、マスクをさせて外出させることがポイントです。インフルエンザウィルスはせきやくしゃみなどの飛沫での感染が中心となるので、マスクをするだけでインフルエンザにかかるおそれは大きく軽減することができます。

また、帰宅時には徹底してうがいと手洗いを励行させます。このような基本的なことを徹底して生活指導することでインフルエンザの予防となり、ひいてはインフルエンザ脳炎になることを回避することにつながります。また、子供の年齢などを考慮した上でインフルエンザの予防接種を受けさせることも効果的でしょう。

このようにしてインフルエンザ脳炎を回避するためには、インフルエンザにかからないように徹底して予防することが最も重要ということができます。

インフルエンザ脳症もある

インフルエンザ脳炎と似ているものでありつつ、インフルエンザ脳炎よりも症状がひどいものとして、インフルエンザ脳症があります。インフルエンザ脳症は、高熱、けいれん、意識障害などのほかに、臓器不全や異常行動などが生じます。異常行動としては子供の場合、アニメーションのキャラクターが見えるなどの形でいわゆる幻視・幻覚が見えるような症状が出ることがあります。

インフルエンザ脳炎は、脳内にインフルエンザウィルスが検出されるのに対して、インフルエンザ脳症の場合には、インフルエンザウィルスが脳に見られないということが医学的な所見としては特徴です。その原因としては、インフルエンザウィルスに対して免疫が過剰に反応してしまい、それが障害をもたらすのではないかという理由が考えられています。

インフルエンザ脳炎にしろ、インフルエンザ脳症にしろ、いずれも可能な限りインフルエンザを予防・防止してインフルエンザにかからないことがもっとも望ましいということができます。

もし子供が高熱などを出した場合には、深夜などであっても即座に病院での診療を求めるべきです。救急車を呼ぶなどもかまわないでしょう。結果としてインフルエンザではなくとも、子供が高熱を出した場合などには、抵抗力が弱いため重大な病気や後遺症につながるおそれがありますので、すぐに医師の診断を受けさせてあげるべきであるということができます。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 36,312

まとめ:インフルエンザ脳炎特徴と予防についてのポイントのまとめ

以上、本文で述べましたインフルエンザ脳炎についての予防のポイントなどをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザ脳炎は主として子供・幼児に発症することがある命に関わる病気です。極めて短時間のあいだに意識障害やけいれんなどを起こし、あっという間に命を落としてしまうことがある恐ろしい病気がインフルエンザ脳炎です。手遅れとなってしまうことも多いのがインフルエンザ脳炎です
  • インフルエンザ脳炎を避けるためには、インフルエンザ予防をすることがもっとも重要です。インフルエンザを予防するためには、うがい手洗いの励行と外出時のマスクが効果的です。また、インフルエンザの予防接種も受けさせておくことが望ましいと言えます。子供の高熱などには迅速に対応してあげることがとても大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment