インフルエンザa型の症状の特徴と、必要な治療

握手する男

インフルエンザには幾つか種類があります。基本的にはインフルエンザa型、b型、c型というような呼び方がなされます。それぞれの型によって、ウィルスの特徴も異なります。

この記事では主に、インフルエンザa型に注目してみたいと思います。インフルエンザa型は「最も流行する確率が高いインフルエンザウィルス」と言われています。世界規模でインフルエンザが大流行した場合、それはほとんどの場合インフルエンザa型だと言われています。1918年から1919年にかけて、世界中で大流行した伝染病であるスペイン風邪は、このインフルエンザa型だったと言われています。

インフルエンザa型はウィルスの感染力や増殖力が他のウィルスを上回りますので、大流行することが多いと考えられています。インフルエンザは風邪を間違われることが多いようですが、風邪よりもインフルエンザのほうが症状がはるかに重たくなります。また、命の危険を伴う病気でもあります。特にインフルエンザa型は危険なウィルスだと言うことができるでしょう。

インフルエンザを早期に発見して治療するためには、その症状の特徴を知っておくことが必要です。この記事では、インフルエンザa型の主な症状について幾つかご紹介してみたいと思います。早くインフルエンザの症状に気づいて治療するために、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

インフルエンザa型の主な症状と基本的な治療方法

寝込む女性

インフルエンザは早期発見が治療において一番大切なことです。インフルエンザ a型はもちろんのこと、それ以外の型であっても、48時間以内に抗インフルエンザ薬を飲まなければならないからです。薬を飲む時間が遅れると、その効き目が悪くなり、インフルエンザの治りも悪くなることでしょう。では、インフルエンザa型の症状にはどのような特徴があるのでしょうか?幾つかご紹介してみたいと思います。

インフルエンザaの症状その1:発熱

インフルエンザa型の大きな特徴のひとつは非常に高い高熱が出ることです。40度を超える高熱が出ることも珍しくありません。頭がフラフラし始め、立っているのも難しくなるでしょう。高熱が出るようであれば、ほぼ間違いなくインフルエンザa型でしょう。

インフルエンザaの症状その2:体が痛くなる

関節痛がするというのも、インフルエンザa型の大きな特徴です。体の関節のほとんどが筋肉痛のように痛みだし、立っていることができなくなります。またそれに伴って疲労感や倦怠感を感じることもあります。熱が上がり始める前に、このような症状が起き始め、その後一気に高熱が出ます。逆のパターンもあるようです。運動したわけでもないのに筋肉痛のような症状が表れるのであれば、それはインフルエンザa型発症の前触れかもしれません。

インフルエンザaの症状その3:寒気

インフルエンザa型を発症するときには、とてつもない寒気を感じることもあります。これは、高熱が出ることと関係があると考えられています。強い寒気を感じる場合は、インフルエンザa型発症の前触れかもしれません。なるべく早く病院へ行くようにしましょう。

ここまでで、インフルエンザa型の基本的な症状についてご紹介致しました。ではインフルエンザa型はどのように治療が行なわれるのでしょうか?ご紹介してみたいと思います。

インフルエンザa型の治療方法その1:絶対安静

インフルエンザa型に感染した場合はもちろんのこと、それ以外の型のインフルエンザに感染した場合も、基本的には絶対安静にしている必要があります。インフルエンザに感染したまま外へ出歩くなら、感染を広める原因になることがあるからです。また、インフルエンザの治りも悪くなることでしょう。

インフルエンザaの場合は特に感染力が強いと言われていますので、会社や学校は数日間休む必要があるでしょう。

ンフルエンザa型の治療方法その2:抗インフルエンザ薬の使用

インフルエンザa型の治療には抗インフルエンザ薬が使用されます。他の方のインフルエンザでも同じですが、型によって効果のある薬とそうでないものがあります。インフルエンザの薬は病院で処方されるもの以外にはありませんので、お医者さんの話をしっかりと聞いて、抗インフルエンザ薬を決められた期間しっかりと飲むようにしましょう。

ちなみに、インフルエンザa型には、市販の風邪薬はまったく効果がありません。速やかに病院へ行って薬を貰うようにしましょう。

一生インフルエンザにかからない体質の作り方
村上 一裕
フォレスト出版
売り上げランキング: 156,890

まとめ:気になる症状がある場合はすぐに病院へ行きましょう

インフルエンザa型に関してはもちろんのことですが、そのほかのインフルエンザであったとしても、早期の発見と治療がその後の経過を大きく左右します。早くインフルエンザを治したいと思うのであれば、なるべく早く病院へ行きましょう。そして処方された薬をしっかり飲んで休養をしっかりとるように心がけましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment