授乳中のお母さんもインフルエンザには注意すべき理由

赤ちゃん

授乳中の子供がいるお母さんたちも、インフルエンザにかかってしまうことが少なくありません。インフルエンザの予防接種は妊娠中には行わないようにするのが一般的ですし、子供へ強い影響を与える薬なども妊娠中に処方してはいけないことになっています。

授乳中は体力も落ちている時期で、インフルエンザなどの疾病にもかかりやすいと言われています。でも、一番気になるのがインフルエンザに罹患しても母乳を与えていいのか
ということだと思います。

結論から言えば、問題ありません。しかしながら、授乳中であっても、インフルエンザには注意しなければなりません。インフルエンザの中には極めて感染力が強いタイプのウイルスがいて、子供へウイルスが移る可能性があるからです。

スポンサーリンク

インフルエンザに罹患した場合、授乳中に注意すべきこと

ミルク

お母さんがインフルエンザに罹患した場合、子供や家族にインフルエンザが罹患してしまう可能性が少なからず存在します。

授乳中に気をつけなければならないことは、この再罹患を防ぐということです。インフルエンザは流行期に複数回にわたってパンデミックを起こすことがあり、一度インフルエンザに罹患しても別のかたのインフルエンザにかかってしまうことも少なくありません。

こうしたインフルエンザに対する抵抗力は、母体も、赤ちゃんもまだ強くはありません。

インフルエンザウイルスは、母乳を通じて感染したりはしません。インフルエンザ中でも、母乳を授乳してもそれが原因で赤ちゃんがインフルエンザにかかるといったことはほとんどありません。医師も通常はインフルエンザ中でも母乳を与えて問題ないという見解が一般的なようです。

とはいえ、家族への罹患を防ぐためには、いくつか注意しなければならないこともあります。

授乳中はマスクをする

授乳中はマスクをしましょう。インフルエンザの罹患は通常、飛沫感染によって行われます。授乳中に咳やくしゃみをしてしまうと子供にもウイルスがうつってしまうことがありえます。

市販薬を飲まない

授乳中には市販薬を飲まないようにしましょう。まれに母乳に悪い成分を混入させてしまうことがあります。必ず婦人科で処方された薬を定められた分量だけ飲むようにしましょう。少し体調が悪くても病院に行きましょう。サプリメントなども飲んではいけません。

薬をのむときには、医師から処方された薬を飲むようにしましょう。

部屋は湿度と温度を保つ

湿度と温度を高めに保ちウイルスに感染しにくい環境にしましょう。特に温度を高めに設定することで、ウイルスの増殖を防ぐだけでなく、ウイルスが空気中で動きにくく罹患しにくい環境を作ることができます。高温多湿にするのが難しいとしても、加湿器を付けておきましょう。

プラズマクラスターイオンを発生させることができる加湿器などをりようするのもよいでしょう。

インフルエンザに罹患しているとき、授乳中にしてはいけないこと

以上のようにいろいろな制限がありますが、インフルエンザにかかっても母乳を与えてもかまわないということに変わりはありません。心配であれば、その期間は粉ミルクにするのもよいでしょう。

ただし、授乳中に普段していてもいつもより念入りに行わなければなりません。授乳中にしてはいけないことをまとめました。

哺乳瓶や遊具などの手入れ

インフルエンザ中に授乳する場合、哺乳瓶などの手入れをいつもより念入りに行うようにしましょう。飲む前と飲んだ後にアルコール消毒、煮沸消毒をすることが望ましいのです。
哺乳瓶や口に含むものなどのお手入れをしていないといつウイルスに感染するかわかりません。

マスクなどの使い回し

家庭だからといって、マスクなどを使いまわすこともよくありません。マスクや加湿器のフィルターなどはこまめに取り替えましょう。

無理、疲労がたまること

赤ちゃんがいると、なかなか望むように生活ができなくなるものです。しかしながら、無理は禁物。疲労がたまるようなこともしてはいけません。インフルエンザは一日では治りません。熱が下がったあとでも、ウイルスを体外に排出していくプロセスは続いています。

この時期に赤ちゃんに病気が移ってしまうことが少なくありません。鼻水や咳がとまってからマスクは外しましょう。

育児パワープラス
育児パワープラス
posted with amazlet at 14.03.21
ピジョン (2007-10-09)
売り上げランキング: 433

まとめ:授乳中のインフルエンザに気をつけて

授乳中のインフルエンザには気をつけてください。インフルエンザであっても母乳を与えることは問題ありませんが、授乳時にマスクなどをしていないと飛沫感染で赤ちゃんにも病気が移ってしまうことがあるからです。

インフルエンザの時には、普段は母乳であっても粉ミルクに一時的に変えてもよいかもしれません。また、熱が下がったからといって治ったと早とちりしないようにしてください。

最大の治療は予防です。インフルエンザに罹患しないように、普段から気をつけてください。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment