知らないと怖い!インフルエンザと座薬について知っておこう

医者

 

お家に座薬のストックありませんか?38.5℃以上の高熱が出ると座薬を入れてくださいとお医者さんに言われて、出なかったからとりあえず、と冷蔵庫にいれてある。そんな方多いと思います。インフルエンザで高熱が出た時に慌ててこれを使うと危険なことになります。インフルエンザには使ってはいけない薬が存在するのです。

こちらでは、知っておきたいインフルエンザと座薬についてご紹介します。

スポンサーリンク


インフルエンザと解熱

女性

発熱はインフルエンザの主な症状のひとつで、ウイルスに対する免疫反応の一部であり、必ずしも解熱させなければならないものではありません。39度以上の発熱があって、元気がなく、ぐったりしているようであれば解熱剤を使用してもよいでしょう。しかしインフルエンザには合併症が多く、素人判断は危険です。冷蔵庫にストックしてあるものではなく、病院にかかって主治医に処方されたものを使用しましょう。

インフルエンザが疑われたら、解熱剤は

まず、熱が出るということで、解熱作用のある座薬を選ぶ人が多いと思います。解熱用の座薬には複数種類がありますが、アセトアミノフェン(商品名:アンヒバ座薬、アルピニ座薬、カロナールなど)イブプロフェン(商品名:ユニプロン座薬、ブルフェン)のみを使用しましょう。その他の解熱剤は、インフルエンザ脳症との関連性が疑われています。医療機関で処方されるお薬の中で、小児用PL顆粒やLLシロップ、ペレックスなどにはサリチルアミドが含まれており、やはりインフルエンザ脳症との関わりが危惧されています。これらはインフルエンザの流行期には使用しないようにしましょう。

痛み止めの座薬はダメ

インフルエンザにかかると、頭やお腹、全身の関節など「痛い」という感覚に悩まされます。しかし、痛みどめのための座薬は使うことは避けた方がいいでしょう。というのも、痛みどめの座薬は、基本的に副作用が強いです。インフルエンザウイルスとも相性が悪く、ただの副作用程度ですめばいいのですが、そうならないことも考えられます。とくにボルタレンは強すぎるぐらいの薬ですので、どうしてもというときは、医師や薬剤師に相談してから使うようにしましょう。

座薬を複数使おうとする人もいるようです。が、こういうことは絶対にやめてください。薬が別の薬の成分を打ち消したり、まったく別の作用を出して大変なことになります。

座薬をつかっても熱がさがらない時

座薬を使っても高熱が持続することがあります。座薬の効果は一般的に挿入後2時間がピークで、約6時間効果が持続すると考えております。腸への刺激が強くでる子供もありますので、出来れば何度も使用することは避けた方がいいとでしょう。やむを得ず使用する場合でも6時間はあけましょう。

子供に座薬を使うには

座薬を入れる目安

座薬を使うときは、子供にこれ以上我慢させるわけにはいかない状態になったときに限りましょう。具体的には、38.5度以上の熱が出て、機嫌が悪いときを狙うといいでしょう。我慢できないときは、本当に我慢できないと全身で表現してくれるので、そのとき座薬を使いましょう。期限がいい時は少し見守ってください。苦しんでいるからといって座薬を使う頻度が多くなりすぎると、座薬が効かなくなってしまいます。

座薬の入れ方

座薬を使用する前に可能なら、排便を済まさせましょう。それから座薬を入れます。指の第一関節まで入るぐらいがいいでしょう。子供はお尻を刺激されると、便を催したくなります。あまり浅い場所に座薬を入れると、便と一緒に座薬を出してしまう可能性があります。それを防ぐためにも、少し深いぐらいにしましょう。もっと確実にするために、第一関節まで指が入ったら、そのまま指を抜くのではなく、軽く指先を曲げてみましょう。

子供の体の向きは、その子供にとってやりやすい方法がいいでしょう。一般的なのが、肩のどちらかを下にして横向きにする方法です。力を抜いてゆっくり呼吸するように言いましょう。子供がうまく体勢をとることができないような場合は、無理にその体勢を取らせる必要はありません。仰向けに寝かせて、足を持ち上げてあげてもいいでしょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 140

まとめ:インフルエンザと座薬について知っておこう

インフルエンザにかかった時、使ってはいけない座薬があります。冷蔵庫にストックしてあるものなどを安易に使用してはいけません。ここでもう一度おさらいしておきましょう。

使ってもいい座薬

  • アセトアミノフェン(商品名:アンヒバ座薬、アルピニ座薬、カロナールなど)
  • イブプロフェン(商品名:ユニプロン座薬、ブルフェン)

使ってはいけない座薬

  • 小児用PL顆粒
  • LLシロップ
  • ペレックス
  • ボルタレン

子供に投薬する場合の注意点

  • 38.5度以上の熱が出て、機嫌が悪いとき
  • なるべく何度も使用しない
  • 使用する前に可能なら、排便を
  • 指の第一関節まで入るぐらい深く入れる
  • 肩のどちらかを下にして横向きに

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment