発熱した時の腰痛はインフルエンザの兆候かも

腰痛の男

インフルエンザにかかると高熱を発するようになりますが、発症してから高熱に達するまでの間に様々な症状が見られます。

その症状には個人差があり一概にこれと言い切れるものではありませんが、インフルエンザの特徴として全身にその症状が現れる場合があるという事が挙げられます。

腰痛もその兆候として表れることが多くあります。では、インフルエンザにかかった時、なぜ腰痛が起きるのでしょうか?また、その腰痛とはどんな症状なのでしょうか?今回はインフルエンザにかかった時の腰痛の特徴について学んでいくことにしましょう。

スポンサーリンク

なぜインフルエンザで腰痛が発症するのか?

まずは、腰痛が発症するメカニズムについて調べていくことにしましょう。

腰痛は熱の影響で発症する

鼻水が出る女性

腰痛といえば代表的なものにぎっくり腰などがありますが、これらの腰痛は筋肉や関節に深く関係して発症するタイプの腰痛です。痛みの出方は急激なもので、痛みで動くことさえままならなくなるのが一般的です。

それに対し、発熱によって発症する腰痛というのは徐々にジンジンと痛み出します。熱で少しずつ炎症が始まるため、急激な痛みではなく、このような痛みの出方をするのが発熱による腰痛の特徴です。

腰には様々な神経や器官が集中しており、血管が熱によって血流が悪くなるために腰回りの組織が影響を受け、さらに神経が圧迫されて痛みを感じるというのが発熱による腰痛のメカニズムです。

インフルエンザで腰痛が発症する

インフルエンザウィルスに感染すると、発熱するために腰痛が発症するという事は先述の説明の通りですが、体内に侵入したインフルエンザウィルスそのものの影響で痛みを感じる場合があります。

ウィルスによる痛みを発症する場合、その部位は様々なところにみられますが、腰痛もその部位の中の一つとして挙げられます。

ウィルスは体内の細胞に寄生して増殖しようとするため、体内ではウィルスの繁殖を防ぐために免疫能力を一時的に急激にあげる必要が出てきます。そうすることで高熱を必要とするという点と相まってウィルスが増殖しようとする働きでその器官や部位に痛みを感じます。

インフルエンザに限らず、よく風邪を引いた場合でも喉が痛いといった症状を感じますが、これらはウィルスによって炎症を起こしているからなのです。この炎症と発熱が腰痛の原因になっているのです。

インフルエンザで発症した腰痛の対処

インフルエンザにかかった時の腰痛が発症するメカニズムについて説明をしてまいりましたが、ここからは実際に腰痛が併発した時の対処について述べたいと思います。

腰痛が単なる熱による作用で発症している場合

発熱よりも先に腰痛が発症する場合がありますが、腰痛を感じ始めた時に体がだるい・悪寒がするなどといった症状を感じたら、インフルエンザの可能性を疑って診察を早めに受けたほうが良いでしょう。

先述のような理由で腰痛が発症している場合には、他の症状を伴って腰痛が発症しますが、このような場合には発熱が治まってくると同時に腰痛も徐々に解消していきます。

腰痛が多少気になっても腰痛の痛みにとらわれず、インフルエンザから早く解放されるように処置を進めていくことが大切になります。そうすることで腰痛からも早く解放されることになります。

発熱が持病発症のきっかけになった場合

インフルエンザでの発熱がきっかけで、元々抱えていた症状が表面化するという場合があります。

この場合、解熱してもなかなか痛みが治まらず、インフルエンザが完治したにもかかわらずその後も腰痛に悩まされることになります。

元々抱えていた病状が腰痛を発症するまでには至らずにいたものが、インフルエンザの高熱や合併症・感染症によって急激に進行してしまうとこのような腰痛になってしまいます。

例えば腰の筋膜に感染症があった場合に、インフルエンザにかかるまでは左程病状も進んでおらず、症状を発症するまでには至らなかったものが、インフルエンザに感染して高熱を発することで免疫力が低下し、病状が悪化してしまった場合に筋膜感染症が表面化するといった具合です。

このような場合には、インフルエンザの診察以外にもきちんと整形外科なり専門医の診察が必要になります。もしインフルエンザが治ったにもかかわらず相変わらず腰痛を感じているようであれば、これもなるべく早めに診察を受けに行った方が良いでしょう。

腰痛は万病の注意信号

腰はその字の通り肝心要の場所ともいわれています。それにはちゃんとした理由があって、体中のバランスを支えたり主に下半身から内臓までの神経が集中していたりととても重要な体の一部だからです。

腰痛は万病のもとともいいますが、逆を言えば腰痛が出ているという事は何かしら体が弱ったり注意が必要だという事を教えてくれているという事でもあります。

インフルエンザにかかると、高熱に至るまでの間に様々な症状と合わせて腰痛を感じることが多々あります。腰痛が出始めた時には、そのほかの症状も注意深く観察して一体自分が何の病気なのかを見極められるようにしたいものですね。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 173

まとめ:腰痛はインフルエンザの注意信号のひとつ

ここでもう一度、インフルエンザに感染した時の腰痛についておさらいしておきましょう。

  • 発熱などとともに腰痛を感じたらインフルエンザの可能性アリ
  • 発熱やウィルスが原因の腰痛は解熱とともに鎮静化する
  • 解熱後も腰痛が続くのであれば専門医へ
  • 腰痛を感じたらなるべく早く診察してもらう
  • 腰痛は万病を教えてくれるありがたいサイン

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment