インフルエンザ対策にうがいをするメリットと効果

うがい手洗い

発症まで短い期間のインフルエンザ。
冬の寒い時期になると待ちゆく人もマスクをして風邪やインフルエンザの対策に勤しむようになりますよね。インフルエンザ対策も様々な標語が見られるようになってきました。

インフルエンザ対策の中で、代表的なものといえば「手洗い、うがい」ですね。しかし、この2つを推奨するのは日本独自のことなのだそうです。

インフルエンザ対策はしっかりやっているつもりでも、実は効果が無いと言われているものも少なくありません。「うがい」はその最たるもので、インフルエンザにうがいは有効な対策ではないのではないかと言われているのです。

しかし、まったく無意味というわけではありません。この記事では、うがいの有効性やそのメリットについて説明いたします。

スポンサーリンク

うがいの効果とインフルエンザ

洗面台

小学校でも手洗いとうがいは広く推奨されています。テレビのCMなどでも、手洗いうがいを推奨するものが非常に多く見ることができますよね。

手洗いとうがいは、皮膚の表面や、喉、口内の粘膜についた雑菌類を流すために行われます。うがい薬や石鹸などを付けて洗うことも有りますが、これらによって通常の手洗いやうがいなどよりも高い効果があると言われています。

実は効果が薄いインフルエンザ対策のうがい

インフルエンザ対策として推奨されるうがいですが、インフルエンザ予防としてはそれほど効果が無いとも言われています。

インフルエンザウイルスは喉などの粘膜に付着すると、20分ほどで細胞内部に潜り込んでしまい、増殖していくと言われています。うがいはどこででもできるものでもないですから、インフルエンザウイルスが付着する20分ごとにうがいができないと効果がありません。

また、うがい薬による洗浄もインフルエンザウイルスには大きな効果がないともいわれています。うがい薬は細菌や雑菌には一定の効果がありますが、インフルエンザウイルスなどにはあまり効果がないとも言われています。

こうしたことから、近年の厚生労働省ではインフルエンザの予防に「うがい」を推奨することはしていないようです。

しかしながら、全く効果がない、というわけではないようです。飛沫感染の予防には効果がありますし、咳の回数を減らす効果もあるようです。また、ヨードをつかったうがい薬は、強い殺菌効果はないものの、ウイルスの不活性化を促すという実験結果もあります。

うがいのメリット

しかし、「うがい」には防疫上、風邪予防のメリットもあります。ウイルスよりもサイズの大きい細菌に関しては、効果があることが指摘されています。

うがいでは喉や気道の粘膜を正常に保ち、痰や唾液などを廃棄する効果も期待できます。細菌類は、細胞に入るまである程度の時間が必要ですから、定期的にうがいをすることで風邪の予防になると言われています。また、うがい薬を使ったうがいも、細菌に効果があります。

うがいをすることで、また喉をスッキリしたさせたりするリラックス効果があることも大事ですね。

インフルエンザの予防に直接的な効果がなくても、うがいをすることで、二次感染や合併症をある程度防止することができます。インフルエンザにかかって発熱している状態でうがいをすると非常に喉が痛みますが、この炎症を抑えるうがい薬があります。

適切なうがいの仕方

それでは、適切なうがいとはどのようなものをさすのでしょうか。
そのポイントは、「多回数のうがいをする」ことにあります。うがいは非常に細かく行うことで効果があります。一日四回程度、一回で3度のうがいを行うことが必要です。

1度目のうがいは、口のなかのゴミなどを洗い流すように行います。2回目は上を向いて舌をだし、喉の気道を洗うように行いましょう。ガラガラうがいと呼ばれるものです。できればうがい薬も使い、しっかり15秒から20秒ほど行うと効果的です。3度目は、喉に残ったうがい薬を洗い流すように洗浄することを意識して行なってみてください。

のどが痛い時には無理に行わない

手洗い、うがいは予防に効果がありますが、治療として行うにはうがいはちょっと喉がつらいかもしれません。うがいをして喉が痛む場合には、無理に行わないようにしましょう。

インフルエンザは発症から3日目ぐらいまで増え続けていきます。そこから少しずつ体の抗体が機能を始めるので、3日目以降に体調がよければうがいを行なってもよいでしょう。

新コルゲンコーワ うがい薬ワンプッシュ 200ml
興和新薬 (2007-01-09)
売り上げランキング: 406

まとめ:とりあえず、うがいをしてみる程度の気持ちで

うがいは、インフルエンザを治療する効果も予防する効果も限定的ですが、一応しておいて損があるようなものではありません。風邪や細菌の予防効果もありますし、インフルエンザの合併症を防ぐことができます。

そうはいっても、無理は禁物です。うがいをして喉がひどく痛むようでしたら無理に行わないようにしましょう。体力がついてきたら、うがいをするのもよいでしょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment