見逃したくない!インフルエンザの兆候の見分け方

インフルエンザの女性

インフルエンザは、予防のためにも、早めの回復のためにもその兆候をしっかりと把握することがとても重要となります。インフルエンザは、通常の風邪に比較してたいへんつらい症状と周囲への感染力を持ちます。そのため、インフルエンザは流行の兆候をつかんで予防するとともに、万が一感染してしまった場合には、初期の兆候を素早く見抜いて対策をとることがとても大切です。

本稿では、インフルエンザの兆候について重要なポイントをまとめています。

スポンサーリンク

早く見抜きたいインフルエンザの兆候

インフルエンザの予防接種

インフルエンザは冬を中心として毎年大流行します。インフルエンザが冬を中心に大流行するのは、インフルエンザウィルスが、寒さと乾いた空気の中を好むためです。

インフルエンザは一見するとその症状が風邪と非常によく似通っているため、症状の悪化を見逃してしまいがちとなります。インフルエンザは放っておけばおくほど症状がひどくなり、たいへん辛い状況になります。また、同時に周りの人に対して飛沫感染(咳やくしゃみを通した感染)や空気感染でうつしてしまうこともありえます。

インフルエンザはその兆候・初期症状を正確に見抜くことが肝要です。
インフルエンザの兆候を見抜き、その対策を立てるためにはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

情報や環境からインフルエンザの情報を得ること

まず、インフルエンザが流行しているという情報を得ることがインフルエンザの兆候をつかみ、予防するための第一歩となります。インフルエンザウィルスには様々な種類があり、その年ごとに流行の強さ、いわゆる「猛威」が異なってきます。感染力の強いインフルエンザウィルスが蔓延している年には、特に、インフルエンザ流行の兆候を予測して対策を立てることが重要です。

具体的には、うがい手洗いと外出時のマスクというのがインフルエンザ予防の基本であり、重要な「キモ」となります。インフルエンザ大流行の兆候があるときこそ、基本的なインフルエンザ対策をすることが何より重要となります。

その他、インフルエンザ大流行の兆候が報道されたような場合には、インフルエンザの予防接種を受けておくことも効果的です。

インフルエンザ初期の兆候

仮に、インフルエンザにかかってしまった場合には、初期症状の兆候を素早く見抜いて、すぐに病院で診察を受けることが重要となります。インフルエンザウィルスは体内で複製されてその数がどんどん多くなります。インフルエンザの治療薬(例えばタミフルなど)の多くは、このインフルエンザウィルスの複製をさせないようにすることで、症状の悪化を防ぐものです。

そのため、インフルエンザにかかってしまった際には、その初期の兆候を見抜いて早急に病院で診察・薬の処方を受けることが重要となります。

インフルエンザ初期の体の兆候としては、例えば、次のような兆候が現れます。

まず、インフルエンザにかかってしまうと、どうしようもないほどの体のだるさを感じます。一見すると「少し疲れがたまって元気が出ないのかな」などと感じる程度です。しかし、だるさはひどくなる一方であり、休むなどしても一向に良くなることはありません。

冬場などインフルエンザが流行している時にこのような体の異変があればインフルエンザ初期の兆候であることがあります。また、発熱の段階まで来てしまった場合には、インフルエンザの兆候はより明白なものとなります。

インフルエンザの熱の場合、少しずつ熱が上がっていくということはなく、一気に38度などの非常に高い熱が出ます。急な熱の高さに驚いてしまうこともあります。このようなインフルエンザの兆候を感じた場合には、周囲への感染の恐れもあり、早くインフルエンザを治療する必要がありますので、仕事や学校は早退などしてすぐに休むべきと言うことができます。

このようにインフルエンザの兆候は通常の風邪などとは大きく異なることとなります。その他、非常に強い筋肉痛などもインフルエンザの兆候として現れることがあります。この筋肉痛などの兆候も、一見すれば、ただの筋肉痛や体の疲れなどとして見逃してしまいがちとなるので、注意が必要です。

インフルエンザワクチンはいらない (双葉新書)
母里 啓子
双葉社
売り上げランキング: 94,592

まとめ:インフルエンザの兆候と予防・回復のポイント

以上、本文で述べましたインフルエンザの兆候についてのポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザは発症するとたいへんつらい症状があらわれ、周囲にうつる可能性も大きいのでその兆候を見抜いて対策を立てることが重要です。
  • インフルエンザにかからないようにするためには、ニュースなどでインフルエンザの流行の状況などを把握することが第一です。インフルエンザがはやる兆候が見られる場合には、うがい手洗いやマスクをつけての外出など基本的なことをしっかりとすることがインフルエンザの予防には非常に効果的です。また、予防接種を受けることも、もちろん効果があります
  • インフルエンザの初期症状の兆候としては、異常な体のだるさや急な発熱などが現れます。これらの兆候が見られた場合には、すぐに医師の診察を受けて薬の処方を受ける事が大切です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment