熱が下がってもまだ注意が必要!インフルエンザの治癒期間とは

カレンダー

昨今よく耳にするのが出席停止期間や自宅待機といった言葉ですが、これらはインフルエンザにかかってしまった場合に周囲への感染を鑑みて配慮してくださいという事が根本にあります。

インフルエンザの怖さの一つにはその感染力の強さにあります。インフルエンザの治癒期間に他人と接触すると感染してしまう恐れがあります。このような事態を避けるためには、しっかりと治癒期間がどの程度なのかを知っておく必要があります。

今回は、インフルエンザの治癒期間がどの程度の期間なのか、またその治癒期間の間に効果的な治療方法にはどのような物があるのかを見ていくことにしたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザの治癒期間とは

それではまず、インフルエンザに感染してから完治するまでの流れについて、順を追って説明していきましょう。

感染から発症まで

医者

まず、インフルエンザウィルスに感染してからその症状が発症するまでにはある程度の時間がかかります。免疫力が低下している人では1日を待たずして発症することがありますが、およそ健康な人の場合には1日~2日と言われています。

インフルエンザウィルスはバクテリアなどの細菌と違って人体の細胞に寄生することで繁殖します。そのため、感染から症状が発症するまでに時間がかかります。

細菌に感染したり人体の組織が直接炎症を発した場合にはその発症は比較的早いのが特徴です。そのため、早期の診断が可能だという事が挙げられます。

インフルエンザの場合、この発症するまでの期間に検査を受けたとしても陰性であると判断されてしまうことがあります。それはインフルエンザウィルスがある程度増殖していないと陽性反応が出にくいという事が原因になっています。

発症から症状のピークまで

発熱、全員の倦怠感、悪寒、食欲不振、体の痛みなどがいよいよ出始めると、おや、インフルエンザかなという事になります。このときはじめて感染してしまっていることがわかります。

インフルエンザには特効薬というものはありませんが、それでも症状を軽くするために開発された薬があります。タミフルなどがその例として挙げられますが、タミフルを使用する場合には発症から48時間以内に服用しないと効果が認められなくなると言われています。

つまり、この時期に早めに診察を受けて早期に処置をすることが病状を和らげていくための重要なポイントとなります。

また、この段階に入ると急激に症状が悪化するのもインフルエンザの特徴です。熱が高温に達し、全身に痛みや痙攣を引き起こす場合もありますが、いずれの症状もこの段階でピークに達します。

ピークから解熱まで

症状がピークに達してから体内のウィルスが排除されてくると、徐々にその症状が和らいできます。インフルエンザでの発熱は高温にまで達し、低い場合でも38.5℃程度まで、高くまで上がる場合には41℃程度まで上がることもあります。

症状がピークに達するまでに何らかの処置ができていると、ピークの期間を短くすることができます。人によって個人差はあるものの、およそ2日~3日程度で解熱していきます。

解熱後から完治まで

症状が沈静化して解熱した後も、元気になったように見えてじつはまだ体内にウィルスが残っています。解熱してから2日間は出席停止が義務付けられているのもそれが理由です。

体内でのウィルスの活動がある一定のラインを下回ると体温は下がり、体内で作られた抗体だけで残りのウィルスを排除できるようになります。そのため一見完治したように見えてもまだまだ周囲にウィルスを感染させてしまう恐れがあり事には変わりません。

完全にウィルスを排除し尽くすのには解熱後少なくとも1日以上はかかってしまいます。その間は安静にして外出を控えるようにしましょう。

感染した時の治療方法について

ここからは、インフルエンザに感染した時の治療方法について説明していくことにしましょう。

自宅療養の方法

まずは医者に診てもらうことが第一ですが、症状が出始めて診察してもらってからが症状が最も重くなります。いくら診察を受けて薬を処方してもらったり投薬を受けたりしても、すぐにイン震え名が治ってしまうわけではありません。まずはしっかりと体を休めて、体の免疫機能を引き出せるように煮なければなりません。

体を休めるのに合わせて、十分な水分と栄養を取ることも大切です。発熱する際や体内の毒素や老廃物を排出するためには相当な水分を必要とします。また食欲が落ちがちですので、ただの水だけ摂るのではなくある程度塩分や糖分をとる必要もあります。

ミネラルウォーターとスポーツドリンクを交互に飲むくらいがちょうどいいでしょう。ただし、スポーツドリンクは飲みすぎないように注意しましょう。

また、少しでも食べられるようなら消化のいいものを口にしましょう。スープやお粥など口にできるときは食べておくようにするのが早く症状を和らげることにもつながります。

症状を和らげる対症療法

インフルエンザの症状は完全に抑えることができないのが現実です。特に発熱は体内のウィルスや毒素、老廃物を排出するのに必要な事です。もちろん高熱が続いたりあまりに高い熱になってしまうのはよくありませんが、ある程度の熱が出ることで治癒へと進んでいきます。

インフルエンザの症状はつらいものですが、解熱鎮痛剤などでこれを和らげることはできます。ただし、中には感染症や合併症を引き起こしてしまいやすい成分のものもあるので、使用には十分注意が必要です。

どうしても症状が気になるのであれば、最初の診断の時にあらかじめ解熱剤や鎮痛剤を処方してもらうようにお願いしておいたほうが良いでしょう。市販薬の中にも使えるものはありますが、死闘とではその判断が難しいというのが現実だからです。

ただ、一つだけ注意しておかなければならないことは、症状が早く緩和されたからと言ってその分完治も早まったという事にはならないという事です。ウィルスが体内に生息している期間というのは症状の重い軽いに影響されません。楽になってからも十分に体を休ませることがとても重要なのです。

抗ウィルス薬を用いた治療

抗ウィルス剤を用いるには、感染したインフルエンザがどの型かを歯科k理と判断する必要があります。主にA型B型に加え、最近では新型が大変世間をにぎわせるようになりました。また、同じA型でも香港型とソ連型では効果があるものとないものもあります。

抗ウィルス薬を使う際にも、解熱剤などと同じようにちゃんと医師に処方してもらうようにしましょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 165

まとめ:インフルエンザを終息するには治癒期間が大切

インフルエンザを発症してしまった場合、早く治すためにも周囲にうつしてしまわないためにも治癒期間にしっかりと体を休めて完治させるということが大切です。

また、治癒期間にしっかりと治療することで、症状を和らげて乗り切ることができることも併せてしっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment