インフルエンザの治療期間に使用される薬の種類

元気な男

インフルエンザは初期治療が大切といわれています。しかしながら、自分で判断して解熱剤や咳止めなどを服用するのはとても危険を伴うとも言われています。

では、一体どのような薬なら良いのでしょうか?一番は診察を受けてきちんと医師に処方してもらう薬がいいに決まっていますね。

今回は、インフルエンザが発症してから解熱するまでの治療期間に処方される代表的な薬について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

処方される代表的な薬について

医師

医師の診察を受けると、それぞれの症状や年齢、持病の有無などいろいろなことを考えてそれぞれに合った薬を処方してくれますが、それらの薬は一体どのような物があるのでしょうか?

それぞれの薬の特徴や使用方法、また長所と短所なども併せて紹介していくことにしましょう。

タミフル

最もよく耳にする薬がこれだと思います。インフルエンザにはA型・B型・C型とありますが、このタミフルは特にA型に効果があります。

B型にも効果はありますが、A型に比べるとやや効果が低いと言われています。またC型には効果がないともされています。ただし、いずれのインフルエンザの型にも発症してから48時間以内に服用を開始しないと効果がありません。

インフルエンザウィルスの増殖は急性があり、増殖期に服用することでその増殖を抑制することができるからです。増殖しきってからでは増殖を抑制してもあまり変わらないという事が48時間以内にといわれている要因というわけです。

タミフルが処方されるときの剤型はカプセルが殆どですが、ドライシロップの場合もあります。投薬方法は飲用します。用量は1回1錠で、1日2回を5日間服用するのが一般的です。一度処方されたタミフルは症状が軽減されてきても飲みきるまでは続けるのが基本です。途中でやめてしまうと、そこからウィルスが増殖してしまう可能性があるためです。

このタミフルの大きな副作用には腹痛や下痢や吐き気など、内臓にかかわるものがあります。さらに、もう記憶に古くなりつつありますが、タミフルを使用したことで若年層に精神障害をきたし、異常行動が多数確認されたことから10歳以上の未成年への投与は禁止されています。乳幼児にもほとんど処方されることはありません。

また、一度に処方される分の薬価格はおよそ3,000円となっています。

リレンザ

この薬はタミフルと異なり飲用薬ではなく吸入薬であるという事がまず一番の特徴です。ただ、効果はタミフルと同じで、A型B型に効果があり、用量も1日2回を5日間と全く一緒です。

先述の通りタミフルによる精神障害が話題になってからは、このリレンザも多く用いられるようになりました。

ただ、使用には専用の吸入器が必要で、新薬として登場した当初は保険が適用されていなかったためなかなか一般的には広がっていませんでした。現在ではタミフルと同じく保険が適用されています。

効果を認めるにはこれまたタミフルと同じく48時間以内に使用を開始することが条件となっています。

吸入薬として使用されるため、副作用には気管への疾患がみられることがあります。もともと呼吸器の持病を持っていると、その持病を悪化させたり一度は収まっていた症状が再発する場合もあります。

薬価格は保険が適用された現在ではタミフルとほぼ同等の3,400円程度となっています。

ラピアクタ

処方薬とはちょっと異なりますが、医療機関で診察を受けインフルエンザと診断された場合に点滴を投与される場合があります。このときの点滴がラピアクタです。

用量は成人で1回300㎎、子供には体重でそれ以下になりますが、およそ15分かけて投与します。

1回のみでしかも医療機関で投薬してくれますので、飲み忘れなどの心配がないことが大きなメリットと言えます。ただ、1回分の薬価格は5,000円余りとちょっと高価です。

イナビル

最後に、2010年から新薬として販売されているイナビルですが、これはリレンザと同じ吸入薬です。

このイナビルの大きな特徴はリレンザとは違い1回の投与だけで済んでしまうというところです。成人および10歳以上の子供には20㎎を2本、10歳未満の子供には20㎎を1本、それぞれ1回に吸入します。

点滴のラピアクタと同じで飲み忘れをすることがないので、これもメリットの部分でしょう。

ただ、副作用については未だはっきりとは確認がされておらず、この薬を使用した場合には保護者などが数日間付き添ってしっかりと様子を確認していることが必要になりそうです。

薬価格は20㎎1本で2,000円程度です。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 165

まとめ:治療期間中の薬はそれぞれ用法を守ろう

治療期間に処方される薬には、それぞれの症状などに合わせて効果的なものがあることがわかりました。これらの薬を上手に医師が処方してくれる限り、自分であれこれ考えて薬を買いに走らなくてもいいでしょう。

ともあれ、これらの薬があるからと言って無理をせず、一日も早く症状を回復できるようにしっかりと安静にしましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment