インフルエンザにかかった時の4つの対処のポイント

ペットボトル

インフルエンザにかかってしまった際には、通常の風邪とは、やや異なった対処をとることが重要です。もちろん、インフルエンザも通常の風邪と同じようにじっくりと休むことなどが重要な点は変わりません。ただ、それだけではなくインフルエンザウィルス特徴から、特有の対処をすることが症状の悪化を防いだり、周囲への感染を予防するなどのためには重要となります。

本稿ではインフルエンザ対処のポイントを4つに分けてまとめています。

スポンサーリンク

症状が非常に辛いインフルエンザ

水分補給する女性

インフルエンザは通常の風邪とは異なるウィルスによって発症します。
インフルエンザにかかってしまうと、主要な症状としては38度から39度(あるいはそれ以上)にのぼる高熱・ひどい関節痛や筋肉痛・くしゃみや喉の激しい痛み・頭痛・過剰な倦怠感(だるさ)などの症状があらわれます。

インフルエンザは医学的には風邪とは全く異なるものですが、目に見える症状としては「重症の風邪」というイメージで把握しても差し支えはないかもしれません。そのため、インフルエンザにかかってしまった場合には(病院でタミフル等の処方を受けることは当然として)しっかりと睡眠を取って休むという対処を取ることが何よりも大切です。

インフルエンザといえど体調回復にはしっかりと休むということがもっとも大切となることには違いはありません。可能であれば食事によって栄養も摂りましょう。

ただ、インフルエンザはやはり通常の風邪とは異なるものですので、症状を悪化させてしまったり、肺炎などの合併症を引き起こさないように独特の対処方法が必要とも言えます。

インフルエンザ対処のポイントとしてはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

インフルエンザの時の対処法のポイント1・水分補給

インフルエンザにかかってしまった際には、その対処として水分をしっかりと摂ることが特に重要です。インフルエンザは高熱が出ることなどから、脱水症状を起こしやすくなります。特に子供の場合には脱水症状には特に注意してあげることが必要です。具体的な対処としては、子供の場合、甘いジュースなどでも好む飲み物を与えてあげて水分をしっかりと摂るようにしてあげることが大切です。

可能であれば、スポーツドリンクが水分補給には良いと言えます。インフルエンザの際にはこまめに水分を摂るという対処をとることが重要となります。

インフルエンザの対処のポイント2・頭部などを冷やす

インフルエンザでは高い熱が出ますので、熱を冷やすという対処を取ることが大切です。具体的には、氷のうなどで頭を冷やしたりするという対処が効果的です。

また可能であれば、首筋の血管(頚動脈)も冷やすと熱冷ましには効果的です。熱冷まし用のシートを利用したり、ビニール袋に氷を入れてタオルで包んで首筋に当てるなどの対処ができればなお良いと言えます。

インフルエンザの対処のポイント3・部屋の乾燥を避ける

インフルエンザウィルスは、乾燥した空気を非常に好みます。そのため、乾燥しているとインフルエンザの症状が悪化したり、家族の方に感染しやすくなる可能性があります。そのため、インフルエンザの際には部屋の乾燥を避けるという対処をすることも重要です。

できるのであれば、加湿器を購入して利用されることがもっとも良いと言えます。加湿器がお部屋にない場合であれば、100円ショップなどで販売している霧状で水が飛び出る噴射口を利用することが便利です。

インフルエンザの際には可能な限り部屋の湿度を高くするという対処をとることが重要です。

インフルエンザの対処のポイント4・高熱等が治まってもしばらくは安静に

インフルエンザの高熱等の症状はおおむね、2日程度でおさまります。その後は、高熱などの症状がまるで「嘘のように」おさまります。しかし、この状態でもインフルエンザウィルスはまだ体内に残っています。

そのため、インフルエンザの高熱などの症状がおさまっても、その後、2日程度は安静にするという対処をとることが必要です。これはインフルエンザを周りに感染させてしまわないようにするということに加えて、抵抗力が弱くなっている状態で通常の風邪などに感染しやすくなることを避けるための対処です。

インフルエンザの症状がおさまった後は、ゆっくりと部屋などで過ごし、リラックスした気分でいると体の抵抗力の回復も早いので、症状が治まってから2日程度はじっくりと過ごすという対処が重要です。

まとめ:インフルエンザの対処のポイントのまとめ

以上、本文で述べましたインフルエンザにかかってしまった際の対処のポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザにかかってしまった際には、何より重要となるのはしっかりと休むということです。タミフル等の病院からの処方薬を服用して十分な睡眠を取るという対処が何よりも重要です
  • インフルエンザの際には十分に休むという対処に加えて、十分に水分を取ること、頭部・頸部(頚動脈)などを冷やすこと・部屋の湿度を高めることなどが重要です
  • インフルエンザの症状が治まった後も2日程度はインフルエンザウィルスが体内に残りますので、ゆっくりと過ごして周囲への感染を防止することやご自身が別の風邪等にかからないようにすることが重要です

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment