インフルエンザの女性

インフルエンザの中でも特に症状が悪化しやすいのはA型とB型ですが、インフルエンザの症状は風邪の症状によく似ているため早期に対応するのが比較的難しいとされています。

風邪は放っておいても治るという根拠のない一般論でインフルエンザにかかっているにもかかわらず放置してしまうと、重病化してしまう事もあり中には合併症や感染症に苦しんでしまう事にもなりかねません。

今回は、早期にインフルエンザの治療を受けられるように、その初期症状について紹介していくことにしましょう。

スポンサーリンク

インフルエンザの初期症状

では、インフルエンザの初期症状にはどのような物があるのかをそれぞれの症状別にみていくことにしましょう。

高い発熱

注射

インフルエンザの大きな特徴として、感染してから症状が出始めると途端に高熱になるというものがあります。具合が悪いかなと思って熱を測ったら、すでに38℃も熱があったというケースは珍しくありません。

インフルエンザウィルスが体内で増殖し始めると、ウィルスを排除しようという働きが強まり高熱に達します。このスピードが風邪とは大違いで早いのがインフルエンザの初期症状の特徴の一つです。

インフルエンザで発する熱は、時に40℃以上に達することもあります。人の細胞は42.5℃以上になってしまうと障害が起き始め、数時間その温度が保たれると障害を修復できなくなってしまいます。そのため、インフルエンザの治療においては熱のコントロールが重要になってきます。

本来発熱はインフルエンザウィルスを排除するために体内の自然利輸能力が発揮されて起こる現象ですので、安易に熱を下げるとウィルスの増殖を助長することになってしまいます。

早めにインフルエンザだとわかれば、またそのタイプを型別に判断することで、熱のコントロールもしやすくなるというものです。

体全体の痛み

筋肉痛や関節痛が体中にみられる場合には強い発熱や体内の免疫機能が活発化することによって引き起こされている場合があります。

熱によって血流が乱れると、体の隅まで適切に栄養が行き渡らなくなります。すると、体の組織はその異常を訴えるために痛みを発するようになります。そればかりか、進行が進むにつれ神経も圧迫されたり、神経障害に陥ることさえあります。

尾のような原因で全身に痛みを感じたり痺れを感じるようになってしまいます。もし、手足の関節や腰痛を感じたり、筋肉痛や痙攣が起こるようであれば早急に診察を受けるべきでしょう。

倦怠感・悪寒

寒気がしたり、全身がだるかったり重くなったりする場合にもインフルエンザの可能性があります。普通の風邪でもこのような症状を起こす場合がありますが、インフルエンザの特徴として全身に症状が現れやすいという事があります。他の症状がなくてもこの症状が全身にみられた場合にはインフルエンザの可能性を疑ったほうがよさそうです。

腹痛・下痢・吐き気

インフルエンザの種類によっては胃腸への影響が大きくみられる場合があります。急な腹痛に襲われたり、下痢や嘔吐をするようであれば、インフルエンザでなくとも他の感染症にかかっている場合があります。

インフルエンザでこのように胃腸に大きく症状がみられる場合はB型が殆どといわれています。それに比べA型のウィルスは変異しやすく、人から人以外に感染経路が見られないB型に対して、動物などとも感染経路があることがわかっています。そのため、いろんな耐性を兼ね備えていたり変異前とは違った病状を発しやすいのもA型の特徴です。

胃腸にみられる症状は体内にある独資が原因で引き起こされている可能性が最も高いですが、この毒性は細菌やウィルスによって引き起こされる場合が多いので、このような症状が出た場合にはインフルエンザであるなしに関わらず速やかに診察を受けるようにしましょう。

咳・くしゃみ

インフルエンザが感染する経路として最も高いと言われているのが飛沫感染ですが、この飛沫感染は咳やくしゃみによって起こります。

インフルエンザに感染しても咳やくしゃみが出ない場合もありますが、特に咳の場合は通常の風邪の咳とは症状が違うと言われています。喉に痰が張り付いているような重い咳、またむせるように出てくる止めようのない咳が出ている場合にはインフルエンザを発症してきている可能性が高いです。

このような症状が現れ始めたら、インフルエンザの疑いを持った方が良いでしょう。

初期症状を感じたら

上記のような初期症状を感じたらすぐに診察を受けたほうが良いでしょう。

放っておくと大変なことになってしまいがちなインフルエンザです。早く診察してもらうことで早期治療が可能りなり、病状の経過も早いほど穏やかにすることができます。自分のためにも、周りのためにも早く治療を始めることを心がけるようにしましょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 165

まとめ

インフルエンザの初期症状を以下におさらいしておきました。これらの症状が一つでも思い当たるようなら、迷わず診察を受けるように心がけましょう。

  • 急に高熱になった時
  • 筋肉痛・関節痛などを感じた時
  • だるさや悪寒を感じた時
  • 腹痛・下痢・吐き気がある時
  • 咳・くしゃみが出始めた時

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment