インフルエンザにかかった時の休み期間中の過ごし方

インフルエンザの男

インフルエンザによる待機期間の過ごし方としては、体調が回復してからも安静にするという過ごし方をすることが重要です。インフルエンザウィルスは、体調が回復してからも数日間は体内に潜伏しますので、過ごし方としては待機期間中は、期間を通して安静にするという過ごし方が大切となります。

本稿では、インフルエンザに感染した場合の過ごし方についてまとめています。

スポンサーリンク

インフルエンザによる待機期間の過ごし方

インフルエンザの女性

インフルエンザにかかったらおおむね1週間程度は、自宅待機によって仕事や学校を休むことが必要です。インフルエンザは大変感染力が強いので、せきやくしゃみなどの飛沫によって容易に感染してしまいます(飛沫感染)。その他、空気感染、接触感染もありますので、インフルエンザにかかってしまったら、ご自身の回復のためと周囲へインフルエンザをうつさないための配慮のために待機期間をとることが必要です。

また、会社などもインフルエンザの際には待機期間をとること命じるべきと言えます。周囲への感染の防止、労使間の信頼維持のためにも、会社はしっかりと待機期間を与えるべきです。(なお、インフルエンザは、法的には隔離が強制される法定伝染病ではありませんが診断した医師による届出が必要な届出伝染病となっています)

インフルエンザによる待機期間は、最低でも5日程度は必要です。一般には1週間の待機期間が設定されることが多いようです。

インフルエンザによる待機期間の過ごし方はどのようにすることが望ましいのでしょうか。

熱がさがるまでは安静を保ちご自身の健康回復を

インフルエンザにかかると当初は38度以上の高熱と「言い表せないほどの」気だるさを感じます。このインフルエンザによる体調不良はおおむね2日程度続きます。そのため、インフルエンザにかかった場合、当初の2日程度は主として薬を飲みしっかりと眠るという過ごし方をすることが重要です。

インフルエンザの場合、医師からタミフルなどの毎日飲む経口薬を処方されたり、ラピアクタのような点滴の形で薬が処方されます。どのような治療薬の処方を受けたとしても、すぐに体調が良くなるという特効薬はありません。そのため、インフルエンザにかかってから2日程度はゆっくりと安静にして休むという過ごし方をとることが重要です。

また、この期間はせきなどもたくさん出ますので、家族への飛沫感染の可能性が非常に強くなります。そのため、当初の2日間程度はマスクをするなどして家族にインフルエンザウィルスを感染させないようする過ごし方が大切です。

体調回復後の過ごし方

インフルエンザが発症してから2日ないし3日程度が過ぎると高熱や体のだるさなどは落ち着いてきます。この後は、過ごし方としては、体力の回復を図るとともに家族などへの感染を防ぐという過ごし方を意識されることが重要です。

インフルエンザによる発熱がおさまっても、すぐにはインフルエンザウィルスはなくならず体内に潜伏します。潜伏の期間は発熱などがおさまってから3日程度です。(そのため、インフルエンザの場合には少なくとも5日程度の待機期間が必要となります。)

この期間は体調自体は回復するため、読書や軽い仕事などを自宅でされるという過ごし方も良いと言えます。ただ、体調が良くなったとしても体にはインフルエンザウィルスがまだ存在していますので、自宅待機を続けるという過ごし方をとることが重要です。

体調が良くなったことから、つい外出などをしたくなってしまうことも、気持ちとしてはあるかもしれませんが、外出などをすればインフルエンザウィルスを周囲に撒き散らしてしまいます。そのため、あくまでも自宅待機の期間として自宅で過ごすという過ごし方が基本となります。

買い物などでどうしても外に出なければならない時などには、マスクをしてインフルエンザウィルスを撒き散らしてしまわないようにするという過ごし方が大切です。

また、自宅での過ごし方としても、可能な限り、一人で過ごし家族への感染を予防するという過ごし方で待機期間を満了するというのが望ましいと言えます。

このようにインフルエンザでは、高熱などの症状がおさまってからの待機期間の過ごし方も重要となります。

まとめ:インフルエンザの待機期間の過ごし方のポイント

以上本文で述べましたインフルエンザの待機期間の過ごし方のポイントをまとめますと以下のような過ごし方が望ましいと言えます。

  • インフルエンザにかかってから2日程度は絶対安静をとり、体を休ませるという過ごし方をすることが重要です。体調の回復までは安静をとるという過ごし方をしましょう
  • インフルエンザによる熱などがおさまっても、その後3日程度は自宅待機の期間を過ごすことが必要です。インフルエンザの症状がおさまっても3日間程度はインフルエンザウィルスは体内にいますので、過ごし方としては自宅でしずかに過ごすことが重要です
  • インフルエンザによる待機期間中に外に出るときはマスクをするなどしてインフルエンザウィルスを拡散させないように配慮する過ごし方が重要です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment