湿疹持ちのインフルエンザでは汗をコントロールしよう

風邪

インフルエンザにかかったとき大変な思いをする人たちの中で、アトピー性皮膚炎の方々がいます。

インフルエンザに罹患すると、最初の数日間、大量の汗をかきます。その際に、アトピーや皮膚炎などを持っていると、湿疹を大幅に悪化させてしまうことがあるのです。これを抑えるためには、解熱剤を飲むなどして汗を減らすことが大事です。

インフルエンザに罹患した場合の湿疹対策について、記述いたします。

スポンサーリンク

インフルエンザの時に湿疹が悪化する理由

寒い

インフルエンザにかかると湿疹が悪化するのは、大量に汗をかくためです。

汗をかいて湿疹が悪化する理由は、湿疹を発生させる発汗線を刺激し、汗がでることで皮膚が柔らかく弱くなってしまいます。ずっと布団やパジャマなどと皮膚が接触した状態が続いているので、弱った皮膚がさらに痛むことが多くあります。特に、アトピー性皮膚炎の方は大幅に悪化するケースが非常に多いらしく、苦しい思いをすることが多いようです。

湿疹が悪化する理由はほかに「外用薬が汗で流れる」ということも理由としてあげられるでしょう。発汗量も多いインフルエンザでは、外用薬などが汗で薄まり、流れでてしまうわけです。

湿疹と発汗

湿疹は発汗によって悪化する場合も、改善する場合もあります。発汗はただの水分ではなく油分などを含んだ液体です。汗をかきにくい体質の方のアトピーでは、発汗によって汗腺のつまりが解消されることもすくなくありません。発汗を司る自律神経がおかしくなってしまっているため、発汗が普段から少ないといった方では、定期的に多くの汗をかくことによってアトピーの改善を役立てることができるのです。

また、汗には皮膚表面のバリアを行うという側面もあります。

ただし、インフルエンザの時の発汗は体温を下げる働きもあり、また布団と接触しつづけることで肌が蒸れてしまい、皮膚炎が悪化する可能性もあります。いずれにせよ、発汗を放置しておくのはあまり勧められません。

インフルエンザの発汗、湿疹対策

それでは、インフルエンザの発汗や、湿疹に対してどのような対策を行えばよいのでしょうか。

インフルエンザの発汗は最初の数日間に行われます。その期間は「全身症状」がでるといわます。強い倦怠感、めまい、耳鳴り、高熱、関節の痛み、発熱、寒気など、全身の諸症状がでてきます。大量の発汗もこの段階で発生するものです。

湿疹持ちのかたがインフルエンザに対して行うべき対処法も症状に応じて多岐にわたるますが、ここでは代表的なものをとりあげます。

こまめに汗をふく

湿疹を悪化させないようにするためには、こまめに汗をコントロールすることです。こまめに柔らかいタオルで汗を拭くのが無難ですが、タオルの種類によっては肌をさらに痛めることになってしまいます。

汗を拭う頻度もあまりにも多すぎてはいけません。ナイロン製ではない、柔らかい綿のタオルがよいでしょう。

シャワーを浴びる

シャワーを浴びることも効果があります。シャワーを浴びることで拭うだけでは取りきれない汗も落とすことができますから、体力があるようであれば軽くシャワーを浴びることをおすすめします。十分に体力があり、しっかり肌を拭うようにしましょう。

解熱剤をのみ、外用薬を使う

インフルエンザにかかると大量の発汗があるためアトピーなどの外用薬が流れてしまいます。それを防ぐためには汗を減らすのが一番ですが、制汗剤などを使うことはオススメできません。一番シンプルなのは、アセトアミノフェンが配合された解熱剤を飲むことで、熱が抑えられ、制汗作用が得られます。その上で外用薬を使うことで、流れでてしまう量を減らすことができます。

外用薬のなかでも、粘度が高いクリームなどのように、汗で流れにくいものがあります。

薬の服用を止める

薬の服用によって過剰な湿疹がでてしまう副作用が稀にあることが知られています。解熱剤および、抗インフルエンザ薬(リレンザ・タミフル等)でそうした症状があることがわかっていますが、詳しいことはよくわかっていません。

9歳時までの小児が、インフルエンザと同時に湿疹を発症したといった場合にはこの副作用を疑ってみる必要があります。すぐに小児科の医師に相談しましょう。

アトピーなんか飛んで行け!―アトピー克服実践マニュアル
アトピーなんか飛んで行け!の会
ブイツーソリューション
売り上げランキング: 7,063

まとめ:インフルエンザの汗をコントロールして湿疹改善

インフルエンザの時には大量の汗をかきますが、アトピーの人や湿疹の方には非常につらい思いをするでしょう。熱がある最中にはこまめに汗を拭き取り、体力があるようであれば、シャワーを浴びるのもよいでしょう。解熱剤を飲むことで熱の症状を少し減らすことができます。

湿疹もちの方がインフルエンザになると大変辛い状態になることもありますが、まずは汗をしっかりコントロールすることが肝要です。ベビーパウダーなどをつかって肌の状態を保っておくことも大事です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment