インフルエンザにかかっても仕事をすることは可能なのか?

仕事に行く男

インフルエンザにかかってしまった場合には、仕事をすることは可能なのでしょうか。インフルエンザは発症から、ウィルスが完全になくなるまで一定の時間がかかります。熱などが下がってもすぐにインフルエンザのウィルスがなくなるわけではないので、そのような点に配慮して自宅でお仕事をされることなどが大切です。

スポンサーリンク

インフルエンザの発症と仕事への影響

オフィス街

インフルエンザは、毎年冬の時期に大流行するひとつの「風物詩」ということもできるでしょう。インフルエンザが大流行しなかった年はないと行っても過言ではないのではないでしょうか。

インフルエンザは、ウィルスの感染によって発症します。インフルエンザウィルスは咳やくしゃみなどのほか、空気や接触(例えば、ドアノブ、握手、お釣りの受け渡しなど)によっても感染します。インフルエンザは非常に高い感染力を持ち、感染後、1日から2日程度の潜伏期間をおいて発症します。

インフルエンザに罹患し、発症してしまった場合には仕事を休まなければなりません。インフルエンザにかかってしまった場合、基本的には1週間仕事を休まなければなりません

1週間という期間は、様々な仕事がある多忙なビジネスマンの方にとって大きなロスとなってしまい、その影響は非常に大きいということができるでしょう。

インフルエンザでも仕事をすることは可能?

インフルエンザでも仕事をしたいという方は多いと思われます。例えば、1週間仕事を休んでしまうことで、大きなロスが生じ仕事が滞ってしまうという方もいれば、日給月給制などで仕事を休んでしまうと給与に直接影響を及ぼすなどの理由から仕事を休みたくないという方もおられるでしょう。

インフルエンザでも仕事をすることは可能なのでしょうか。

まず、インフルエンザを発症してしまった場合、発症後の2日程度は完全にダウンしてしまう時期ですので、仕事をすることは不可能ということができるでしょう。

インフルエンザは発症後、2日程度は39度程度の高熱、体中の痛み(筋肉痛)などが生じますので、仕事を手に取ることはできない状態となります。仮に無理をしてお仕事などをされてしまえば、かえって仕事のミスにつながるなどデメリットが大きいということができます。

そのため、インフルエンザ発症後、2日程度は仕事をすることは不可能
と割り切ったほうが良いということができます。ご自身のご健康のためにも仕事は休まれるべきでしょう。

では、インフルエンザによる高熱がおさまったら、すぐに仕事に取り掛かっても良いのでしょうか。

インフルエンザの感染力と免疫力の低下

高熱が下がっても、その後出社をして仕事をすることは2日程度は控えることが必要です。また、ご自宅で仕事をされる場合にも、無理をされてはいけません。

インフルエンザは高熱が下がる頃になると、体調が非常に良くなります。ご自身の体は健康そのもので、外出することもできるほど回復します。

しかし、解熱後2日程度はインフルエンザのウィルスはまだ体に残っています。そのため、
解熱後、すぐに出社等をして仕事をされると、相当高い可能性で周囲にインフルエンザをうつしてしまうことになります。周囲の仕事に迷惑をかけてしまわないためにも、解熱後、2日程度は出社等をして仕事をされることは避けるべきということができます。お仕事は、ご自宅ですることが可能なことをされるようにしましょう。

また、自宅でお仕事をされるとしても、決して無理をしてはいけません。インフルエンザから回復途中ですので、免疫の低下により、別な風邪やインフルエンザウィルスに感染してしまう可能性があるためです。

インフルエンザが良くなり、もうすぐ出社等をしてバリバリ仕事に戻ることができるのですから、その直前に無理をされて再度風邪や別のインフルエンザにかかってしまっては元も子もないという事となってしまいます。

インフルエンザの高熱が下がったあと、自宅でお仕事をされる際にも決して無理をなさらずにマイペースで取り組まれることが大切です。

なお、インフルエンザを避けるために、インフルエンザの予防接種を受けておかれることを強くお勧めすることができます。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 214

まとめ:インフルエンザの際には可能な限り仕事を休む

以上、本文で述べましたインフルエンザの際の仕事についてポイントをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザ発症後、当初の2日程度は仕事をされるということは完全に避けることが必要です。高熱が出ますので、無理をして仕事をされると、ミスを生じたり健康を大きく害してしまうことになります
  • インフルエンザによる高熱がおさまってからもさらに2日程度は出社して仕事をされることは避けるべきです。インフルエンザのウィルスが周囲に感染してしまうためです。また、ご自宅でお仕事をされるにあたっても、抵抗力・免疫力が低下していますので、無理をされないように注意することが大切です 

仕事は大切ですが、何よりも健康な体があっての仕事です。インフルエンザの際にはしっかりと休まれることを何よりも優先されてください。何よりも「体が資本」です。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment