仕事中の男

冬になるとインフルエンザが流行し、毎年1000万人が感染していると言われています。しかも、そのうち1万人がインフルエンザに関連した病気で死亡してしまうので、インフルエンザだからといって侮れません。

インフルエンザは非常に感染力の強い病気ですので、インフルエンザにかかったら周りの人にうつさないためにも、会社を休むように言われる職場もあります。

インフルエンザにかかったら、会社は何日ぐらい休めばいいのでしょうか?熱が下がったからと言って、出社してもいいのでしょうか。正しい知識がないと、知らないうちに周りにうつしてしまい、会社中にインフルエンザが蔓延してしまう事態になりかねませんので、休むべき日数をきちんと知っておきましょう。

スポンサーリンク

仕事を休むべき日数

インフルエンザの女性

インフルエンザにかかると、ウイルスが排出されるまで5日間かかると言われています。医師からは、解熱後2日は安静にするようにと言われる場合が多いです。

しかし、感染して高熱が出た次の日に熱が下がって、2日安静にして休むと、5日目には解熱して2日たったからと言って出社してしまうことが考えられます。感染が5日目に出社すると、症状がなくても身体からウイルスが排出されていて、インフルエンザをうつしてしまう可能性があります。

したがって、早々に熱が下がったとしても、感染後5日間は会社を休むようにした方がいいと言えます。会社によっては、会社側から一週間休むようにと言われることもあります。

症状がなくなっても保菌している?

会社を休むと、その分周りの人に迷惑がかかると思い、熱が下がってすぐに出社する人もいます。しかし、熱が下がったからといっても、完全に治ったわけではありません。

インフルエンザに感染することで、自分の体の中に免疫ができて症状が出なくなっているだけで、保菌していることには変わりありません。体の中でまだ生き残っているウイルスが、周りの免疫がない人や体力が落ちている人に感染する可能性が高いのです。

会社を休むと、任せられた仕事がストップしてしまうので、早く会社に復帰したいと焦る気持ちもあるかもしれませんが、自分にとっても周りの人にとっても、感染後5日間は人と接触しないようにしてインフルエンザを広めないようにしましょう。

インフルエンザでは仕事が休む場合の休暇の扱い

インフルエンザにかかっても、仕事をストップさせられないということで仕事を休めないと思っている人も多いのではないでしょうか?

しかし、体調が万全でないと仕事の効率が悪くなったり、ミスが多くなったりしますし、職場の人にインフルエンザをうつしてしまいますので、自分のためにも職場の人のためにもこの際休んだ方が賢明です。無理をしても誰もいいことがありません。職場の人に迷惑をかけたくないと思うなら、症状を長引かせず早くよくなるようにしっかり休むことが一番いいです。

インフルエンザで仕事を休む場合、気になるのが休暇の扱いについてです。大きな会社では、診断書を出すように言われる職場もあり、そのような会社では診断書を出さないとインフルエンザと認められないこともあります。

しかし、多くの会社では、診断書の提出を要求されるということはなく、インフルエンザで休むと連絡すれば、自動的に有給休暇にされるというようになっています。

学生ならインフルエンザで休むというと出席停止という扱いになって、欠席日数の中にはカウントされないことになっています。しかし、会社ではそのようなシステムはないので、有給休暇という扱いになります。日本人は、有給休暇の消化率が低いと言われていますので、インフルエンザをいい機会と割り切って、有給休暇を消化するのも有意義なことです。

インフルエンザの予防法

インフルエンザにかかると自分もつらいし、職場の人にも迷惑がかかりますので、かからないのが一番です。インフルエンザにかからないようにするための予防法を紹介します。

まずは予防接種を受けることが挙げられます。12月くらいから流行が始まりますので、11月中旬までに予防接種を受けるといいでしょう。

次に、手洗い・うがい・マスクの着用があります。これは、耳にタコができるほどよく聞く予防法ですね。

また、寒い冬はつい暖房をつけっぱなしで換気を忘れてしまいがちですが、部屋の換気も大切です。

体力が落ちるとインフルエンザにかかりやすくなりますので、十分な休養や栄養をしっかりとって、日々の疲れを残さないようにしましょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 252

まとめ:インフルエンザにかかったら、5日間は仕事を休むようにしましょう

インフルエンザにかかると、ウイルスの完全に排出し終わるまで5日間かかりますので、仕事も5日間は休むようにしましょう。医師からは解熱後2日は安静にするようにと言われるので、感染後5日たたずに出社する人もいます。しかし、熱が下がっても5日たっていないと、本人は症状がなくてもウイルスは排出しきっていないので、周りの人に感染させてしまう恐れがあります。たとえ熱が下がっても、感染後5日間は家で休むようにしましょう。

会社によってはインフルエンザで休む場合に診断書が必要な職場もありますが、多くの会社はインフルエンザと連絡すれば自動的に有給休暇の扱いにされます。しっかり休んで症状を長引かせないようにしましょう。

また、インフルエンザにかからないのが一番ですから、予防接種や日頃からの手洗い・うがい等で予防をきちんと行いましょう。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment