重い咳が出たら要注意!?風邪とインフルエンザの違いについて

医師

ちょっとした病状の違いではなかなか風邪なのかインフルエンザなのかの判断間非常に難しいところです。それほど風邪とインフルエンザの症状は近いという事です。

しかし、インフルエンザは風邪と違って症状が重病化しやすい病気です。そのためには早めの判断が必要になります。

ここではインフルエンザと風邪の違いについて、その症状の一つである咳について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザと風邪の違いを知っておこう

医師

わずかな病状の違いでも、全体的に見ていくとそれが風邪なのかインフルエンザなのかの判断をある程度予測することができます。

まずは具体的な症状をそれぞれ見ていくことにしましょう。

風邪の主な症状とは

風邪もインフルエンザと同じウィルスの感染による病気ですが、そのウィルスの違いが風邪とインフルエンザの違いの元です。風邪の原因となるウィルスは一年中感染しやすいというのが大きな特徴です。

風邪のウィルスは主にコロナウィルス・アデノウィルス・ライノウィルスが挙げられます。これらのウィルスによって引き起こされる症状は主に気管支にみられます。

風邪の場合は感染してからの病状の進行はゆっくりです。おや?と思ってからの進行が徐々に進行していく場合には、風邪の可能性が高いと思われます。

発熱も割合微熱で済んでしまうことが多く、およその場合は37℃から38℃程度、高くても38.5℃程度なのが一般的です。

そのほかの主な症状にはくしゃみ・鼻水・鼻づまり・のどの痛みなどが挙げられます。

インフルエンザの主な症状とは

インフルエンザウィルスの場合、主な流行時期は冬に集中しています。その理由はインフルエンザウィルスが低温低湿を好むため、その環境が整っている冬が発症しやすいという事が要因となっています。

発熱は高温にまで達し、38℃以上になることが殆どです。場合によっては40℃前後まで上がる場合も多いため、高熱による様々な合併症を患う恐れがあるのもインフルエンザの特徴です。

症状の進行速度が急激であることもインフルエンザの場合の特徴で、ひょっとしたら風邪を引いたかな?と思ってからの症状がすぐに悪化した場合はインフルエンザの可能性を疑ったほうが良いでしょう。

発熱以外の主な症状には咳があります。風邪の場合でも症状によっては咳が出ますが、インフルエンザの場合は特にこの咳が強く出る傾向があります。高熱と咳を発症していたらほぼインフルエンザだと考えられます。

そのほかの主なインフルエンザの症状には、鼻水・鼻づまり・全身の倦怠感や悪寒・関節痛や筋肉痛・頭痛・食欲の減退や吐き気などがあります。

インフルエンザの特徴となる症状とは

上記の風邪とインフルエンザの症状を比較すると、インフルエンザにみられる症状には特徴があることがわかります。

その特徴とは、主に全身にわたって症状が出やすいという事、急激に病状が悪化するという事、高熱を発するという事、そして咳が出るという事です。

インフルエンザの咳について知っておこう

インフルエンザは非常に感染力が高く、重病化しやすい病気だと言われています。そのインフルエンザの特徴の一つである咳について、ちょっと詳しく説明していきたいと思います。

インフルエンザの咳の特徴とは

インフルエンザにみられる特徴的な咳には次のような症状があります。

まず、気管に水や食べ物が誤って入ってしまった時のようなむせ方をした咳です。喉に痛みを感じることが殆どないところは風邪と違っています。また、軽い咳ではなく我慢できないような咳き込み方をするのも大きな特徴です。

咳が一度に長引くことはあまりありませんが、頻繁に咳が出るようになり、熱や体のだるさよりも先にこの症状があります。咳が出始めてからすぐに他の病状が現れるようになるのもインフルエンザの特徴です。

咳が出だしたらインフルエンザの可能性があると受け止めて、早めに診察してもらうようにしましょう。

咳はひとつの感染経路になる

インフルエンザに限ったことではありませんが、特に感染力の硬いインフルエンザでは、感染経路として咳が重大な位置になっているという事を覚えておきましょう。

もちろん接触感染や直接感染のようにものに触れたり直接感染者と接触したりという事も感染経路としてありますが、空気感染は目に見えない部分です。この見えない感染経路を遮断するためにも、マスクをしたり外出を控えたりして、周囲に感染することを防ぐようにしましょう。

解熱後も咳は外に逃がさない

インフルエンザの症状が治まってきて、食欲も出始め、熱も下がってしまっている場合でもウィルス自体がなくなってしまっているわけではありません。無理をして外出すると再発の恐れもありますし、何より周囲にウィルスをばら撒くことになりかねません。

治りかけの咳は次への感染の原因になりうるという事をしっかりと押さえておきましょう。

ユニチャーム ソフトーク 超立体マスク  150枚入
ユニチャーム
売り上げランキング: 187

まとめ:咳が始まったらインフルエンザに注意しよう

インフルエンザと咳のかかわりをここでもう一度確認しておきましょう。

  • 咳が重かったらインフルエンザを疑う
  • マスクをして周囲への感染を防ぐ
  • 咳の後他の症状が急に来たら注意が必要

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment