ご年配の方のインフルエンザ予防と罹患時対策のポイント

インフルエンザの女性

ご年配の方がインフルエンザにかかってしまわれた場合、肺炎などといったインフルエンザ以外の病気が発症してしまうことがあります。そのため、可能な限りインフルエンザに罹患しないよう予防法を考えることが大切となります。また、インフルエンザ罹患時には回復まで特に注意をしたいものです。本稿ではご年配の方のインフルエンザ罹患予防のポイント・罹患時の対策のポイントをまとめています。

スポンサーリンク

インフルエンザ罹患の過程と症状

女性

インフルエンザは毎年冬に流行します。インフルエンザが冬に流行するのはその原因となるウィルスの性質に影響されます。インフルエンザ罹患の原因となるのは、インフルエンザウィルスと呼ばれるものです。このインフルエンザウィルスは冬の寒くて乾燥した気候においては非常に活発に活動します。

インフルエンザウィルスは大変感染力が強く、くしゃみやせき等の飛沫のみならず、接触などでも感染します。(例えば、インフルエンザウィルスが手に付着している方との握手など)その後、体内に侵入したインフルエンザウィルスは2日程度の潜伏期間を経て発症することとなります。これがインフルエンザ罹患までの過程となります。

インフルエンザは罹患された経験がある方にはお分かりいただけると思いますが、非常に高い熱や「えも言われぬ」体のだるさ、悪寒、くしゃみなどを伴います。インフルエンザ罹患の場合、これらの症状はおおむね2日程度続きます。その後、急速に体の調子は良くなりますが、高熱がおさまってからもさらに2日程度はインフルエンザウィルスは体の中で生き残っています。

インフルエンザに罹患してしまった場合には、高熱が落ち着いてからも2日程度はゆっくりと自宅でご養生されることが大切です。

高齢者の方に注意していただきたいインフルエンザ

インフルエンザは上記のようなプロセスを経ておおむね1週間程度で快癒します。しかし、ご高齢の方がインフルエンザに罹患された場合には、重症化してしまうことがありますので注意をしたいところです。

つまり、インフルエンザの罹患に伴って肺炎や気管支炎などにつながってしまうこと、お体の抵抗力が若年者に比べて相対的に弱まっておられることから高熱などで重症となってしまう可能性があること、心臓等に疾患をお持ちの方の場合には様々な健康への害が生じてしまうおそれがあることなどの不安要素を挙げることができます。

そのためインフルエンザに罹患してしまった場合には、快癒までその経過をしっかりと注意しなければならないということができます。

具体的には、いつまでもせきが収まらないといったことはないか、高熱がずっとおさまらないといったことはないか、インフルエンザ罹患に伴い心臓病等の他の持病の悪化は見られないかなどに注意することが大切となります。

インフルエンザ予防と罹患時の対策のポイント

このようにしてご年配の方の場合にはインフルエンザ罹患によって様々なリスクが生じることとなります。そのため、インフルエンザには可能な限り罹患しないように注意したいものです。

インフルエンザ罹患を予防するためには、なによりインフルエンザの予防接種をあらかじめ受けて置かれることが大切です。インフルエンザ予防接種は、インフルエンザ罹患の可能性を大幅に軽減します。また、仮にインフルエンザに罹患してしまっても症状の悪化を食い止めるためにとても効果的です。

多くの自治体では、65歳程度を目安として非常に低廉な価格でのインフルエンザの予防接種を実施しています。(おおむね10月から2月末までの実施が多いと言えます)このようなインフルエンザ予防接種を受けておくことがインフルエンザ罹患を防ぐためにはとても効果的ということができます。

また仮にインフルエンザに罹患してしまった場合には、医師の診断と処方にしっかりと従うことがもっとも重要です。インフルエンザに対してはご家庭の風邪薬などは一切効果はありません。また、インフルエンザ罹患に伴い、入院を勧められた場合には入院をすることも前向きにご検討されることが大切です。

インフルエンザウィルスは毎年変化・進化をしていますので、決して侮られず、罹患の際には信頼することができる医師の診断に従うことが体調回復の最良の方法ということができます。

まとめ:ご年配の方のインフルエンザ罹患予防と罹患時の対策のポイント

以上、本文で述べました、ご年配の方がインフルエンザに罹患しないようにするための予防のポイントや罹患時の対策などをまとめますと以下のようになります。

  • インフルエンザに罹患しないようにするためには何よりもインフルエンザの予防接種を受けられることが大切です。おおむね、65歳程度を基準に多くの自自体では低廉な価格でインフルエンザの予防接種を受けることができる制度を設けています
  • インフルエンザに罹患してしまった場合には、医師の指示・処方にしっかりと従われることがもっとも重要です。インフルエンザに対しては、ご家庭の風邪薬などは効果がありませんので、必ず医師が処方する特別な薬を利用されるようにしてください。また、入院を勧められた場合には前向きに検討するようにしてください

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment