予防接種後、発症時は入浴ダメ?インフルエンザと入浴について

風呂

 

かつて子供のころ、インフルエンザ予防接種後に入浴は控える様に、と言われた気がします。そういえば集団接種もなくなりましたね。いつの間にかインフルエンザにまつわるあれこれが変わっているようです。

現在は入浴しても大丈夫だそうですが、じゃあ発病している時は?など次々と疑問がわいてきます。熱で汗をかくとさっぱりしたいですよね。

こちらでは、インフルエンザと入浴について、疑問点を解消していきたいと思います。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種後の入浴

予防接種当日の入浴は、接種後1時間を経過すれば差し支えないというのが現在の常識となっているようです。さて、昔はダメだった記憶をお持ちの方、混乱しますよね。ちゃんと理由があるのです。

昔ダメだった理由

インフルエンザの女性

以前はお風呂といえば、家で入る人よりも銭湯に行く人が多くいました。家にお風呂が設置されていないことが珍しくなかったのです。大衆浴場に行くことで、予防接種した部位から細菌が入る可能性があったと考えられていたため、予防接種をした当日は入浴を控える様に言われていました。これが大きな理由になっていたようです。

実際注射した跡から細菌が入るかどうかは微妙ですが、不衛生な環境でその部位をこすったりするのは、衛生上良くないでしょう。現在は各家庭にお風呂は設置されているので、当日に入っても問題がないということです。

入浴時の注意点

接種後1時間を経過すれば予防接種当日に入浴はしても良いのですが、いくつか注意点があります。
1.入浴時に予防接種箇所をこすってはいけない
2.熱や発疹など身体に異常があれば、入浴を控える
3.長時間の入浴は避ける。

接種部位は、手に石鹸を付けて軽く洗う程度は問題ありませんが、タオルを使用するのはやめておきましょう。

インフルエンザ発症時の入浴

熱が出ている時

熱が出るという状態は体内でウィルスと体が闘っている状態です。この時には思った以上に体力を使います。そして、入浴も体力を消耗します。無理して風呂場で倒れたりすると大変なことになります。ですから発熱時は体力面からも、入浴後に身体を冷やして症状を悪化させる懸念からも避けた方が良いでしょう。

しかし発熱時は汗も多いし、新陳代謝も激しく汚れやすいです。汗をかいたらこまめに、お湯で濡らしたタオルで体を拭いたり、お尻だけシャワーで洗うなどして、清潔を保つようにしましょう。

熱が下がったら

熱が下がってから1日ほど様子を見てから入浴したほうが、熱のぶり返しは少ないようです。一般的には発熱がなくなって2日後から他の人への感染も可能性が低くなります。

身体についたウイルスを洗い流すのは、感染予防につながります。ただし、長時間の入浴や湯冷めには注意しましょう。

普通の風邪の場合

風邪の病原菌は一般的に熱に弱いから、むしろ入った方が良いそうです。三重医大では,熱の出る前に風呂に入り,体を温めてかぜを治そうという温熱療法を推薦しています。ウイルスをやっつけるのは体を38度位に温めるのが一番効果的とも。しかし、それは体力がある初期だけで、体力を消耗している時期や疲れが溜まっているようなら、入浴は避けた方がいいでしょう。寝込んでしまうような風邪では厳禁です。

また半身浴も気をつけて下さい。湯殿が寒いと貧血を起こし易いので、肩まで浸かって10分程度が良いです。水分の補給もいつもよりこまめにしましょう。スポーツドリンクは吸収が早いうえ、一緒に消耗する塩分なども採れるのでおススメです。
 
そして風呂は出た後で体温を下げてしまうので、良く体を拭き、部屋を温めておいて下さい。体を拭くのが面倒に感じられる時期は、かえって体温を奪われ、風邪が悪化しやすくなりますから、入浴は避けた方が良いです。

まとめ:インフルエンザと入浴:ダメな時

インフルエンザの予防接種後の入浴、昔はダメとされていました。いつの間にか、予防接種後1時間経過すれば問題ないとなったようです。現在はお風呂が一般家庭に普及していることがその理由ですが注意すべきことがありました。また、発症時の入浴についてはどうでしょうか、最後に振り返ってみましょう。

接種当日入浴時の注意点

  • 入浴時に予防接種箇所をこすってはいけない
  • 熱や発疹など身体に異常があれば、入浴を控える
  • 長時間の入浴は避ける。

インフルエンザ発症時の入浴

  • 発熱時は避ける
  • 熱が下がって2日後から入浴可

インフルエンザにかかった時と、普通の風邪の時は少し話が違います。
風邪の場合の入浴

  • ウイルスをやっつけるのは体を38度位に温めるのが一番効果的
  • 初期には入った方が良い
  • 肩まで浸かって10分程度
  • 水分補給をまめにする
  • 外の部屋を暖めておく

以前の常識が常識でなくなっていて、驚かれた方も多いのでは。こちらの記事を参考に、風邪やインフルエンザで不快な時期をなるべく上手に乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク

iGotitに「いいね!」をください

iGotitはあらゆる「ハウツー」を発信する新しいメディアです。今までのどのメディアよりも、あなたが「なるほど」と思える質の高い情報を発信していきます。
いいね!を押して、iGotitを応援してください!

Twitterでフォローしてください

iGotitの注目記事の更新情報はTwitterにてお届けいたします。是非iGotitのTwitterアカウントをフォローして頂き、あなたの生活を豊かにする情報を手に入れて下さい。

Comment